« 静かなるパニック | トップページ | 1週間 »

2011年3月14日 (月)

無計画停電

いくらでも協力しましょう、なんたって未曾有の大震災だし。パソコン2台も稼動させているしね。もっとも、エアコンもファンヒーターも使っていないけどさ。ま、いいや、非常時だもの。

だけど……。この「輪番停電」って何さ。
そもそも、急すぎるし、内容がよくわからんぞ。テレビでも、きちんと解説しないし。詳しくはホームページって言うけど、もう2時間以上、つながらないじゃんか。

だいたい、5つのグループ分けだというが、あれまぁ~、ウチは、第1、第2、第4の3つに該当するじゃん。

つまり、午前6時20分~午前10時+午後4時50分~午後8時半まで+午前9時20分~午後1時まで+午後6時20分~午後10時まで+午後1時50分~午後5時半まで、これらの時間帯のうちの3時間+3時間ってこと???

これって、要するに、ほぼ一日中が対象じゃん。で、どこで停電するのか、明確ではないわけだ。そんなのって、アリかい???
そして、合わせて6時間も停電するんかい???

こういうのって、「計画停電」と呼ぶべき???

イイカゲンにせんかい、東電!!!!!!!!!!

|

« 静かなるパニック | トップページ | 1週間 »

コメント

私も2グループに所属していて、HPが見れないので詳細がよくわかりません。
 ただ、都心にお勤めの方以外は真夜中に仕事してください・・・ということかと。

投稿: タダ乗りくん | 2011年3月14日 (月) 01時29分

この時間にもパソコンに向かっている身ですから、真夜中仕事、厭わず。
とはいえ、きょう月曜日は都心への用事がありまして。JR東くん(だけぢゃないみたいだけど)、真っ昼間は相当に間引き運転のようで。困っちゃうなあ。。。

蛇足・ウチは第4ではなく第3でした(やっとこさっとこアクセスできて確認)、が、実質なにも変わらず。そのうえ、この分け方、なんと固定ではないようで「随時更新」だとか。つまりは、朝になってみなきゃわからんのね、ってな「その日暮らし」で、しかも4月末まで続くんかいっ!! と怒りは増幅するだけですねぃ。。。

投稿: hiperk | 2011年3月14日 (月) 03時30分

平井は江戸川区、どのグループに属するのか。あるいは計画停電の対象にはないのか。不明。

それにしても、この有様は、つまりは「平和ボケ」のつけかと思います。こういう状況は想定外でしょうから、東電内部でも大いに混乱している。変電所単位でどこにどう送電しているのか、それすら分かっていないのでは。

今日は、東大病院へ行くのに平井駅でタクシーを70分待ちました。少し、バスの停留所のベンチで座るなどしましたが、20分も歩くと辛い体なので、いい体験をしました。「辛抱すること」の体験をしたからです。

この調子では、そちらは修羅場を抜けられないのでは。もう、開き直るしかない。

明日、拙宅を訪ねたいという方がおられたのですが、こんな状況なので、「またのこと」にしようと連絡しました。しばらくは蟄居しています。

投稿: seigu | 2011年3月14日 (月) 19時22分

東京電力問題・・・
地震・津波は自然災害としても、原発・計画停電・買い物パニックなど、その後の混乱の源は東京電力だと皆考えているのではないか。
 私も仕事で、電力会社と付き合ったことがあるが、企業体質に問題があるように思う。原発推進派は味方、慎重派は敵、オール電化派は味方、ガスなど他エネルギーは敵といった二分法で考えていた。また、権力におもね、庶民には高圧的で、非常に官僚的で隠ぺい癖のある組織だった。
 こうしたことが今回問題を拡大したような気がする。原発の冷却装置が電源が無く機能せず、続けて使った軽油の発電機が軽油切れで機能しなくなったというのも、社内で電気以外のエネルギーを提案しにくいことがあったのではないか。
 また、計画停電が発表されて、主婦はあわてて電池を買いに走り、スーパーは冷凍食品をあわてて売りさばき、自治体は計画停電を伝えに広報車を走らせ、皆が緊急事態に必死に対応した。ところが、肩透かし。「停まるはずの電気を流してやった」と東電は考えるだろうが、必死に対応した人々は収まらない。
 鉄道会社も、交通インフラを止めてはならないと優先配電を必死に依頼したはずだ。しかし、担当者は「決まったことだ」と譲らなかったのだろう。その結果、企業の大半が仕事にならず、車道は大渋滞。その損失は計り知れない。いくら我慢強い日本人でも多くは、2~3時間の停電は我慢するから、電車を走らせてくれと願っているのではないか。
 事態が収まれば、当然東電の幹部は交代するだろうが、企業体質を変えなければ効果はないだろう。競合のない独占企業の企業体質を変えるのは容易ではないかも知れないが、今後のジャーナリズムにはこうしたことも期待したい。
 事態を眺めての単なる感想だが、東電や官邸での会話まで想像がつく思いだった。

投稿: タダ乗りくん | 2011年3月14日 (月) 22時59分

協力会社のヒーロー達
東電の会見を聞いていて頭にきた!!
ゴチャゴチャわけのわからないことを言っている東電幹部に比べ、原発事故を防ごうと命がけで作業しているのは『協力会社』社員。
 彼らをヒーローとして扱ってほしい。
 被ばくの可能性大。爆死の可能性大。ノルマンディー上陸の最前線兵士のようだ。映画ならブルース・ウィリスやスタローンが担う役割を担う彼らをただの「協力会社社員」と扱っては浮かばれない。
 補償金や組合などの問題で、大企業や役所では3K仕事は協力企業に回すのが最近の流行だ。これでいいのかニッポン。東電の尻拭いで命がけの彼らの名前を知って応援したい。
 何万、何十万の命は君たちにかかっている。
 スゴク感情的で、何度も申し訳ありません。ヌシ様、不都合なら削除してください。

投稿: タダ乗りくん | 2011年3月15日 (火) 00時58分

平井の翁、ようやく修羅場を脱出しました。
茶化す意図はありませんが、タクシーで都心へとは羨ましい。
当方、昨14日は作業のデッドライン、電車に乗って印刷所に行かなければ。。。だが、ここは「陸の孤島」で移動手段なし。仕方なく、ITを駆使し、って、ま、ご存じの人には裏技ですらありませんが、自宅パソコン前にて「責了」。
本日は事務的な処理で、宅配便に「何とか明日中に届いてね」と託し、「都内なら何とか。でも保証はできません」とクロネコ氏。まあ、場合が場合だけに、クライアントも容赦くださるでしょう。
しかし、千葉市内で食料に事欠く事態になるとは予想だにしませんでした。。。

投稿: hiperk | 2011年3月15日 (火) 22時25分

タダ乗りさん、何の不都合もなく。どころか、もっと書いてください。ぼくは、多少なりとも「キナ臭い話」を知る立場にいましたけど、本当の「裏」を承知していません。
会議室で幹部たちが日和見談義の瞬間、現場では「協力会社」の作業員たちが、まさしく命を懸けているだろうこと、理解しています。

それにしても、鎌田慧さんは、いまどこに? 広瀬隆氏は、なぜ喋らない?

投稿: hiperk | 2011年3月15日 (火) 22時26分

修羅場脱出、何より。
鎌田さん、広瀬さん、それに内橋さん。あるいは若いところで上杉さん。テレビ各局は、学者を主に発言内容の比較的に穏便そうな人を選んでいるようですよね。時折、厳しい意見を言う人は、テレビ内でも浮いているように見える。
むしろ、外国の専門家に電話などでコメントさせたほうがいいのでは。
ジャーナリズムが問われていると思います。朝日新聞はかなり厳しい記事を載せているけれども、主体側の発表があやふやなため、推測記事になっている。戦時下の大本営発表とそれに従いながらの新聞記事作成が思い出される。
月刊総合誌の編集部がどう対応するか。注目したい。
都知事選。都民の選択がどう出るか。

投稿: seigu | 2011年3月16日 (水) 16時12分

月曜日に少しの無理をして病院へ行ったのは正解でした。火曜日には患者が殺到したよう。
タクシーで3000円と少しの距離にいるので、何とかつながっています。
今日は、テレビから少し離れています。どうも、テレビ観覧ばかりしていると運動不足で体調不良になる。

投稿: seigu | 2011年3月16日 (水) 16時18分

広瀬さんが、ダイヤモンドオンラインで発言していました。当然、かなり悲観的。
英国大使館のHPに、「日本の原発についてのお知らせ」があり、これは穏当。

投稿: seigu | 2011年3月16日 (水) 21時30分

蟄居中の翁、そうですね、運動不足はいけません。エラソーなことは言えませんが、当方、ここのところ「買い出し」で、そこそこ歩き回っています。

「外圧」に頼るしかないかもしれませんね、御用学者が多いようですから。ぼくもジャーナリストの端くれとして、アゴアシ付きで接待視察してみたかったなあ~ナンテ。

さておき。広瀬隆氏のレポート、読みました。ふぅむ。お先真っ暗ですね。。。

投稿: hiperk | 2011年3月16日 (水) 22時03分

幸か不幸か、ここまでくると不幸にも、です、停電、ここでは未だ実施されず。かえって混乱しています。当然ですが、かの地に比べたら、こんなグチは慎みたい。でもね、東電のアホ、と罵声を浴びせたい、なかでも、(当初)なにゆえに千葉・旭市の避難所や同・浦安市界隈の被災地などを「計画停電」の対象に設定したのか、怒り心頭の、そんなぼくです。

投稿: hiperk | 2011年3月17日 (木) 15時24分

本当は???
ここに至っても、何が本当のことかわからない。地震と原発は宗教のようだ。何を信じるか、誰を信じるか。
 流言飛語を信じるなという政府に対して、広瀬隆さんが朝日ニュースターで吠えていました。「テレビのえせ学者を信じるな」「放水に意味はない」「チェルノブイリになるのだから、石棺用のセメントを早く手当しろ」「このままだと5日間で日本中が放射能に包まれる」「水と野菜が汚染される」・・・「関東大震災も近い」。
http://www.youtube.com/watch?v=AjOMiQL6bQw

 とはいえ、今更、海外脱出もできないし、私はまな板の鯉を決め込みました。
(広瀬隆さん・・・元気でした)

投稿: タダ乗りくん | 2011年3月19日 (土) 01時08分

直感過たず過つのは判断である。
これでいくしかないかなあ。。。
同じ鯉でも、当方、水面に顔を出しては頻繁に息継ぎする、往生際の悪いヤツです。

投稿: hiperk | 2011年3月19日 (土) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静かなるパニック | トップページ | 1週間 »