2006年11月13日 (月)

僕たちの将来

再び「たけしの日本教育白書」ネタ。かなり以前から主張しているのだがガキにケータイを持たせてはいけない。クルマ、飲酒・喫煙、一利はあっても害あるものは免許制ではないか。ケータイは究極の個人端末。自己責任そのもの。個の確立していない未成年に何の制限もなく持たしていいわけがない。もちろん大人だって同様だが。

電話機能だけだったらまだしも、間接的な伝達手段であるメールが諸悪の根源。21世紀のいまなお、活字(文字)への信仰が強い。「あいつがウザイ。シカとしよう」、メッセージは瞬時に抵抗なく多数に伝わる。文字は人を殺す。そのうえ、論理を飛び越える画像の恐ろしさ。こうした欠点をきちんと論議してこなかったのは、明らかに怠慢だ。

そもそも、売らんがための無料配布、そんなことが許されてよかったのか。携帯電話会社の責任は大きい。都知事も北野武も太田光も、そして久米宏までもが指摘しないのは不思議だ。大半の小学生が持つというのに有害サイトへのアクセス制限などを説明せずに契約する事実が少なくないそうだ。厳しく取り締まれるはずだ。何故やらない?

竹中某なる者を担当大臣に市場原理至上主義を導入し、あまりにも多くのことを商売にし、かつ商売優先にしたツケは必ず払うことになる。しかし、まだ間に合う。久米宏は「もう後戻りできない」と断定したが、クルマだって当初は運転免許などなかった。いまからでも、年齢制限を課すなど、できることはある。ぼくたちの未来は、ぼくたちが選ぶのだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)