« 任せられるのは誰か | トップページ | 子どもの日に »

2011年4月30日 (土)

上を向いて

4月もラスト、ようやく春を感じる。
かの天変地異の、まずは心理的な影響か、冬がなかなか去っていかなかったように思う。
そして、物理的にも。そう表現するほどの知識もデータもないのだが、冬物衣料を手放すに躊躇いが続いたような。
それに、何だか、風の強い日がいつもの年より多い気がする。きょうも、ベランダで洗濯物が乱舞している。風の通りのよいマンション2階の相方は、晴れでも布団が干せないと嘆く。その晴天日も、スッキリせず、雲が邪魔しがち。
単なる、気分かも。
すぐに五月晴れだし、あっという間に冷房の季節。ことしは、どうなることか、わかんないけどね。

先週末、ささやかに、日本経済支援で、呑めや歌えの大騒ぎ。新宿歌舞伎町には「自粛」ムード微塵もなく。
でも、このGW、いつもの年に比べると、やや低調らしい。東北の温泉地、やはり人出が鈍いと聞く。我にヒマはあれど、相方(幸いにも)多忙。残念。松嶋、鳴子……行きたい温泉宿、枚挙に暇なし。

テレビっ子の当方だが、のれず。「仁」のようにストーリーは面白いけれど過剰演出に不満のドラマたち、総じればまあまあなんだが、お笑い系を避ける気分。ワイドショーは、当然とはいえ、扇情的すぎるし。ニュース番組でも、あまりの「菅タタキ」に嫌気。(一例:視察の際の「原発避難」住人からの「怒号」とやら、きちんと見れば、素通りは案内役の責任のはずだし、「チョット待て」と言われ、きびすを返した一国の総理、「ごめんなさい」と口にし「反省している」とまで。これ、ぼく、高く評価するんだけど……)

さあて。空を見上げて、上を向いて歩こうか。
あぁ、だけど、落とし穴が……。
楽天主義者のくせになあ~。
ガンバレ、楽天イーグルス。もちろん、ロッテもね。

|

« 任せられるのは誰か | トップページ | 子どもの日に »

コメント

5月になりましたね。
初めのつぶやきをツイッターではなく、このブログにと。
低気圧には弱いのです。あちこちが痛みやすい。もっとも、低気圧が来る気配で不調。来てしまうと、まあまあ。
オトタケさんが朝日の昨日朝刊で「小さいいいこと見つけて元気出そう」といったコメントを出していました。インタビュー記事と。
78歳の老兵、少しの散歩を「いいこと」としておかげさまで、と過ごしおります。

それにしても、どうやら、1号炉、初期の段階で大きなトラブルがあったらしい。地震、津波、停電、でという進み方ではなく、初期の地震で配管のどこかが破損したかで重要事故が起きていたらしい。初期のデータが公開されていないと。もう、公開されたかもしれないが。

こんな話は自分のHPに書きましょう。
さあ、心は「五月晴れ」といきましょう。

投稿: seigu | 2011年5月 1日 (日) 08時11分

seigu翁、はい、5月ですね。残念ながら、初日から妙な空模様。きょうも強風激しく、「洗濯物が飛ぶのでは」と心配する相方メール。ここ千葉では午後に、パラッと雨が舞いました。

「原発」は、、、現況など門外漢には語れませんが、とにかくも「卒業」しよう、と。上野千鶴子さんもブログで指摘されていますが、電力消費の3割減など、その気になれば、でしょう。もっとも、上野さんは「みんなが不便をすこしずつ分かち合えば」と述べておられます。揚げ足取りのつもりはないのですが、ここ、大切なポイントで、「不便」と考える発想そのものを変える必要があると、ぼくには思えます。
つまり、「便利」「不便」という二者択一的な考え方を、そろそろやめるべきではないか、と。たとえば、情報機器に代表される部分については、便利なものは便利でよいと思います。地下鉄内のエアコンも個人的にありがたい。だけど、冷やしすぎの車両や、一家に3台も4台もの冷房設備が、果たして「豊かさ」でしょうか。
このあたり、自分なりに考えていきたいし、いわゆる識者の間で議論してもらいたいなあ。

投稿: hiperk | 2011年5月 1日 (日) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 任せられるのは誰か | トップページ | 子どもの日に »