« 無計画停電 | トップページ | ガンバるな、ニッポン »

2011年3月17日 (木)

1週間

こんな事態だから、明るいネタにしたい、と思うのだが、アタマに浮かぶのは、被災地の避難所に対して電力供給を停止したことをはじめ数々の愚行を繰り返す東電への罵り、とか、最も必要な被災地で不通になってしまう携帯電話の問題解決を怠ったキャリアへの批判、とか、買占めに走る無自覚な人たちへの愚痴、とか……。いくつかの怒りは無理やりコメント欄で爆発させました。

きょう、久しぶりに食パンを買うことができ、早速トーストにして食べました。あぁ、だから、カミさ~ん、電話しなくても済みましたよ、って、番号知らないけどさ。
美味しかったなあ~。トーストのパン、こんなに旨かったとは……。

米は、まだスーパーに登場していません、が、時間の問題でしょう。それまでは、相方宅で。ガソリンも、もう少し時間が掛かるようです。でも、我慢ガマン。優先順位を守りましょう。

本日納品予定のモノ、ちゃんと配達されました。こちらからのモノもちゃんと届いたようで。スゴイね、日本の物流。クロネコくんに感謝。

小生にとっては「もともと」ではあるが、寒くても暖房に頼りません。洗濯したての着込める衣服が十分にあるのだから、それでいい。暖かな風呂にも入れるんだし。ほんのわずかな節電に協力します。東電のため、では断じてないけど。

「原発」の安全神話など、ハナから信じていません。が、ここまでとは、正直ビックリ。こうなったら、ソーラー・エネルギーしかないのかな。ここは賃貸マンションだから簡単なことではないけれど、個々の家で太陽発電するような方向で考えましょう。

「喉もと過ぎれば」だとは思います。だけど、オンゴーイング、つまり現在進行形のこの瞬間、膨大な消費を伴う野球ナイター試合は、いかがなものか。せめて、デイゲームにできないのでしょうか。自分さえ良けりゃそれでよいのか、ヨミウリ。

いくつかの取材対象イベントが中止になり、自宅待機状態。でも、たまっている録画番組を、のんびりと観る気になれず。と言いつつ、2、3再生しちゃったけどね。

あぁ、朗報ひとつ。釜石在住で安否確認できなかった、知友O氏のご両親、ご無事と。

|

« 無計画停電 | トップページ | ガンバるな、ニッポン »

コメント

せっかく新しいページを作ってくれたので。
連れ合いの故郷は、宮城県の白石市から山形へ抜ける七ヶ宿街道というところの山形に近い滑津です。愚生の父母はその下の関という町。

今度の地震で被害はなかったのですが、停電。それで電話が通じない。昨夕、義弟から電話があり、ようやく電気が通じたと。それまで、本当に難渋したよう。
それでこれまで話せなかった方々に電話をした。
電話での話ながら、それだけで双方、明るい気持ちになれる。
酪農を少し大きく営んでいる家で、停電のためかなりの被害になるという話があった。
それにしても、越えなくてはならないと誰もが覚悟をしているよう。
それが、明るさだと。

投稿: seigu | 2011年3月17日 (木) 16時16分

電力は当分、厳しいでしょうね。NY大停電みたいな、ふいの大規模停電を起こさずにすむかどうか。インフラがゆらぐと、人の心もゆらいじゃうんでしょう。でも、少しずつ、元に戻るのではなく、この状況の中でやっていく気持ちが芽生えているのではないでしょうか。

投稿: ますもと | 2011年3月17日 (木) 17時21分

Gaman
NYタイムズの記者が阪神大震災の経験をもとに「日本の被災者は驚くべきGamanをもって、秩序を守っている。あの大地震の後、水や食糧を求める長い列に黙々と並ぶ。自分のことは傍らに置いて、他人を助ける。商店から商品を盗み出すなどといったことは論外だ」と3/11の第一報に記した。すると・・・「続く米メディアの記事は、日本人の忍耐強さと規律正しい対応に集中した」そうだ(日経ビジネスオンライン)。
 今回も被災者のインタビューを見ると、確かに「私より困っている人がいるので我慢します」という答えが多い。とくに東北の土地柄かも知れないが、聞いているほうが涙がでるほど「けなげ」だ。他人を思いやり、助け合う人々。こんな時期になんだが、こういう人たちと一緒に生きていきたいと思った。
 私も含めて、最近のニッポンは弱肉強食社会への変化を意識しすぎていたかもしれない。逆に、それを意識しだしてからニッポンは弱体化したかも。海外メディアに改めて日本の原点を教えられた気がした。
 もっとも、海外メディアも政府や東電の対応には批判的なようだし、やはり義捐金サギも出てきたけれど。
(すでにご存じのネタでしょうか、チョット明るいかも)
 

投稿: タダ乗りくん | 2011年3月18日 (金) 00時24分

諸氏、コメントへのレスポンス、緩慢ですが、ご容赦。
アホな組織のせいで、いろいろと備えなければならず。いつもは常時接続のPCをなるべくなら落としたり、とか。早めに布団に入ったり、とか。朝も、できるだけ起き出さない、とか(自宅待機中ですので)。
停電も、いまのところ拙宅では実施されず、「くるぞ来るぞ」と嚇かされ続け、これでは「予測不可能な停電」と変わりないぢゃん、と。
もちろん、被災地に比べたら、こんなことは微細、耐えなきゃね。そぉか、、、「ガマン」も、「津波(tunami)」同様、国際語になっていくのでしょうか。。。

投稿: hiperk | 2011年3月18日 (金) 13時36分

パン、買えた?良かった。
食パン買ってデンワ待ってたんだけど、
じゃぁ食べちゃうね。

あ、忙しそうだから読むだけでいいです。

ドゾヨロシク。

投稿: カミ@ダンカミ | 2011年3月18日 (金) 17時56分

パンは買えたけど、牛乳と米が未だ。。。いざとなったらデンワするね、カミさん。

あぁ、別に忙しいというのではなく、PCの前に座っている時間を短くしているんだわさ。

投稿: hiperk | 2011年3月18日 (金) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無計画停電 | トップページ | ガンバるな、ニッポン »