« やっぱインフレぢゃん | トップページ | スゴイね、省エネ »

2011年3月 2日 (水)

たとえカンニングだとしても

入試問題の流出という事態に対し、特に名は秘すが、どこぞのバカな大学では、電源をオフにしたケータイを机の上に置かせたという。笑っちゃうね。だってさ~、いまどき1人1台だと? 2台以上持つ受験生がいないとでも? 鞄の中に入れさせても同様。もう1台、それがスマートフォンなら尚可、持っていれば、こんな処置はまったく効果なしではないか。

まあしかし、さすがに複数所有者は少ないかな。でも、みなさん、機種変更の1度や2度、していますよね。旧いやつ、どうしています? ウチには3台、あります。ついこないだの変更時、ショップの担当者は、何も訊かず黙って、旧機を戻してくれた。大学当局の求めには、その旧い機種を提出すればいいだけではないか。

「入試の根幹を揺るがす」と叫ぶわりには、トンマな対策。そんなに大問題なら、なぜ「身体検査をするわけには……」と躊躇うのか。どうして、電波遮断に乗り出さないのか。費用が掛かるから? だったら、こんな大騒ぎするんじゃないよ。所詮、単なるカンニング行為。それがハイテク化しただけの話じゃん。「性悪説」に立てないって? じゃ、なんで監視員がいるのさ。

だいたいさあ。カンニング行為が有効である入試って……。あんな英訳・和訳、数学の問題で選抜するって、いいの? 少なくとも京大クラスなら、余人をもって回答しにくいような設問を考えるべきではないか。現実には大変だろうけど。

そもそも。
「入り口」のハードルが高いのに比べ、「出口」は緩い。そう、入試問題の難しさは、いわゆる有名大学になればなるほど、ほとんど「インテリ芸人向け雑学クイズの最終問題」のレベル。ん? あんまり良い例えではないかな。要するに、普通に高校で勉強していただけではパスできない。
が、卒業は、医学部でもなければ、一流とされる大学でも、イージー。そこそこちゃんと授業に出て、そこそこマジメに試験を受ければ、ね。小生、そのどちらも「×」だったけど。

その結果は、いまさら言うに及ばず。ツケは企業に及ぶ。

かなり以前から指摘されているように、入学は簡単に、卒業は困難に、とすれば、入試のカンニング問題など、たちまち解決するさ。

|

« やっぱインフレぢゃん | トップページ | スゴイね、省エネ »

コメント

連日、拝見しています。ありがとうございます。ところで、いまや、「犯人」特定という状況にいたって、私は疑問に思うのですが、「カンニングをした人」をどの程度の罪に問うべきか、という点です。いまの雰囲気だと、社会的制裁があまりにも強すぎるように思うのですが……。そもそも「罪」か。まだ合格していないのに? カンニングという「犯罪」はどこで成立するのか? カンニング行為をしたとき? それで合格したとき? これは「政治とカネ」の問題、「八百長」の問題と、同じような問題として議論していいのか、そこも疑問に思ったりします。
 たとえば、この人、来年の入試は受けられるのか? または今年、ほかの大学にすでに合格していたら、それはどうなる? などなど、考えてしまうんですよ……。

投稿: ますもと | 2011年3月 3日 (木) 09時26分

予備校生、仙台で3月3日正午頃、警察に任意同行され、事情聴取を受けていると。そのニュースを知る前に、その子が一時行方不明になったと知って心配した。ツイッターに「ぼくです」と出てくるようにと書いた。
ツイッターでは、茂木健一郎氏が京都大学が警察を頼ったことを批判していた。ホリエモンもそれに近いツイートをしていた。

かつて、携帯電話が出始めた頃、それを利用(活用?)しての援助交際が問題視され、さらにはオレオレ詐欺が、そして相撲界の八百長。いずれも携帯電話が軸になっている。
デジタル世界の技術向上が社会の仕組みを超えていき、かつて新商品はその利用法をメーカー責任で普及させて売り上げを伸ばしていたのに対し、功罪は利用者、社会任せというのが現代の風潮。それも問題。

入り口を広く、出口を厳しくという説は従来から言われながら、日本では問題視されてこなかった。大学が社会に送る人材に責任を持つという自覚が薄いこと、仮に就職で内定を得ている学生には落第点を与えにくいこと。そんな日本風が幅を利かせているからではないか。
孫が芸大の修士課程に「メディア映像専攻」で合格した。卒業単位の英語を一つ落としそうだったのがどうなっているか。身内になるとまさかのことはないだろうと、高をくくっている。ああ!

短大に勤めていた頃、試験監督の教員に「カンニング発見ではなくカンニングできないように監督を」と熱心に説いていたのだが、教員の中には、カンニングしそうな学生、応募者を泳がせておいて「あげる」人がいて困った。カンニングした人が出た教室は、監督が不十分だったのだと考えれば、今回は大学の側が責任の一部を負わなければならない。愚生はそう考えます。人生にあってカンニングはしばしばのこと、ではないでしょうか。法的な罪よりも倫理的な心のうずき。ところが今回のようにデジタル世界の拡大で容易に作業ができるならばその心のうずきに思いをはせにくい。

投稿: seigu | 2011年3月 3日 (木) 16時44分

ますもとさん、ぼくも同様の疑問。業務を妨害したなんて言えるんだろうか、と。捜査当局が動くための方便では? 本当に起訴できるかな。しても、裁判でどうなることやら。
一方、週刊誌あたりでは実名報道される可能性もあり、はい、社会的制裁が高じるかもと危惧します。この国の個人叩き、アレ以来、タガが外れていますからね。
この予備校生(周辺)だけをバッシングして、入試にまつわる諸問題は先送り。いつもの手です。

投稿: hiperk | 2011年3月 3日 (木) 22時55分

当事者のご意見ですね、翁。
そうですか、「おとり捜査」なんてやっているんですね。。。さすがに知りませんでした。
ケータイの功罪、ここでも何度か触れましたが、つまるところ「IT革命」(もはや死語?)を過小評価しているのではないでしょうか。あの産業革命に匹敵する変革が進行しているというのに、ケータイやらネットやらを「ただの道具」と看做してよいのか、すこぶる心配です。
今回は、どうやら「デジタル世代からアナログ世代への挑戦」との自覚はなかったようですが、この事案に隠れての「確信犯」も想定できますよね。いずれ顕在化するでしょう。

投稿: hiperk | 2011年3月 3日 (木) 22時56分

 なるほど、当初は「デジタル世代からアナログ世代への挑戦」とも取れたわけですね。それでテレビが大騒ぎしたんですね。ネットや紙は、あそこまではいかないでしょう。ネットでは当初から擁護側も出ていて、見方によってはバランスがよかったのではないか、と。
 デジタルがアナログの「お約束」を突くと、逆なでされる人たちがいる、というのがよくわかってきました。

投稿: ますもと | 2011年3月 4日 (金) 15時58分

そうなんですよね、ますもとさん。逆なで、というか、いわゆる「盲点」を突いたわけです。
seiguさんが自サイトで指摘するように本来は、社会がデジタル技術の向上に追い付いていないことを露呈させたのだから、むしろ「教えてもらった」と考えるのがいい、とすべきでしょうね。だけど、逆上してしまった。
先生はまた、「監督不十分で問題が流失したのだ。故に大学は、不明をわびてその当事者に名乗りを挙げてもらい、十分に話し合って善後処置を取ればよかった」としています。その通りだと思います。なのに、冷静さを欠いた報道。
あたかも猟奇的な殺人事件でも起こしたかのような、メディアの「はりきりぶり」に、げんなりです。移送の過程を細かく放送したり、個人を特定できるような、知人・友人へのランダム取材、あのストロボの放列……。
それにしても、こんな事件に偽計業務妨害罪が適用されるなら、本場所中止に至った大相撲の「八百長」問題は、紛うことなき「業務妨害」ではないでしょうかねぃ。。。

投稿: hiperk | 2011年3月 4日 (金) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱインフレぢゃん | トップページ | スゴイね、省エネ »