« 10年先もキミに恋しているだろう | トップページ | 祝・千葉ロッテマリーンズCS進出!! »

2010年9月29日 (水)

蕎麦は「出前」だよね

ピザの出前を取った。
あぁ、「デリバリー」というほうが適切かな、いまや。一般的には「宅配」だろう。これが蕎麦なら「出前」だけどね。行為の意味は同じだが、語感というか、どこか違和感あるよね、「蕎麦の宅配」とか「うどんのデリバリー」とかでは。
もっとも、「テイクアウト」は、「持ち帰り」と言い換えても、あまり変わらないかな。そういえば、昔(うん、そう呼ぶべきだな、30年前だもの)、テイクアウトは日本語として通じなかった。いつごろから、普通に使われるようになったのだろう。

閑話休題。
宅配ピザ屋に電話すると、まず最初に、こちらの電話番号を訊かれる。それにより顧客管理していると聞く。で、固定電話の番号を告げた。
すると、若い女性の声が「初めてか」と問う。「たぶん2回目」と応えた。3回目かもしれないが、とにかく、実績はある、その証拠に、このピザ屋の電話番号はケータイのメモリに登録されている。
あ、そうか、携帯電話からかけているということは、あちらさんには、そっちの番号が登録されているのだろう。そう気づいて、「ケータイだったかも」と、付け加えた。

その返事は、「はい」。うん? この「はい」は、どう解釈したらいいのか。こちらの言い分を是とした感じではなく、ただの相槌に聞こえる。
そこで、「どう思います?」と確かめてみた。「たぶん、そうだと思います」といったような返事を期待したのである。
だけど、電話の向こうからは、先ほどと同じトーンで「はい」。ふむ。これも、どうやら、相槌にすぎないようだ。

一瞬、自分が勘違いしているのかという疑念がアタマをよぎった。まったく新規のピザ屋に電話しているのかもしれない。大手チェーンのAでもBでも、どちらでも構わない当方、番号は調べたものの結局は選ばなかったBを、実際に注文したAと、早とちりしたか、と。似たような店名だし、どちらにも「ピザ」は入っているし。
いや、そんなことはない、そのAのメニューを見ながら電話しているのだ。明らかに、そのAの名前を確認してボタンを押した。最近は灰色の脳細胞がよく誤作動するとはいえ、それほどモーロクしていない。

果たして、ケータイの番号を教えると、今度は、少し力強い「はい」が返ってきた。注文は問題なく済み、デリバリーも時間内に。味は、ま、この際、関係ない。

察しのよい読者は、当方が何を言いたいか、もはやおわかりだろう。そして、このオヤヂ、相変わらず細かいことに噛み付いている、と? まあ、そうかもしれないんだけどさ……。
マニュアル以外のことは、何も口にできないんだなあ~という、再確認。受付の若い女性には「どう思うか」なんて質問は想定外なんだね。でも、レアケースかもしれないが、電話番号の言い間違いなんて、ケータイと固定との2種類が共存する時代、ありえる話ではないかな。
こちらが質問する前に気を利かせろとまでは求めない。でも、前述の流れにおいて、当方にミスの可能性があることに注文担当が触れるのは、過大な要求だとも思えない。

いや、無理なのかな。この担当者に直接尋ねたら、おそらく「そんなことは教わっていない」という返事になりそうだ。
教えられなくてもやることは世の中にたくさんあるだろうに。

|

« 10年先もキミに恋しているだろう | トップページ | 祝・千葉ロッテマリーンズCS進出!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10年先もキミに恋しているだろう | トップページ | 祝・千葉ロッテマリーンズCS進出!! »