« 「衣」です | トップページ | シーズン5 »

2010年10月14日 (木)

そして「住」

「衣」「食」とくれば「住」なんだけど、これこそ書くべきことはないなあ。
もちろん、これまで同様、何のこだわりもないわけではないけれど、アラ還にして賃貸生活、少なくとも「マイホーム」願望は強くない。人並みに、戸建ての展示場を見て回った時期もあるにはあるけどね。

30代にマンションを衝動買いしたが、バブルを待たずに売却。正確には、88年ごろだったから不動産の高騰は始まっていただろうし、買値より僅かながらでも高く売れ、登記やらの初期費用を差し引いてプラマイゼロは、まあ、恩恵を少しは受けたと言うべきか。

インテリアについても、あまり考えない。レイアウトは、いまは在宅仕事の都合で、使い勝手など、多少は重視するけれど、満点は贅沢だと諦めている。せいぜい、玄関入ってすぐ横にトイレは嫌だな、とか、そのトイレを含め風呂場やキッチンには窓が欲しい、とか、思うところはあるが、すべてを満足する物件は、そうそうない。

持ち家なら、とはいえ、やはり、いろいろな制約があるだろうし、採光やら風の通りやら、思いどおりにはいくまい。庭はうれしいけど、手入れが大変だ。高層階のほうが眺めは良いけど、いざというときヤバイかも、なんてね。

それに、隣人は、なかなか選べない。街の雰囲気も、いかに考慮しても、時間と共に変わっていこう。30代初めに暮らしたアパートは、引っ越した直後、隣接地にデパートが建った。好ましくない変化ではないけど、環境は不変ではない。歩いて2分という、まさに便利なコンビニが撤退してしまった経験、2度もある。

親の住居を、いずれ、相続することになるが、売るなりして、妹と分け、それを元手に「終の棲家」を考えなくもない。でも、相方との兼ね合いで、どうなるか。そのあたりの話、ちょっとした新しい流れが始まったのだが、テーマが異なるので、次回に。っていうか、ネクスト・シーズンか。

過去4年間を省みるつもりだったんだけど、ちっともまとまらないね。どうやら、こんな調子で「シーズン5」も進むのか。

|

« 「衣」です | トップページ | シーズン5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「衣」です | トップページ | シーズン5 »