« ホワイト成人式 | トップページ | 出あいの如月 »

2013年1月26日 (土)

プラス1

あれから2週間近く、未だ、残雪が散見される、ここ千葉でも、東京でも。その間に、ひとつ歳を重ねた。当夜は、近しい友に祝ってもらった。うれしい。些細な、本当に些細な、幸せ感。

でも、政権が「インフレ・ターゲット」を導入で、この小さな幸福にも影がさす。幾度となく繰り返しているが、すでに物価は上がり始めている。そこに、「どんどん値上げするから、いまのうちに買えよ」と、公権力の脅し。たまったもんじゃない。

たしかに、円安に動けば、輸出企業は助かる。歓迎する声も生で聴いた。半面、言わずもがなだが、輸入にはマイナス。小麦をはじめ食料品関連への悪影響は、設定の「2%」ですむのか、疑わしい。一例だが、当方の好きな銘柄の食パン、いまや実勢で180円前後、かつては150円あたりで買えたのに。この段階で20%の負担増だ。

物価の優等生とか言われる牛乳、ストアブランドで1リットル178円から下がらなくなった。2、3年前には158円の値札も珍しくなく。ここも、1割強の高騰。同様に、卵も、10個入り198円が下限になって久しい。セールで178円だったころに比べれば、2ケタのアップ。

エライ政治家さんや高級官僚さんたちは自らスーパーで買い物なんかしないから、現場のことがわからない。統計データの数字しか見ない。そりゃ、物価指数は上昇していないだろうさ、全体としては。

年齢は、ありがたいことに、1つひとつしか増えない。気分的には、あっという間に4~5年と感じることはあっても、1年365日で1歳という原則を踏み外すことはない。しかし、インフレ率は、そうもいくまい。期待だけで株価も為替も動く。

情緒と理性と、そのバランスは極めて難しい技である。

|

« ホワイト成人式 | トップページ | 出あいの如月 »

コメント

時間をおいて読むというのがいい。今回は「年齢は、ありがたいことに、1つひとつしか増えない。」に共感。
「ほんとだな!」と。
でも、来月、お釈迦様が亡くなった年齢になる。「感慨深い」。と言っても「時代が違う」と言われそう。今なら100歳は超えないと?「大変だな!」と。謝

投稿: seigu | 2013年2月18日 (月) 16時29分

seigu翁、書き込みのほうも間が空いてしまっていますが。
まあ、100を超えろとは申しませんが、犬養道子さんレベルには。って、これ、FBでのやりとりと同じですねぃ(^^;)

投稿: hiperk | 2013年2月18日 (月) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホワイト成人式 | トップページ | 出あいの如月 »