2010年10月 6日 (水)

「食」?

「シーズン5」を前に、さて、ずっと同じような調子でブログを続けていくべきか、なんてことをチラッとだけ本気で考え、過去ログを読み返した、ざっくりと。

「食」に関する記述が少ない。そのことに、少し前から気づいてはいた。知友のブログでは、けっこう頻繁に触れられていたり、お薦めの店が詳しく語られてもいたりする。でも、ぼくは、めったに書かない。何故なんだろう。

人は誰しも一日1回ないし2回または3回もしくは4回、アルコール中心も含め、食事の機会を持つ。エピソードには事欠かないように思う。当方とて、一つや二つ、披露したいネタはある。けれど、公にしようとのモチベーションがほとんど沸かない。

食べることに興味がない? うむ。最近でこそ貧しい食生活だが、どちらかといえば関心は高かったんじゃないかな。昭和の40年代に東京・渋谷の、当時はまだ珍しかったはずのピザの専門店「ジロー(GIRAUD)」に通った記憶があるし、ほぼ同じころ、青山にだったか、神戸で有名だった「ドンク(DONQ)」がオープンしたと聞いて出掛け、クロワッサン(だったと思う)の美味しさに舌鼓を打った思い出もある。

味そのものには、まあまあウルサイほうだろう。少なくとも無関心ではない。あぁ、でも、決してグルメと呼ぶようなセンスがあるわけでもない。目隠しテストをされたら100g1万円の和牛と400円のオージービーフとの違いなど、あっさり答えられるとは思えない。ワインのテイストなんぞ、もちろん異世界。舌は、鈍感だ。

微妙な味かげんとか、その良しあしが判るわけではなく、そうしたウンチクとは無縁だと自覚する。せいぜい、カレーライスに生卵は必須だとか、その種のことなら書ける。それって、単なる好みだけのことかもしれない。だから、書かない? つまり、ただのこだわり、だから……。

まあ、しかし、そのこだわりを書き続けているようなブロクだからね。前項も、素材として「ピザ」を取り上げたものの、結局は、いつものグチに。いつかは「なか卯」の接待にもクレームをつけた。

もっと、こう、シンプルに、珍しいものを食ったぞ、とか、あの店の雰囲気が好かった、とか、そんな内容でもいいだろうに。どうも、積極的になれないなあ。それなりに、旨いものをたくさん食べてきたんだけど。このあいだも、品川のある店で、稲庭うどんを……、あぁ、店の名前を覚えていない。そうか~、データがないのだ。というか、メモしておこうという気にならない。

紹介したくない、そんなケチな理由ではないはずだ。が、ブログで書いてやろう、との意欲は出てこない。不思議だ。「食通」ではないことが躊躇わせているのかな。

蛇足。「ドンク」に問い合わせてみた。ぼくが(東京・世田谷に住んでいた当時)愛した「青山店」は昭和41年(1966年)8月に東京進出第1号店としてオープンした店だという。記憶の通り、青山通りに面していた。
ぼくは渋谷駅から歩いたが、最寄り駅は、当時の地下鉄銀座線「神宮前駅」で、現在の「表参道駅」だとか。そうか……、1972年(昭和47年)10月20日、千代田線の「表参道駅」開業により改称したと、これはwiki。なるほど、そういえば、そうだったなあ~。「表参道駅」という名前に、隣の「外苑前」にはない、そこはかとない違和感を覚えるのは、そういうわけだったんだ……と、独り合点。

| | コメント (0)

2006年11月27日 (月)

シュガー

先日、新しい砂糖(1k/g入り)の封を切った。1ヶ月ほど前に買ったものである。そのとき、相方が残り少ない砂糖ポットを見て、今夜の料理には足りなくなるかもと言うので、慌ててスーパーに走った。持ちこたえた。そして、そのまま。思えば、ほとんど砂糖を使わなくなった。がぶ飲みするコーヒーには入れない。食パンに砂糖をまぶしたのは遠い過去である。

本来、甘党である。育った家での、スキヤキの際に消費する量は半端ではない。醤油もよく使う。濃い味好みである。そんなことはわかっていたつもりだ。が、一般に、母親の味が自分の味の基準といわれるから、ぼく自身、そうだと思い込んでいたが、親元を離れ、30年余、舌が、かなり変化していた。先月だったか、たまたま母親の手料理を食べる機会があった。オフクロの味に驚いた。こんなにも甘い味付けだったのか。

もうだいぶ以前から、うまみ調味料というやつをまったく使わなくなった。塩の出番も少なくなったと思う。とくに、明石の岩塩とかなんとか、大袈裟なネーミングのそれは、高価でもあるし。油も同様。もちろん必須アイテムではあるが、アブラものをあまり口にしなくなったのだ。だいたい、肉に対する執着心がかなり低下した。

といって、魚中心、でもないような気がする。何を食べているんだろう……。相変わらず、ケーキとかマンジュウとか、その類には目がない、相方にいくら注意されようとも。ゴメン。だから、カロリー摂取が低いレベルではないことは確かだ。運動量からすれば明らかに過多である。よって、ふくよかな体型はきっちり維持している。そうそう、前述の日記に「食べ過ぎた、太った」という記述があり、具体的な数字も書いてあった。あははははっ。現在値マイナス32k/g。とんでもない人生である。
★シュガー(1987)

| | コメント (4) | トラックバック (0)