« さらば、右京さん | トップページ | 「○○ちゃん」 »

2011年10月31日 (月)

あのころは4人でいつも遊んだね ふたりがすでに鬼籍入りとは

今シーズン、こまめな更新を心掛けたのだが、たちまち滞っています。
ひとつは、仕事。この1週間あまり、大阪出張があったり、取材が続いたり、と、少しバタつきまして。大阪の話、または行き帰りのことなど、いずれ。
もうひとつは、かの友の葬送で。気落ちしている、というのではないんだけど、なんか……、その気になれない、というか、やはり、影響は受けているのでしょうね。

通夜と葬儀とに出ました。親族含め何人かの知友と久しぶりに顔を合わせました。「弔問外交」ほどではありませんが、あのような場では、思い出話を通し旧交を温めるということも、ひとつの役割りかも。
故人の弟さんとは、ざっと30年ぶり。当然のように、認識できず。お互い、20代だったのが、ともに、頭髪見る影もなく。ギター作り職人の彼とは昔、「ぼくのために作ってくれる」との約束、ま、約束というほどきちんとしたものではなかったけれど、しつこく持ち出した。覚えていてくれた。
執着しすぎかもしれないけれど、なんだか……、ある種の、形見分けみたいな、そんな気分でね。

それにしても、この旧友のことを「故人」と表現しなくてはならないなんて、悲しいね。

共通の友人との10年ぶりの再会とか、喪主挨拶でミセスが語った「ラスト・ラブレター」に涙したことなども書こうと思っていたが、気乗りしない。

なんとも半端なまま、10月を送る。

|

« さらば、右京さん | トップページ | 「○○ちゃん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さらば、右京さん | トップページ | 「○○ちゃん」 »