« セカセカ、ご容赦 | トップページ | 静かなるパニック »

2011年3月11日 (金)

畢竟、「運」なのか

いまだ全容のハッキリしない段階で、あれやこれやと書くのは躊躇われるが、相方はじめ、近しい知友らの無事を確認できたので、記憶が新鮮なうちに、少しだけ。

幸か不幸か、仕事が遅れ気味で、本日は在宅作業。まともなら午後から都心に出掛けていたので、「帰宅困難者」になっていたのは間違いない。ま、都心に肉親が居るので、何とかなっただろうけど。

その瞬間、下から突き上げるような衝撃は感じなかったので、「東京直下じゃない、遠いな」とは思った。しかし、揺れは、徐々にきつくなっていく。これまでなら「もう終わり」という時点から、さらに大きく。

さすがに、震えた。家具などの軋む音も聞こえてくる。何かが落ちた音。「ついに来たか」と、最悪の事態がよぎった。とにかく、パソコンだけを守った。液晶モニターに毛布を掛けた。デスク上の棚から携帯電話充電器などが、耐え切れずゆっくりと落下していく様を見つつ、ああいうものなら大勢に影響ない、と。

テレビが緊急放送に切り替わったようだったが、それを確かめる余裕なく。隣のキッチンで大きな音。あとで、トースターが飛んだと知る。建物全体が悲鳴を上げているかのような感覚だ。崩れるか、と覚悟したとき、揺れが収まり始めた。とりあえず、ひと息。

落下音は、棚の上に飾っていた写真立て。そのうちひとつはガラス製で、みごとに割れていた。不安定な置き方をしていた本やら書類やらも、散乱している。しかし、不思議なことに、もっと危なさそうな積み方だった空き箱などは微動だにしていない。バランスの妙に、感心。

さておき。さきほど、牛乳を買いに近所のスーパーへ行くと、この時間ならまだまだ残っているはずの弁当・惣菜類がきれいに売り切れ。パンもない。カップ麺はやや少ない感じだが、たくさんある。ということは、ガスの供給停止を恐れたか。ガスは、たしかに、いったんストップした(緊急停止だと思う)が、ここのライフラインは健在である。

余震のたびに仕事の手が止まるが、誤解を恐れずに言えば、5弱か6強かの揺れを体感したことで、見極めがつくようになった。千葉市内の高台に立地するこのマンション、築年数は古いが、崩壊することはまずあるまい、とも。海岸方面では石油コンビナートが大炎上しているが。

それにしても。そのとき、どこで、何をしているか。横のブロック塀が倒れるかどうか。そんなことは予測できない。たまたま、なのだ。運不運で済ませていいのか、わからないけれど、でも、大自然の前には、ただの「運」でしかないのかもしれない。

|

« セカセカ、ご容赦 | トップページ | 静かなるパニック »

コメント

ご無事で良かった・・

投稿: カミ@ダンカミ | 2011年3月12日 (土) 06時48分

本当にとんだ誕生日でした。記憶に残る。
拙宅は無事。仕事部屋の棚からあれこれが落ちた程度。サッシュの大きな窓ガラスが50センチは動いたか。

連れ合いの親戚が宮城県白石市近辺に多い。電話は通じない。
今朝6時過ぎ、家内が白石市の妹に電話をしたら通じ、昨夜は車の中に寝たと聞いた。
とまれ、現実に沿って生き延びようと。
それにしてもツイッターの威力を思い知らされた。

投稿: seigu | 2011年3月12日 (土) 07時44分

カミさんこそ。連鎖だとかで長野県(+新潟県)も。
当方の「被害」なんぞ、その名に値しません。

翁の親戚……、そうですね、本人の無事だけでは済まないんですよね。
ご存じの知友・O氏、母堂が釜石で、いまだ連絡とれず、と。
「愛の字」さんも出身は青森だし。

投稿: hiperk | 2011年3月12日 (土) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セカセカ、ご容赦 | トップページ | 静かなるパニック »