« 我がアメリカ | トップページ | 老後の楽しみ »

2012年11月19日 (月)

赤い緑

妄想です。というか、極論、暴論の類、かな。

今回の総選挙、当方にとって最大のポイントは「原発」です。
細かいことはおいといて、つまり「脱」か「推進」か、そこを考え、投票したいと思います。

でもね。
現政権与党はじめ既成政党は、とにもかくにも「容認」してきたわけで。いまさら「依存しない」とか主張されても、なんだかなあ~。

では、新しい政党? 注目の「第三極」は当初、「脱」の方向だったみたいだけど、「容認派」と合体したいまとなっては、信用できない。

明確に「反対」を標榜するミニ政党もできたようだ。が、現有勢力数人。頑張っても2ケタいくか。となれば、ここに一票を投じても、結果的に「死に票」かも。

いまのところ、任せられる政党が、ない。だったら、いっそ、現行のままで、いいか。難破船から逃げ出すような輩は逃げ出し、けっこうスッキリしてきたようだし。もっともっと離党してもらって、昔の姿に戻れば、それなりに期待もできよう。

でも、たぶん、いや、間違いなく、負ける。野党になってしまう。それでは、困る。

うん、困った。困ったので、晩秋の夜の空想。「公約」を違えない可能性が最も大きいのは、ぼくが支持しない、万年野党。ここなら、「反対」を貫いてくれそう。それに、ここは全選挙区に候補者を立てるという。

全員当選すれば、かなりの勢力になる。比較第一党もユメじゃない? うまくいけば、政権をとれる、かも。そしたら、とりあえず「推進」はあるまい。

とはいえ、まさしく「政権担当能力」には大いに疑問符がつく。当選するつもりの候補者なんて、ほとんどいないだろうし。でも、そんときゃ、経験者をリクルートして、連立でもして、って無理かなあ。

だいたい、党名がよくないし。この際、「みどりの」何とかで、「反原発」勢力を統合して、という手は、ないか。ま、「赤い緑」と揶揄されそうだけど。

|

« 我がアメリカ | トップページ | 老後の楽しみ »

コメント

なるほど。わたしは経済政策で選ぼうかと思っていました。

投稿: ますもと | 2012年11月20日 (火) 08時47分

ますもとさん、なるほど、メインは「TPP」ですか。それって結局、推進するしかないのでは? そのあたり詳しくはありませんが。

投稿: hiperk | 2012年11月20日 (火) 11時00分

日本に緑の党ができなかったのは、というあたりは高松さんの領域か。

TPP、自民党は辛いところ。野田さん、道筋をつけておこうと努力しているみたい。
僕は反TPP。「皆保険」が怪しくなるかと。

年金生活者ながら、今月は医療保険、介護保険がアップすると通知が来ました。総額で結構な金額になります。昨年度の確定申告をしなかったため、収入が多めになったということで。医療費を確定申告で届けないとだめ。それにしても、です。

超高齢社会、そこそこの暮らしができる仕組みにしてほしい。これは高齢者だけでなく、皆の願いでは。それには、?? 近くに某政党の事務所がある。高齢者がよく出入りしている。全選挙区に候補者を立てる党。意思表示として死に票になってもそこに入れるか。

投稿: seigu | 2012年11月20日 (火) 16時58分

翁、よろしければ、「反TPP」の理由を教えていただけますか。「自由化」されると「皆保険」はヤバイのでしょうか。

投稿: hiperk | 2012年11月21日 (水) 10時44分

アメリカ、オーストリアが割り込んできたTPPであること。その背景に生命保険会社と牛肉を主にした食品業界が積極的に仕切っていると思われること。
日本の国民皆保険は、制度的に優れているけれども財政的に厳しい。アメリカの生命保険業界が活発に活動するようになると、自然に日本の既成の医療保険制度が変革されるのでは。
核戦略をシュミレーションしたほうがいいといった慎太郎氏ですら、遺伝子工学応用の農産物が入るのは困るというように。アメリカはすでにニュージーランドに食品の遺伝子組み換え食品の表示撤廃を求めている。
天笠啓祐『この国のミライ図を描こう』現代書館が僕の考えの基。
とりあえず、以上です。受け売りですが、その他の情報で少しの検証をしています。

投稿: seigu | 2012年11月21日 (水) 13時25分

seigu翁、ありがとうございます。
指摘の部分、当方は、つまりは軽視しているのですが、専門家の考えも参考にしてみます。

投稿: hiperk | 2012年11月21日 (水) 13時37分

TPPよりは、金融政策に踏み込む部分に興味があります。デフレ脱却を政府主導でやりたいということを言っている人が出てきたので、それがいい悪いはともかく、諸悪の根源になりつつあるデフレにどう立ち向かうのか。これは政策になじむ話なのか。そのあたりに興味があります。

投稿: ますもと | 2012年11月21日 (水) 15時39分

こちらでも一言。
自民党安倍さん、経済は素人?
僕はど素人ですが。

戦時中の国債が紙切れになったことを覚えている世代がまだいる。で、「建設国債」は日銀に買わせると。それでいいとする人たちが多くいて自民党が政権を握れるなら、この国は終わりでは。それは極論かも知れませんが、近いのでは。

現役の人と僕とではやはり違うのですかね。

投稿: seigu | 2012年11月21日 (水) 18時56分

ますもとさん、「諸悪の根源」といわれるデフレ、これが、どうにもわかりません。
本当にデフレなんですか? 消費者物価だけで論じられないのは承知していますが、少なくとも、街のスーパーでは、じわじわと物価が上がっています。ここに、たとえ「ターゲット・インフレ」だろうと、物価上昇を狙う政策を導入されると、ホント、怖いのです。

投稿: hiperk | 2012年11月26日 (月) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我がアメリカ | トップページ | 老後の楽しみ »