« 戦後65年 | トップページ | ある夜、マリンで »

2010年8月21日 (土)

いまさらジモティー

久しぶりに、いやホント、この前アツくなったのはいつだったか覚えていないほど、高校野球に注目した。

ほぼ地元の成田高校、予想に反して(?)あの強豪・和歌山智弁を1回戦で破り、準決勝まで進んだ。それにつれ、こちらもヒートアップ。この猛暑のなか、暑さを増してどーする?!  というのが、いままでのボク。ま、春の選抜にも、冷ややかだったけど。

もちろん、郷土愛に燃える我が相方の影響もある。
だけど。
当方も、ようやく千葉に骨を埋める覚悟をしたのかなあ……、なんだか、地元・千葉を応援したくなったのである。

高校野球、かつては人並みに興味を持っていた。でも、「頑張る姿」というのが苦手な当方、やがて、結果重視のプロ野球へと関心が移っていく。そして、何度も書いているように、長嶋とともに、ぼくは野球を離れた。

高校野球に、それでも、少しだけ執着したのは、単に、ふるさと・大阪への、いわば望郷の念か。それも、いしつか消えていき……。「涙と感動」が押しつけられるのには、もはや耐えられなかった。

「地元」を再び意識するようになったのは、ここ千葉に引っ越してきてから。縁もゆかりもない地域だったが、相方にひきずられ、まずはロッテマリーンズを贔屓にし、試合も観に行くように。

その延長線上とすれば、まあ、当然かな。
とはいえ、いまなお、アマチュアリズム絶賛には、相当の違和感を持っている。少なくとも優勝候補校は、もはや「さわやかなアマ」と呼ぶことを許容できない。周知の事実だろう。

だけど、まあ、なんだ、そのへんには、ちょいと目をつぶり。10代の若者の、ひたむきさ、とか、そんなことに、目を向けて。
ほんのちょっぴりだけ、いまさら「ジモティー」、してみたいだけ、かな。

|

« 戦後65年 | トップページ | ある夜、マリンで »

コメント

わたくしめもそれとなく高校野球に注目しておりました。それは我が故郷の代表校が久しぶりに純血(?)県民で構成された八戸工大一高であった事も大きく。できれば津軽地方から代表校が出て欲しかったのですが山田高校なる全国レベル混成傭兵部隊高校が幅を利かせすぎていて純血津軽人は勝てないのレス・・・泣。そんな中、出現した南部とはいえ立派に青森県種。三沢商業以来(?)の躍進を期待したのは自然なこと・・・。でも、やられた。2回戦で成田に(笑)。その後自然と成田に掛けることに。いやぁ、成田は良かった。出来ることなら興南―成田を見てみたかった。第二の故郷としている江戸代表の関東一まで破って見せたのだからなおさら。しかし、小生の地元を二つも背負った成田は準決勝で力尽きた。惜しかった。小生の地元贔屓もハイパーさんに負けじと大したものだったと思うが届かなかった。かくして夏の初優勝とともに春夏連覇の偉業を成し遂げ、深紅の優勝旗も沖縄に渡った。戦後65年の折。思えば92回の高校野球歴史上、米国占領下にあった52年前に首里高校が初出場を果たして以来、本土復帰を経て野球強豪県の地盤を固めての偉業達成。なにやら勝手な感慨をかもしてひたる(得心する?)PR屋さんであったとさ・・。

投稿: 愛の字 | 2010年8月24日 (火) 16時01分

愛の字さん、なにやら熱きコメント、深謝。
レスポンス悪くてゴメンね。きょうは午後から取材で。
そのうえ、夕方から、その名も「龍馬」なんていう呑み屋で、
とても気の好い知友と、ちっくと酒盃を酌み交わしていて。
かなりのヨッパです。美味しい酒だったんで。ついつい。
帰途の電車で、いったんは座られた席に、でもすぐ座れて、
それも、かの知友のおかげかな、ゆっくり帰れたのです。
さらに。相方からは「たまのことだから」と愛にあふれる言葉。
ほんに、おいらは、果報者でやんす。

投稿: hiperk | 2010年8月25日 (水) 01時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦後65年 | トップページ | ある夜、マリンで »