« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

絶対なんて

この世に「絶対」などない。絶対とは言わないが。
何だか禅問答のようで恐縮。だけど、原発は絶対安全などと、いったい誰が……と思うとき、「クリーンエネルギー」という服(by ますもとさん)を着せた罪は大きいよね。

あえて、いま「犯人探し」をしようとは思わないが、「共犯者」を無視することはできにくい。「クリーンだ」とか「安価だ」とか宣伝してきた人たちやら、この段階で殊更に危険を煽る人たち、さらには、その正反対の、漏れ出す放射性物質からの安全を求める声。

ある情報バラエティ番組でのこと。汚染されている水や野菜について専門家たちが数値を示しつつ「大丈夫だよ」と解説するのに対し、庶民派・司会者が、しつこく「安全か」と問う。なかには「安全です」と言い切る人もいるのに、この司会者は「絶対に?」と畳み掛ける。「絶対に安心」と太鼓判を押せる学者はそうそういまい。すると、「やっぱり心配ですね~」と、そのコーナーを締め括った。

ぼくは、これこそ「風評被害」だと断じたい。司会者は、いわゆる一般庶民の不安を代弁したつもりだろう。コトがたとえば政治家のスキャンダルならぱ、「法律違反はない。私は潔白です」との主張に「でもね~」と疑問を投げかけるのはアリだろう。

でもね~、今回の件では、「庶民は安心できない」ことを繰り返し口にするのって、どうなんだろう、と、ぼくは苛立つ。愛煙家だった人間が言うのもおかしいが、そんなに絶対的な安心・安全を求めるのであれば、たとえば禁煙法なんぞ即座に施行しなきゃいかんだろ。

人を殺してはいけないとの絶対的規範にも、正当防衛という例外はある。規則やルールにも、もちろん。「絶対に守るべき」ではあるけれど、しかし、法律に縛られ、目の前の命を守れなきゃ、意味ないじゃん。

ぼくは「完璧主義者」だが、一方で、相当にイイカゲンでもある。そうしてバランスをとり生きている……なんて、自分のことを例にしても説得力はないか。でもさ、もう少し、物事には曖昧な部分があっても、いいんじゃないかなあ~。

| | コメント (3)

2011年3月22日 (火)

ガンバるな、ニッポン

朝、やっと米が買えた、と相方から喜びのメール。さらに、ガソリン給油もできたそうだ。まったく並ばず、あっさり満タンに、と。

ふむ、やはり、先週までの事態はパニックと呼ぶべきものだったか。相方の行ったスーパーでは最後の1、2袋という状態だったが、午後に当方が寄った店では、ちょうど入荷のタイミング、荷だしのワゴンにたくさん載せられており、我先に手を出す光景、もはや見られず。

ちなみに、牛乳も問題なく。納豆は相変わらずだが、これは、おいら、食べ物と考えていないから、関係なし。もやし不足は多少の心配あるも、きょう久しぶりに相方と外食で、入ったラーメン屋ではふんだんに。

そう、買い占め・買い溜めなんかせず、とくに買い急ぎしなければ、今回に限って、そして首都圏では、いかなる不安とも無縁なのである、本来は。あとは、原発がアンダーコントロールされることだが、こいつは正直、ビクビクする面、否定できないね。

厄介なのは「計画停電」だ。グループ分けをさらに細分化するとか、なんか、一層の混乱が予想されるね。みんな(あぁ、某金満球団は別にして)、おそらく、それなりに節電しているんじゃないかなあ~。それでは不十分なのか、詳細は明らかにされず。

ただ、ウチの場合、PCは、なるべく使わないよう心掛けているけど、停電情報収集のため、テレビが常時オンになっている。ちょっと複雑。そして、レギュラーCMも少しだけ復活しているが、すでに1週間、あの「エーシー」ばかりを見せられ続けている。ちょっと、いや、かなり食傷気味。何だか、逆効果じゃないか、と思う。

過ぎたるは及ばざるが如し。

つまりね、そんなに頑張らなくても、いいんじゃないかなあ~「福島」以外は。

| | コメント (8)

2011年3月17日 (木)

1週間

こんな事態だから、明るいネタにしたい、と思うのだが、アタマに浮かぶのは、被災地の避難所に対して電力供給を停止したことをはじめ数々の愚行を繰り返す東電への罵り、とか、最も必要な被災地で不通になってしまう携帯電話の問題解決を怠ったキャリアへの批判、とか、買占めに走る無自覚な人たちへの愚痴、とか……。いくつかの怒りは無理やりコメント欄で爆発させました。

きょう、久しぶりに食パンを買うことができ、早速トーストにして食べました。あぁ、だから、カミさ~ん、電話しなくても済みましたよ、って、番号知らないけどさ。
美味しかったなあ~。トーストのパン、こんなに旨かったとは……。

米は、まだスーパーに登場していません、が、時間の問題でしょう。それまでは、相方宅で。ガソリンも、もう少し時間が掛かるようです。でも、我慢ガマン。優先順位を守りましょう。

本日納品予定のモノ、ちゃんと配達されました。こちらからのモノもちゃんと届いたようで。スゴイね、日本の物流。クロネコくんに感謝。

小生にとっては「もともと」ではあるが、寒くても暖房に頼りません。洗濯したての着込める衣服が十分にあるのだから、それでいい。暖かな風呂にも入れるんだし。ほんのわずかな節電に協力します。東電のため、では断じてないけど。

「原発」の安全神話など、ハナから信じていません。が、ここまでとは、正直ビックリ。こうなったら、ソーラー・エネルギーしかないのかな。ここは賃貸マンションだから簡単なことではないけれど、個々の家で太陽発電するような方向で考えましょう。

「喉もと過ぎれば」だとは思います。だけど、オンゴーイング、つまり現在進行形のこの瞬間、膨大な消費を伴う野球ナイター試合は、いかがなものか。せめて、デイゲームにできないのでしょうか。自分さえ良けりゃそれでよいのか、ヨミウリ。

いくつかの取材対象イベントが中止になり、自宅待機状態。でも、たまっている録画番組を、のんびりと観る気になれず。と言いつつ、2、3再生しちゃったけどね。

あぁ、朗報ひとつ。釜石在住で安否確認できなかった、知友O氏のご両親、ご無事と。

| | コメント (6)

2011年3月14日 (月)

無計画停電

いくらでも協力しましょう、なんたって未曾有の大震災だし。パソコン2台も稼動させているしね。もっとも、エアコンもファンヒーターも使っていないけどさ。ま、いいや、非常時だもの。

だけど……。この「輪番停電」って何さ。
そもそも、急すぎるし、内容がよくわからんぞ。テレビでも、きちんと解説しないし。詳しくはホームページって言うけど、もう2時間以上、つながらないじゃんか。

だいたい、5つのグループ分けだというが、あれまぁ~、ウチは、第1、第2、第4の3つに該当するじゃん。

つまり、午前6時20分~午前10時+午後4時50分~午後8時半まで+午前9時20分~午後1時まで+午後6時20分~午後10時まで+午後1時50分~午後5時半まで、これらの時間帯のうちの3時間+3時間ってこと???

これって、要するに、ほぼ一日中が対象じゃん。で、どこで停電するのか、明確ではないわけだ。そんなのって、アリかい???
そして、合わせて6時間も停電するんかい???

こういうのって、「計画停電」と呼ぶべき???

イイカゲンにせんかい、東電!!!!!!!!!!

| | コメント (14)

2011年3月12日 (土)

静かなるパニック

広範囲な「現地」の窮状に比べれば、首都圏は、おおむね平穏である。前述したように、ライフラインは健在で、公共交通機関も徐々に動き出している。たしかに、都心で不幸な犠牲があり、関東地域でも被害は発生している。しかし、かの地の比ではない。

原発の問題は軽視できないけれど、少なくとも、いま、パニックを起こす理由は、どこにもない。ところが、静かに進行しているフシがある。

午後、買い物に出た相方からの報告。スーパーに惣菜やらパンやらの日配品がまったくない、との、半ば悲鳴。物流も無傷ではないから、多少は品揃えに影響しているだろうが、供給不足によるものとは思えない。どうやら、昨夜の小生の体験と照らし合わせると、「買占め」が発生しているようだ。

念のため、当方も、別の食品店に行ってみた。見事に、弁当類、パン類などが消えている。きょうは、即席麺も品薄である。さらに、もう一軒、コンビニに。同様だった。店員によると、「どんどん(パンなどを)買っていく」のだという。「こんなことは初めて」とも。

あらゆる食品が対象ではない。野菜や肉類は、平常の「飽食」そのまま、たっぷりと用意されている。つまり、電気やガスを使わなくても食べられるモノから売れているのだ。ちなみに、カップラーメン用か、卓上コンロ用のガスボンベも、そのスーパーではソールド・アウト。また、刺身類が売り切れになっていないのは、白いご飯が欠かせないからか。

電力は、ちょっと不安ではある。が、万一でも、数日間もストップするとは思えない。ガスは大丈夫だろう。水道も。ここは千葉市内。被災地ではないのだ。米が炊けない事態は想像しにくい。電子レンジが使えなくなるのも。

過剰反応ではないか。いったい、何に備えているのか。何を怯えているのか。

ぼくは、甘すぎる? ノーテンキなのかなあ~……。

| | コメント (6)

2011年3月11日 (金)

畢竟、「運」なのか

いまだ全容のハッキリしない段階で、あれやこれやと書くのは躊躇われるが、相方はじめ、近しい知友らの無事を確認できたので、記憶が新鮮なうちに、少しだけ。

幸か不幸か、仕事が遅れ気味で、本日は在宅作業。まともなら午後から都心に出掛けていたので、「帰宅困難者」になっていたのは間違いない。ま、都心に肉親が居るので、何とかなっただろうけど。

その瞬間、下から突き上げるような衝撃は感じなかったので、「東京直下じゃない、遠いな」とは思った。しかし、揺れは、徐々にきつくなっていく。これまでなら「もう終わり」という時点から、さらに大きく。

さすがに、震えた。家具などの軋む音も聞こえてくる。何かが落ちた音。「ついに来たか」と、最悪の事態がよぎった。とにかく、パソコンだけを守った。液晶モニターに毛布を掛けた。デスク上の棚から携帯電話充電器などが、耐え切れずゆっくりと落下していく様を見つつ、ああいうものなら大勢に影響ない、と。

テレビが緊急放送に切り替わったようだったが、それを確かめる余裕なく。隣のキッチンで大きな音。あとで、トースターが飛んだと知る。建物全体が悲鳴を上げているかのような感覚だ。崩れるか、と覚悟したとき、揺れが収まり始めた。とりあえず、ひと息。

落下音は、棚の上に飾っていた写真立て。そのうちひとつはガラス製で、みごとに割れていた。不安定な置き方をしていた本やら書類やらも、散乱している。しかし、不思議なことに、もっと危なさそうな積み方だった空き箱などは微動だにしていない。バランスの妙に、感心。

さておき。さきほど、牛乳を買いに近所のスーパーへ行くと、この時間ならまだまだ残っているはずの弁当・惣菜類がきれいに売り切れ。パンもない。カップ麺はやや少ない感じだが、たくさんある。ということは、ガスの供給停止を恐れたか。ガスは、たしかに、いったんストップした(緊急停止だと思う)が、ここのライフラインは健在である。

余震のたびに仕事の手が止まるが、誤解を恐れずに言えば、5弱か6強かの揺れを体感したことで、見極めがつくようになった。千葉市内の高台に立地するこのマンション、築年数は古いが、崩壊することはまずあるまい、とも。海岸方面では石油コンビナートが大炎上しているが。

それにしても。そのとき、どこで、何をしているか。横のブロック塀が倒れるかどうか。そんなことは予測できない。たまたま、なのだ。運不運で済ませていいのか、わからないけれど、でも、大自然の前には、ただの「運」でしかないのかもしれない。

| | コメント (3)

2011年3月10日 (木)

セカセカ、ご容赦

昨年に続き今年も、この日を修羅場で迎えています。
どうも最近、上旬に取材が集中する傾向があり、連日の締め切りに、怠惰な性格が加味され、ヒーヒーです。いまも、ブログなんかにかまけている余裕、まったくないんですが、明日11日が最終デッドラインなんでね。デジカメからの画像取り込み作業の、ちょっとした時間的アキを活用しているってわけで。

同様に相方も忙殺状態のうえに「喉が痛~い」などと。とりあえず、両者とも来週にならなければ、ささやかなバースディ・ミーティング(ラブラブカップルのカミさんなら「デートと言うべきよ」かな)叶わず。まあ、彼女も昨秋の「自立」以来、さまざまな家事やら何やらかんやらで、ぼくらの距離、縮まったのはいいけれど、思ったほどには「通い夫」できず。

そんな物理的理由だけでなく、いわゆる情緒的な背景というのか、そこはかとない理由(わけ)もあるんだけど、それは、おいおい(って、どこかの政府のような「先延ばし」? ^◆^;)

てなわけで(自分の中では論理が繋がっている)、映画『相棒Ⅱ』は未観賞。どうやらDVDに期待するしかないかな。残念。シーズン9の最終回は録画したけど、なんだか、映画と連動する部分があるみたいで、いつ見ようか、迷う。ねっ、相方さん。

それにしても「誕生日おめでとう」の3連荘(昨日は妹、本日が相方、明日は我が師seigu翁)は、慌しい……。

| | コメント (5)

2011年3月 6日 (日)

スゴイね、省エネ

啓蟄である。千葉の最高気温は16℃だとか、陽が落ちてもなお暖か、と言いたいところだが、どっこい、体感は「肌寒い」。10℃を下回っていた先週あたりに比べても、さほど春を感じない。一方、夕刻5時を過ぎても外はまだ明るく。そりゃそうだね、春分の日が近づいている。

まあ、毎年、こんなものだろう。一直線に季節は変わらない。いったりきたり。昨年が好い例だが、4月に入っても首都圏には雪の可能性もある。でも、さらに1か月経てば、早くも冷房を求めたり。

てなことを書きながら、相方の同意を得るべくメールしたら、「外は嘘みたいにポカポカよ」と。ふむ。それほどでもないような……。彼女のウチは、冷えるんだよね。東向きで、午後の強い太陽の恩恵をあまり受けないからか。当方は南西向き、西側にマンションがあり、日照時間は短いのだが、けっこう暖か。

灯油代高騰への反発もあるが暖房を基本、しないと決めてから3回目の冬も、何とかこなせそう。でも、相方宅では、それは無理。寒がりってのもあるけどね。真冬は朝からだったり。当然、灯油の値上がりに悲鳴。

だけど、彼女の部屋は2階で、18リットル入りの灯油缶を持って上がるには、辛い。アラ還の小生とて、同様。仕方なく、エアコンのお世話に。あぁ、「仕方なく」というのは、それでも灯油代のほうが電気代よりも安いと思っていたから。

ところが、どっこい。最初の請求書を見て、びっくり。使っていない月に比べ、灯油1缶分ほどしか増えていないのである。エアコンの省エネ、うわさには聞いていたが、これほどとは。ちなみに、彼女ン家のエアコンは引越し時に購入したもの、つまり最新版。15年前ごろに買ったと記憶する当方のところなんか、その2倍に達する。

比較的安価なガソリンスタンドで買い、18リットルはキツイので10リットルずつにし、冬の初めの間、何度も階段を上り下り、そのたびに重たい思いを余儀なくされた、あの日々はナンだったの!? と、相方、思わず、叫ぶ。うんうん。そのつど、筋肉疲労の彼女にマッサージをしてあげた、ぼくの愛情を返せ。

さておき。いやあ~、省エネ技術の進歩、おそるべし。

| | コメント (0)

2011年3月 2日 (水)

たとえカンニングだとしても

入試問題の流出という事態に対し、特に名は秘すが、どこぞのバカな大学では、電源をオフにしたケータイを机の上に置かせたという。笑っちゃうね。だってさ~、いまどき1人1台だと? 2台以上持つ受験生がいないとでも? 鞄の中に入れさせても同様。もう1台、それがスマートフォンなら尚可、持っていれば、こんな処置はまったく効果なしではないか。

まあしかし、さすがに複数所有者は少ないかな。でも、みなさん、機種変更の1度や2度、していますよね。旧いやつ、どうしています? ウチには3台、あります。ついこないだの変更時、ショップの担当者は、何も訊かず黙って、旧機を戻してくれた。大学当局の求めには、その旧い機種を提出すればいいだけではないか。

「入試の根幹を揺るがす」と叫ぶわりには、トンマな対策。そんなに大問題なら、なぜ「身体検査をするわけには……」と躊躇うのか。どうして、電波遮断に乗り出さないのか。費用が掛かるから? だったら、こんな大騒ぎするんじゃないよ。所詮、単なるカンニング行為。それがハイテク化しただけの話じゃん。「性悪説」に立てないって? じゃ、なんで監視員がいるのさ。

だいたいさあ。カンニング行為が有効である入試って……。あんな英訳・和訳、数学の問題で選抜するって、いいの? 少なくとも京大クラスなら、余人をもって回答しにくいような設問を考えるべきではないか。現実には大変だろうけど。

そもそも。
「入り口」のハードルが高いのに比べ、「出口」は緩い。そう、入試問題の難しさは、いわゆる有名大学になればなるほど、ほとんど「インテリ芸人向け雑学クイズの最終問題」のレベル。ん? あんまり良い例えではないかな。要するに、普通に高校で勉強していただけではパスできない。
が、卒業は、医学部でもなければ、一流とされる大学でも、イージー。そこそこちゃんと授業に出て、そこそこマジメに試験を受ければ、ね。小生、そのどちらも「×」だったけど。

その結果は、いまさら言うに及ばず。ツケは企業に及ぶ。

かなり以前から指摘されているように、入学は簡単に、卒業は困難に、とすれば、入試のカンニング問題など、たちまち解決するさ。

| | コメント (6)

2011年3月 1日 (火)

やっぱインフレぢゃん

前項のコメント欄でますもと氏が指摘の、NHKスペシャル「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」シリーズ、なかなかの労作。メディアの問題を取り上げた前回(2月27日放送)は、昭和20年代生まれの当方にはやや物足りなかったけれど、あの戦争をまったく知らない世代のほうが多数を占める今日、観る価値はある。

番組の最後で「メディアがおかしくなれば、国家はすぐおかしくなる」と語られていた。ぼくは、メディアも国家も、すでに、おかしくなっていると思うが、幸い、「戦争」という土壌では何とか持ちこたえている。我が祖国の憲法は自衛隊という軍隊を理論的には認めていないことが貢献しているからだろう。番組が描いた昭和ヒト桁の、「統帥権干犯」なんて言葉が飛び交う状況になれば、もはや是非もない。

メディアの変調については、ここでも折々に触れてきた。自分のことは棚に上げるけれど、とにかく一本調子になっている。物事の本質を見ようとしない。口を開けば「心の闇」やら「謎は深まる一方」やら。もしくは「政治とカネ」やら「デフレ脱却」やら。この種の常套句、枚挙に暇がない。決まり文句で、その先へは思考停止。

小生、元経済記者だからデフレの意味するところ、承知しているつもり。だが、「デフレ撲滅」の大合唱を聞き分けると、①物の値段が下がる→②企業の売上げが減る→③給料が下がる→④消費意欲減退→⑤物が売れない→⑥価格さらに下落……の、バカの一つ覚え。10年前なら、いざ知らず。

①から②への流れに、まずウソがある。これが正しいなら、たとえばユニクロ(直近では大幅減収らしいが、それはさておき)はどうなる? 百均ビジネスは何故成立している? 何の企業努力もしなければ、たしかに②③④⑤と進むのも否定できないが、モノが売れないのには、買いたいモノがないのも事実だろうし、そうしたなかでも付加価値をつけて買ってもらおうと頑張る商売も少なくない。ジャパネットなど通販・ネット通販が好例。この手の事例も、言い出せばキリがない。

もうひとつの大きなウソは、⑤から⑥。以前にも指摘したと思うが、価格競争に疲れた売り手は、少し前から、値上げに転向している。1箱250円前後だった商品、225円に値下がりと喜んだら、内容量が20%も少なくなっていた。これもまた、いまやありふれた話。

政治家や学者先生は、自らスーパーで日用品の買い物などしないから、生活実感としての物価上昇に気づかない。日本がシュリンクしている、その元凶のひとつがデフレだ、デフレを克服しないと日本はさらに沈むぞ、と、マクロしか見ない言い様。

そして、ついに、原材料の価格高騰による値上げラッシュ。ガソリン、コーヒー、サラダ油……。ニュースでいわく、「インフレの春」だとさ。

| | コメント (2)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »