« 惑いの祝い日 | トップページ | やっぱインフレぢゃん »

2011年2月28日 (月)

本当にカンニング?

いわゆる、入試問題のネット流出について、最初に耳にしたときから、これ、カンニングという表現が適切なのか、と訝しく思っている。

昨夜(ゆうべ)も相方と晩飯を食いながら、ぼくは「愉快犯ではないか」と口にしたのだが、そのものズバリではないにしても、合格を本気で狙っての「犯行」とは考えにくい。相方も「時間内に回答が寄せられる保証はないじゃん」と。そう、そして、それが正解だとも。果たして、「回答」が正解からは程遠いという指摘もある。

にもかかわらず、新聞には「不正」を前提に「許せない」という見出しが躍る。そりゃ、社会の木鐸が面白がるわけにはいかないだろうけれどさ。だけど、「入試の根幹が揺らぐ」とは言い過ぎではないか。

この「事件」の全容がよく判っていない段階で、つまり「カンニング」という範疇で論じていいのか、まだ明確ではないのに、「不正入試」との方向で決めつけてよいのだろうか。もちろん、何らかの「不正行為」があったのは、事実だろう、たぶん。

話がズレてしまうが、最近、いや、かなり以前からか、新聞・テレビの第一報(および直後の続報)が、どうにもアヤシイ。

「発表されたもの」を「そのまま流す」という意味では間違っていないのかもしれないけれど、第一印象だけで判断しがちな昨今、注意していないと、その「第一報」で「洗脳」される危険性を、ぼくはマジメに心配する。

あまり良い例ではないかな。今回のニュージーランドの地震の第一報に接したときのこと(22日午前)。テレビはあっさりと報じたし、マグニチュードは6・3と伝えられ、正直、「あぁまたか、でもその程度か」と感じた。当日の夕刊は「死傷者多数」とはしているものの、1面扱いではなかった。犠牲者ゼロとはいかないまでも、大したことではないと高をくくった。少なくとも、その時点では、その後1週間にわたる流れは想像できなかった。

いずれにしても、試験開始後わずか5分で問題が投稿されているが、そんなことが物理的に可能なのか、など、詳しい事実関係が明らかになっていないのに、早くも、携帯電話の持ち込み禁止? 迅速すぎませんか。
いや、誤解のないように。通信環境が著しく進化する現在、試験会場に、電源を切ったうえとはいえ、ケータイを持ち込むことが可能だなんて信じられないし、完全に遮断する防止策を講じるべきだと考える。
だけどね、なんだか、あらかじめ「答え」が用意されているように、思いません? アマノジャッキーの小生、この事件、「やらせ」じゃないかとすら……。

久しぶりの更新なのに、やっぱり、斜に構えた投稿ですね。

|

« 惑いの祝い日 | トップページ | やっぱインフレぢゃん »

コメント

お元気で何より。
この事件は、デジタル世代からの旧世代への挑戦ではないか。そうかどうかより、そう考えたいですね。

愉快犯というより、こういうことができるぞと。
予備校ですでに同様のことが起きていたという。それでも話題にならないため、一気に京都大学そのほかへ願書を出し、これでどうだ、といったことではないか。

それにしても、マスコミの取材能力、編集能力には危機を感じる。
昨晩、テレビを見ていたら、テロップに「諸行無情」と出ていてあっけにとられた。ドラマか、いずれにしろ録画での放映だ。「諸行無常」。パソコンでは正確に変換する。それをあえて直したのか。とすれば、どう考えたらいいのか。こんなことが始終。

とまれ、月末、少しのゆとりを得られたようで喝采。

投稿: seigu | 2011年2月28日 (月) 18時34分

予備校の場合は、テストではなく、テキストを書きこんでいたと。うろ覚えで間違えました。
故に、京大などで「これでもか」というわけではない。
すると、???

日本は、まだまだ「平和」だということですかね。

それにしても「デジタル世代」の動向には注目すべきでしょう。旧社会のしくみ、制度、思想の多くが問われているという意味で。しかし根源は普遍という部分もある。いずれまた。

投稿: seigu | 2011年2月28日 (月) 18時57分

seigu翁、ご無沙汰しています。
実のところ、時間的余裕ができたわけからではなく、この2月に一度も書いていないことへの抵抗みたいなもの、でして。仕事的には、これから修羅場に向かいます。
このところ「アラ還うつ」とでも言いましょうか、どうにも筆が進まず。取り上げたいネタはあっても、小生なりの落としどころが表現できず、ほったらかしの日々。
翁もご存じの知友らと会えば、賑やかに駄弁り呑み、正しく「朝帰り」していたり、決して引きこもっているわけではないのですが。

誤変換というか誤字の件、つまりは、日本語の耐えられない軽さ、でしょうね。そのあたりのことは、また改めて。

投稿: hiperk | 2011年2月28日 (月) 23時40分

「愉快犯」の補足です。
相方との他愛ない雑談での発言ですので何の根拠もありませんが、「予備校でも」と聞き、あながち妄想でもないのかな、と。
いずこの試験会場でケータイを使ってのまさにカンニング行為を目撃した(もしくは、その可能性をたまたま知り得た)人物が、学校側に進言したけど、旧人類の幹部たちはその危険性を認識できず、アタマにきて、自ら実証した、なんて話もしました。
そもそも、この事件、26日に京大入試で発覚したようだが、どのような経緯で明らかになったのか。読売新聞によると、同日午前11時半頃に学内関係者を名乗る匿名の電話があり、投稿に気付いたという。「犯人」自ら「告発」した、なんてことも否定できないのでは?
そうした意味も含めての「愉快犯」です。

投稿: hiperk | 2011年3月 1日 (火) 00時51分

お久しぶりです。英作文の答えは、Google翻訳のひどいものだったらしいですよね。メディアはあんまり取り上げていませんが……。話は違いますが、録画でNHKスペシャル「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」のメディアの問題を見たあとだっただけに、いろいろ考えてしまいました。

投稿: ますもと | 2011年3月 1日 (火) 08時44分

あ!お元気そう。

相方さんと毎日
冷めていないスープを飲むのにお忙しいのかなと思ってました^m^

久しぶりの更新、
しかも「待ってました」のhiperk節。

「愉快犯」
え?みんなそういう認識なんじゃないの?

ここへくると
なんかテンションというか、キャラというか・・
ホームとは少し違う私が引っ張り出される(^^ゞ

どっちが本当かは、自分でもわからないけど
多分、どっちも私^m^
どっちも嫌いじゃない(爆)

で、間違いなく、ここが好きです。

投稿: カミ@ダンカミ | 2011年3月 1日 (火) 13時27分

ますもとさん、そちらにも、興味の惹かれる話題数多く、でもコメントもせず、ご容赦。
翻訳のひどさ、そのようですね。そこをメディアが指摘しないのは「不正入試」の方向で走り出しているため、かなと。ミスリードと言っては大袈裟か、でも、この種の「予断」、何だかイヤ~な感じ。
ご指摘のNスペ、ぼくもいろいろ考えさせられます。追ってまた。

投稿: hiperk | 2011年3月 1日 (火) 14時01分

カミさん、おひさ。「好き」とコクられて、ニヤニヤしていますcoldsweats01
あ~そうなんだ、「愉快犯」説。きょうの朝日新聞にも、そうした「識者の意見」が載っていましたね。
冷めていないスープ(実際には味噌汁だけど)に忙殺の日々、ま、そのあたりは、おいおいと。

投稿: hiperk | 2011年3月 1日 (火) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 惑いの祝い日 | トップページ | やっぱインフレぢゃん »