« 辛気臭い話 | トップページ | たかが水 »

2011年8月30日 (火)

「どじょう」……

千葉県から初の総理大臣だとか。ふむ。いまさら「我が郷土の生んだ・・・」などと強弁しても始まらないが、まあ、しかし、いささかの感慨。
かつて、この県選出の国会議員というと、なにやらスポットは浴びるものの、誇れず。それらに比べれば、って、比較するのは失礼かな、首相としての器は未知数ながら、千葉のよしみで、少しだけ期待。

あぁ、大急ぎで。ぼくは、前任者の辞任は必要ないとの立場。消極的かつ複雑な思いではあるが、支持していた。「脱原発」を明示したせいで引きずりおろされた、と勝手に信じている。根回し下手を批判されたが、その「独善」を、ぼくは、それなりに評価したい。異論も多いだろうけど。
新代表は「党内融和」を唱える。が、そんなのロクなもんじゃない。早く割れてしまえ、と思う。そして、再編してもらいたいなあ~。でなきゃ、それだけはしたくない「棄権」という選択肢しかなくなる。ここの選挙区の現職には一票投じたくないんだもの。

さておき。今年の初めごろだったか、我が相方に出身高校の会報(らしきもの/記憶曖昧)が届き、そこに「野田佳彦」の名が。「ん?」「うん、ウチの高校なのよ」「きみの先輩?」
そう、政治家は年上と相場が決まっている。が、「ううん、後輩みたい」と。調べると、生年は同じ。彼女のほうが2か月ほど早い。ただ、年度をまたぐので、つまり相方は早生まれ、よって1年先輩にあたるわけ。
残念なことに「思い出は何もない」そうだ。船橋駅前の辻立ちは有名だが、そもそも、その会報誌で初めて同じ高校出身だと知ったらしい。

その際のエピソード、実はこれだけ。震災前で、当時、この名前が数か月後に、まさか新聞トップに躍り出るとは、まったくの「想定外」。県選出の財務大臣だし、まあ、もう少し、何か言葉を交わしたとは思うのだが、覚えていない。

彼女と「カレ」の関係だったりしたら、面白かったのに……。

|

« 辛気臭い話 | トップページ | たかが水 »

コメント

そうだったんですか。相方さん、船高出身と。秀才だったんだ。そうでしょう。そんな雰囲気。船橋高校は、地元では超一流。テレビの高校対決番組でもいいとこ行くんですよね。孫たちは、とてもお呼びではありませんでした。そうでしたか。

野田批判が結構ある。愚生は野田支持でした。むしろ、早い出馬宣言を憂えたくらい。支持の理由は、民主党の若手代表的存在であることと、手堅さ、庶民出身、財務省で国際的に少しは知られた存在であること。現在、日本は経済再建が重要。それには、というところ。気がかりだったのが党内での支持率。それが、本人が決選投票の票読み上げで「ほう」という表情をしたほど支持された。

これで、菅から野田と、庶民系で首相が続いた。これは慶賀に値する。

菅さんは、ずっと支持していました。一度だけだが昼食を7人ほどで一緒したりして、それなりに親近感を持っていた。脇の甘さと、取り巻きに左右されやすい点が問題。原発輸出に動いたあたりから、「あれ」という感じで困ってはいた。

菅さんには、首相辞任と同時に政治家もやめて、首相在任時のあれこれをしっかり書く「自伝」を出してほしいと、なだいなださんの提案に便乗して思っています。

岩波には、岩波新書に『大臣』があるのだから『首相』があるべきと提案しています。

そうでしたか。船高出身ね。よろしくお伝えください。

投稿: seigu | 2011年8月31日 (水) 14時34分

ありがとうございます、翁、はい、秀才です(なんて臆面もなくボクが言っていいのかな。

野田新首相は前原出馬に助けられましたね。ハナから野田vs海江田の一騎打ちだったら、党内融和どころか対立構造が浮き彫りになり、どっちつかずの中間派が野田に雪崩打ったか、疑問です。前原よりは野田、という選択肢を与えたことが勝因だったのでは。誰かがシナリオを書いたのかも。仙石あたりか。だったらスゴイ。

『首相』、いいですね、読みたいなあ。もういちど市民運動家に戻るのも好し。社民党党首なんてのも、オチャラケ好きの当方には魅力ですけど……。

投稿: hiperk | 2011年8月31日 (水) 15時42分

ご無沙汰しています。私は千葉県民ではありませんが、野田新首相には期待しています。内部抗争疲れの民主党ではベストの選択だと思います。
 ただ、ぐいぐい引っ張るリーダーではありません。調整型です。敵がいないところが、かつての小渕首相とイメージがダブります。あっと驚く政策や強力なリーダーシップはありませんが、「真摯」な取り組みを通じて国民からの「信用」を築かれていくのではないかと思います。願わくは、「ブッチフォン」といわれた小渕さんのようなフットワークの軽さが加わればと思います。
 一つ心配なのは、義理人情に絡められて、西郷隆盛が西南戦争に突っ込んだように、負けを承知の勝負に身を捨てないでほしいと思います。誰がやっても難しい現代課題の数々、例えば財政規律派に与して増税に舵を切っても、景気悪化、将来不安増大、その結果民主党惨敗・分裂、しかも財政はさらに悪化。どうせ、いくら増税したってもう借金は返せないと開き直ることも必要かと。(ここはウルトラCが必要!!!)
 ちなみに、私は菅前首相にはアンチの立場です。ずっと「信用できない」と思ってきました。市民運動派ということですが、市川房江事務所で選挙した以外に市民運動を行った実績は聞いたことがありません。カネにまつわる問題もいろいろ聞いたことがあります。・・・腰を折って申し訳ありませんが、アンチ菅です。

投稿: タダ乗りくん | 2011年9月 2日 (金) 01時43分

ただ乗りくん、お久です。後先になりますが、そゆ話、ナマで聞きたいですね。

ちなみに、小生は、seigu翁ほどには支持していませんので、念のため。あの5人のなかでは「ベスト」かもしれませんし、まあ、「少しは」期待したいと思いますが。。。
そもそも代表選自体、あと1年後、つまり「判決」の後、やってもらいたかったなあ。。。
前任者についても「3.11」以降の流れのなかで「菅でよかったかも」と、シニカルな意味合いが強く。「信用できない」がゆえに結果的に信用できたかも、って、かなりの禅問答ですね。。。
いずれまた。酒宴の席ででも。

投稿: hiperk | 2011年9月 3日 (土) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 辛気臭い話 | トップページ | たかが水 »