2006年10月19日 (木)

Can I help you?

25年前、生活の拠点をアメリカから日本に移した。当時、英語はお洒落なアクセサリー。流暢に話すことで就職に有利、なんてことはなかった。逆に、電車乗降の際などに、女性に「お先にどうぞ」と譲ると怪訝な顔をされた。キザなのだ。「元始女性は太陽」の我が祖国に、男尊女卑の本音抑制から生まれた建て前「レディ・ファースト」は馴染まない。

ところが、母国語もままならぬ時期から英語を学ばせることを歓迎する時代になってきたらしい。何がどう「進化する」のだろう。劣等感が払拭されるのなら、まあ、悪いことではない。しかし、咄嗟に「おっとっと」の代わりに「ウップス」と口にする子どもが本当に期待されているのか。「国際人」って、そういうもの?

某N社のCMの、助けを求める外国人を見捨て語学学校へと駆け込む姿は、十分に醜い。自虐的な宣伝手法だとは思うけれど、でも、素直に受け取る輩が多いのではないかと心配する。言うまでもなく、緊急の場合に必要なのは、言葉ではなく、行動だ。そして、強烈な動機だ。

英語なんぞ、ただの道具。自慢じゃないが高校での成績は悪く大学では単位すら落としたこのぼくが、6年も英語圏で生きてりゃ、ウォールストリートージャーナル紙も斜め読みできるようになるし、州知事とのインタビューにもビビらなくなる。で、いまや、すっかり日本人に戻ってしまって、ハリウッド映画は字幕に頼る。そんなものさ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)