« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

見えるかな

要するに、「ガラス張りの独裁」か「密室の民主主義」か、ということかな。

アナーキーな当方、もとより「選択制独裁」だと思っている。選挙というのは、3年か4年に一度、独裁者を選ぶシステムという意味で、善悪はともかく、そういうもの。それを、建て前で「独裁批判」しても、仕方がない。

若い、というか、おしりの青いときは、あぁ~いまもそうかも、民主主義を無前提に信じていた。そんなもの、絵に描いたモチだと、長じて知った。悲しいことに、多くは無関心だと、思い知らされた。

よく言われるように、100人いれば実際に動いているのは20人、あとの80人は何もしない(うち10人は必ず足を引っ張る)。その20人で組織を凝縮しても、やはり汗をかくのは4人にすぎず、残りはぶら下がる。

まあ、会社とか組織とか、人の集まりであれば、アクティブは少ないほうが効率的で、全員が口を開くと「百家争鳴」、まとまらなくなる。独裁は、有効である。

その独裁がヤバイとなれば、(取締役とか)権利を有している立場ならば「ノー」を突きつければよい。(単なる同好会のように)構成員に発言権がない場合は、その集まりから抜ければよいだけ。

国家レベルでは、話は簡単ではない。自治体も然り。そうそう簡単に人は移動できない。それゆえか、「選挙権」をもつわけで、それを行使することになる。

今回も(って「大阪」の話ね)、実は4割が権利行使をしていない。ここが、もし仮に動けば、「独裁」なんて声高に叫んでも、コトはあっさり変わる。ま、現実には、ずっと寝ているんだけどね。

「ガラス張り」か「スモークガラス」か「密室」か、その違い。言い換えると、「公平か否か」、それを見せてね、ということ。ぼくの印象では、負けた側の候補者自身には「公平」感が漂っていたけれど、その取り巻きに「密室性」がありすぎたのでは。

いいも悪いも含めて、可視化、そこがキーワードかも。

蛇足ですが。この「熱気」、いつか見たよね。10年前だったかな。あぁ、2年ほど前にも。そこんとこ、一抹の不安。いや、かなりの「何だかなあ~」です。

| | コメント (0)

2011年11月 3日 (木)

「○○ちゃん」

ある知り合いの助言で「フェイスブック」を始めました。うかうかと……なんて言うと、その人に失礼ですが、以前にも触れたように、ツイッターとか新しいメディアには深入りしないと心に決めていたのに、「そんなに頻繁に対応しなくてもいいから」というような意味のことを口にされ、ほんじゃ~まあ~と、ついつい登録してしまったのです。

結局、好奇心旺盛な小生。新しいモノ好きでもあって、何だろうコレ、ってな興味が抑えられないんですね。右も左もわからないまま、試運転に乗り出す。「友達」を検索すると、あらま、リアルに会ったばかりの知友含め、よく知る名前がヒットし、あぁ彼らもやっていたんだ、と、何やら心強く。

フェイスブックは、友達の輪を広げていくことにポイントがあるようで、「友達になる」機能を使って、まずは、すでに知友の彼らに触手を伸ばしていく。すると、その先に、このところ疎遠になっていた元上司に行き着きまして。まあ、ここらあたりまでは、予備知識から、想定内。

その、上司というよりは当方のキャリアにおける大先輩の、「ウォール」と呼ばれる、要するにコメント・ログみたいなものを読むと、ここ10年か20年くらい、顔を合わせていない元同僚の名前が。おおっ。それも、一人、二人、三人と。

すぐさま、みなさんに「友達になりたいよ~」リクエストを出す。OKだと、友達の輪がリンクされる仕組み。いまのところ、そのリクエストを受ける側ではないので、どういう作業があるのか、わかりません。

そのなかの一人から突如、メッセージが届きます。メールではないみたい。このシステムも詳細不明。この時点で、当方が登録してから、まだ48時間も経っていない。その文中にメールアドレスが記されていたので、ダイレクトにメール。こちらもメルアドを伝え、たちまち文通開始。どうやら、20年ぶりのよう……あまりの無沙汰なので、いつ以来か、互いに定かではなく。

そして、同じ釜の飯を食った3人からも、メールが届く。うち1人は、その会社の社長だった人。退社が30年前だから、まさに30年ぶりの「再会」である。画像を添付してくれたので、「近影」も確かめられた。

恐るべし、フェイスブック。

使い方を熟知すれば、より楽しく遊べるだろう。でも、ハマりそうで、ビビる。とりあえずは、懐かしい旧友と20年、30年のギャップを埋めるつもり。

それにしても、かつての知り合いたちから、もはやぼくをそう呼ぶ人はいないのに、あのころと同じく、「○○ちゃん」と呼び掛けられる、その心地よさと、妙な恥ずかしさといったら……。

| | コメント (4)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »