« 赤い緑 | トップページ | 師走の妄想 »

2012年11月27日 (火)

老後の楽しみ

先日、親族が集まった。小生と、妹、娘、その夫。こう書くと、男女2人ずつの、ただのファミリーである。

が、妹とボクとの親は父のみで、こうした集まりに出席するに能わず。母はすでに亡くなり、我が妻も同様。妹はいわゆるバツ一。

父とぼくら兄妹は、いずれも、この姓を名乗っているが、シングル。娘だけが、伴侶を得て、姓を変え、将来の「増員」が図れる。あぁ、妹に再婚の意思はない。

つまり、当家には、「跡取り」がいない。まあ、旧家とか名家とかではないから、途絶しても、さしたる問題は生じないけれど。

ただ、娘は、国際結婚なので、母国での籍という意味では「旧姓」が温存されるらしい。わかりにくいかな~。娘婿は日本に本籍を持たないので、彼らの結婚における「入籍」は、婿が娘の籍に入るという形なのである。が、見た目、というのも変な表現だが、娘の姓は婿のそれに変わっている。正確には、二つの姓の共存というスタイル。

この先、彼らが子を持つと、その子の名は、たとえば「TAROU YAMADA=SMITH」のような表記になるわけだ。実際には、スミスのようなアメリカンではなく、娘婿はドミニカ共和国籍で、母国語はスペイン語である。

なんだか、面白い。10年後あたり、稀ではないにしても、あまり見かけない、変則的な家族になっているだろう。

ちなみに、亡き妻の家にも将来の跡取りはなく。兄と弟がいるが、ともにシングル。あと2、3回、干支が巡ると、この両家の、唯一の子孫が、外国姓を持つ、我が娘になるわけだ。

さらに。亡妻の大叔母は渡米し、米国人と結婚しているので、いとこのレベルには、アメリカ生まれのアメリカ国籍を持つ、ごく普通のアメリカ人が、ごろごろいる。当方はもちろん、彼らとは「義理」の関係だが、我が娘は、血筋としては繋がっている。

その子は、3つの国が絡む、まさに、国際人である。日系人? 米国系? スペイン系? ドミニカ系? どんなふうに呼ばれるのだろうか。

孫という存在には基本、関心が薄いけれど、楽しみではある。

|

« 赤い緑 | トップページ | 師走の妄想 »

コメント

先ほど読んでコメントしようと思いながら、難しい! と諦めた。
当方は純日本系。それで羨ましいくらい。

孫6人の当方は、身近なことを書く際、孫の話は遠慮したくなる。しかし、いちばん気がかりなのが孫たち(世代)のこと。それでついつい、書くことになる。

先が続かないため、これで退却。
ずっと日本で暮らすのですかね。娘さん。ご主人はどう考えているのか。質問ではありませんが。

投稿: seigu | 2012年11月29日 (木) 16時20分

答ではありませんが、決めかねているようです。以前は、物価差を利用、日本で稼ぎ彼の地で(ややリッチに)暮らす、との見通しも、先日は、かなりしばらく日本に留まるような発言。いつどこで子どもを産むか、にもよるのでしょう。どうせなら、米国領土で出産してみるのも楽しいか。

投稿: hiperk | 2012年11月29日 (木) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤い緑 | トップページ | 師走の妄想 »