« たかが数字 | トップページ | 「シーズンⅥ」 »

2011年9月21日 (水)

台風一考

夕刻、ピークの数時間帯に入ったようだ。
雨よりも風が凄い。ベランダを強風が駆け抜けてゆく。南側の小窓を開けると、北向きのユーティリティの窓も開けているためか、部屋の中も吹き抜ける。雨は吹き込んでこないようだ。

東京につながる鉄道は全面的にストップしている。こんな日に都心で取材があったら最悪だが、仕事はシビアだ。台風の影響を受けている諸氏に、心から同情。当方は、もちろん自宅待機。同様の知友もいると聞く。いわゆる「宮仕え」ではない気楽さ。

それにしても……。こうした状況にもかかわらず、田んぼの様子を見に行き命を落とす老人。なんとも。体力に自信があるからか。いや、過信だよね。ぼくなんか、同じ立場でも絶対に、そんなことはしない。

それから、現場中継のテレビカメラのむこうで、はしゃぎまわるガキたち。こんなアホでも、もし災害に巻き込まれたら助けるわけだ。税金の無駄遣い。万一のときの二次災害を考えたら、いやはや……。

てなことを書いていると、相方から電話。窓のサッシがガタガタと鳴り続け、怖い、と。ふむ。女の子だなあ~。って、あまりにノロケが過ぎる表現か。ご容赦。「あと数時間の辛抱」と、冷静に対応。

まあ、しかし、思えば、若いとき、台風ごときで右往左往しなかった。増水した川を覗きに行ったこともあった。ただの好奇心である。うん、楽しんだ面も否定しない。あえて、そんな日に外出し、同類の友らと、「わぁ~、傘が壊れちゃう」とか、「吹き飛ばされちゃうぞぉ~」なんて、バカなことを言い合ったり、とかね。

そんなムチャをしなくなる。それが、齢を重ねる、ということなのか。そして、ムチャだとの自覚を無くす。それが、老いる、ということか。

|

« たかが数字 | トップページ | 「シーズンⅥ」 »

コメント

無茶ができなくなる。老いると。体験的に。もっとも、老いるまでも無茶はしない男でしたが。これは性分ですね。

『老いの歌』という岩波新書(8月刊)を今読んでいます。
「老い」の種々相を改めて教えられる思い。著者は1944年生まれ。講談社で役員までして60歳前に退任した人。愚生を引き立ててくれた人です。歌人だったとは知りませんでした。
60歳前の人が読まれてどのような感想を持たれるか、知りたいものです。いずれは老いるので、参考になるかとも。

そちらの主題からは外れていますがご容赦を。

投稿: seigu | 2011年9月21日 (水) 19時23分

ムチャをしない男とは、にわかには信じにくい話です、翁。。。(含み笑い)

あ~、書き方稚拙、ご容赦⇒「ムチャだとの自覚を無くす」というのは、ムチャをしているのに、それがムチャだとは思わない、自覚できない、で、トシ不相応のムチャをする、それが「老いる」という意味で。

『老いの歌』、読んでみたく。

ただいま午後9時。相変わらずの強風も、雨はもはやなく。でも、これから東北なんですね。。。

投稿: hiperk | 2011年9月21日 (水) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たかが数字 | トップページ | 「シーズンⅥ」 »