« 我が闘争 | トップページ | 夏至の日に »

2010年6月17日 (木)

男ひとり

この「唯我独尊」チョイワル・ワガママ「アラ還」オヤヂは、「この世に唯独り」を信条にしているから、連れ合いに先立たれても大丈夫、などと思われるかもしれないが、世の中の多くの亭主族と同様、「おひとりさまになったときのことを」「考えてはいない」(『男おひとりさま術』中澤まゆみ著、法研)もので、そりゃあ、大いに戸惑った。

この本、惹句に「あなた、わたしがいなくなっても、この本があれば、大丈夫ね」とあるが、時すでに遅し。10年前に読んでおけば役に立っただろう。同様に、『男おひとりさま道』(上野千鶴子著、法研)も、読み物としては面白かったけれど、間に合わなかった感が強い。

2冊とも、拙ブログのレギュラー・コメンテーター、というよりは、我が師seigu翁よりの紹介であれば、いきなり何をイチャモンつけとんねん、と、お叱り必定。ご容赦。

でもね、40代で、やもめ暮らしになるとは、ふつう、考えないよなあ~。だから、これらの本が10年前に刊行されていても、おそらく、いや、間違いなく、書店で手にすることはなかっただろう。

所詮、ないものねだりか……。

ただ、ここの読者たちの多くは、連れ合いをお持ちだから、目を通しておいて損はない。若くても40代のようだし、50代から60代にかけての、当方と同世代の男性諸氏には、必須かも。翁が「実践情報書」と命名するように「これからの長い老いの時期を考え、英気を養い、戦略を練る。そんな人にふさわしい本」(翁のHPから引用)だろう。

それから、ときおりコメントをくれる、ますもとさんのブログでの紹介も一読に値するので、リンクを。
http://blog.livedoor.jp/masu0504/archives/51786242.html

それにしても、本書の内容とも重なるが、女房の実印を探すのには苦労したし、銀行口座のカードの暗証番号はついにわからなかったし、遺品の整理は未だ。いざとなったら、たいていの場合、男は、どうにも意気地がない。

幸い、ご存じのように、ぼくは相方を得た。非同居・非入籍だが、どうにかこうにか、おかげさまで「暗い老後」だけは免れそうだ。もう2週間も顔を見ていないが、最低一日一通のメールを命綱に、生きている。法律や制度も必要だろうが、少なくとも小生には、ひとりの女性の存在が……、なんて書くと、「いつまでもラブラブで」てなコメントがつくんだろうか。いいけどさ。

|

« 我が闘争 | トップページ | 夏至の日に »

コメント

読後感に深謝

なるほど、「女房の実印」ね。
いろいろ思い出させたり、現在を見つめさせたり。恐縮。

今は今。大切に相方と生き延びて下さい。

投稿: seigu | 2010年6月18日 (金) 09時26分

はい、単なる感想で、翁の、引用させていただいた的確な紹介に遠く及ばず。そのうえ、何やらグチめいたことも口走り、ご容赦。
先生との縁がなければ、こうした本との出合いもなかったでしょう。深謝。
翁こそ、心優しき奥様と、とことん生き抜いてください、そして、若輩我らにご鞭撻のほど、よろしくお願いします。

投稿: hiperk | 2010年6月18日 (金) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が闘争 | トップページ | 夏至の日に »