« 絶対なんて | トップページ | これも天罰か »

2011年4月 8日 (金)

まいった

さらに1週間が過ぎた。明るい見通しは感じられない。噛み付きたくなる事柄は幾らでもある。心安らかに「いい話」を書いてみたいのだが……。

いっそ、のんびりテレビドラマか映画のことでも、と思うけど。つい昨日、例のアホな停電計画に関して、その細分化で「果たして……」の出来事、つまり、1Dグループのはずが3Cに変更されていたことに気づき、怒り心頭、なんだって唐突かつ告知ナシでと、再びみたび、利用者のことなど眼中にない独占企業体質丸出し東電に毒づきたくなり、心穏やかならず。

夏は何とかしてくれよ。これはもう「空き菅」政府をアテにするしかない。エアコンのない夏は首都圏においては「想定外」だ。百歩譲って、ぼくは、無暖房で冬を乗り切ったんだから、ガマンもしてみよう。でも、間違いなく命を落とす高齢者、陸続と。

・・・まいったなあ・・・M7・4、最大深度6強。。。たしかに「5弱以上の余震の可能性ゼロではない」との気象庁の警告のとおり。

|

« 絶対なんて | トップページ | これも天罰か »

コメント

ずっとウソだった
ネットで急拡散している斉藤和義の歌「ずっとウソだった」(Youtubeやgoogleで検索してね)を聞いてゾッとした。
 「教科書もCMも言ってたよ安全です」「俺たちを騙して言い訳は『想定外』。「ずっとウソだったんだぜ やっぱバレてしまったな」
 怖いのはこの不信感はどこまで拡大するのか。
 ・・・・まいった。

投稿: タダ乗りくん | 2011年4月 8日 (金) 20時26分

タダ乗りさん、なるほどね、面白いネタの提供に感謝。
この歌のことそれよりも(だって、ぼくらはすでにRCセクションの「サマータイムブルース」で経験済みだし)、動画サイトにアップされては削除の繰り返し、という状況に興味を惹かれますね。
不信感の拡大は心配ですけど、それはそれとして、この「3.11」を、「電気を好きなだけ自由に使えるのが超一流国の証」(by 某有名野党議員/しつこく再録)という20世紀的思考方法を改める好機にしなくては、と。
エアコンの設定温度を1℃だけ変えれば原発1機が要らなくなるんだそうで。だったら「脱・原発」って意外に簡単なのかもしれない。
いまの豊かな文明水準は原発抜きに維持できない……それもウソかもしれません。

投稿: hiperk | 2011年4月 8日 (金) 23時10分

「参らない人もいる」
すでに御承知かも知れませんが、鎌田實医師がブログで3月12日からずっと語り続けています。今日は157本目。
http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/157-afd5.html
それにしても、体力のなさには「まいって」ます。ちょっとしたことで歩けないようになる。それでも、工夫しながら歩いている。人生ってそんなもの、と少しさとったよう。恥ずかしい。

投稿: seigu | 2011年4月 9日 (土) 17時43分

seigu先生、諦めないで。恥を感じるべき人たち、あの界隈にたくさんいますし。
鎌田医師のように「支える」技術を具体的にもつ人、羨ましく思いますし、参ってもらっては困ります。
ぼく? ちょっとナイーブな、単なる意気地なしですから。。。あぁ、でも、けっこう、いや、かなりかな、しつこいかも。10年以上前から「パラダイム・シフト」を言い続けていますしね。

投稿: hiperk | 2011年4月 9日 (土) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絶対なんて | トップページ | これも天罰か »