« 夏至の日に | トップページ | 感動をありがとう!!! ??? »

2010年6月30日 (水)

7月を前に

今年も前半が終わり、振り返ってみようかと思ったが、去年もやったことなので、何か芸がないね、ヤメた。
後半への展望? うむ、それも、らしくない気がする。ひとつ、年内に事が動くかもしれないのだけど、すぐれて個人的、というか、オープンにすべきことなのかなあ……、わからん。

春から夏にかけて観た映画のことでも。
『2010』も『アバター』も、あまり感動しなかった。スケールの大きさは確かで、その意味では見応えあるんだけど、結論すれば、それだけ。とくに後者はメチャ大ヒットの理由が、納得できない。ま、大画面でなら、もう少し点数高くなるかも。って、どのみち点数なんかつけていないんだけど。なにより、映画館で観ないとダメな映画って……。

邦画『さまよう刃』は期待もしたが、やはり小説の素晴らしさを超えられなかった。『笑う警官』も同様。もちろん、別物とは理解するが、「絵」には「文字」とは異なる感動を期待するものね。とくに前者は、慟哭の一作なのに、映像が平凡。キャストに不満はないけど、原作とは違う結末でもいいけど、観る者の心を揺さぶるようなモノがなかった。残念。
蛇足ながら、もうじき公開の『ロストクライム・閃光』、これも原作は堪能したが、さて、どのような映像になっているんだろう。

『カイジ』『アマルフィ』は、たまたま同時期に。はい、どちらにも天海祐希が出演していて、ぼく、ファンです。だから、楽しく観た。けど、ドラマとしては、うむ、イマイチ。プロットもなかなかだし、役者は揃っているのに、面白かったと強調できるほどの出来ではなかった。

期待したかもしれない『沈まぬ太陽』、なんだかなあ……。3時間半を長いと感じてしまった。不思議だったのは、本編とは関係ないけど、DVDなのに「休憩」がリアルにあったこと。実際に映画館で観た人から「いきなり休憩ですって場内が明るくなって驚いたよ」と聞いていたけど、DVD鑑賞に、そんな必要はあるんだろうか。

そうそう、期待していなかったせいか、『カール爺さんの空飛ぶ家』は、けっこう楽しんだ。ハリウッドの、アニメ、というのか、実写ではない、こういう子ども向け、うん、意外にバカにしちゃいけないんだよね。実のところ、大人向けだったのかも。

振り返ると、『愛を読む人』に高得点かな。ぼくは事前に予備知識を入れないほうなので「完全無修正版」の表示に訳わからず、観たら、あぁなるほど、ではあったけれど、いまどき、こんなくらい、どうということもないよね。むしろ、もっと露骨に描けばよかったのに。でも、ストーリーには、ちょっとウルウル。ドイツの「ナチ」問題は、根深くて、アジア人として同調しにくい面もあるが、こうした作品では「事実に基づいた」という点が、有意義に、心に迫る。

それから、『母なる証明』。韓国映画には、なんだろう、なにか、こう、こちらの柔らかい部分に、ストレートに突き刺さってくる何かが、あるんだよね。これは、母性の映画。でも、恐ろしいほどの母性。その恐ろしさに、思わず後退りしてしまう。ホラーだね。無前提に高い評価とは言いにくいが、ラスト間近のギョッとさせられたところ、そこんとこ、観て損はない。

日本映画にも、そこそこ満足したの、あったような気もするが、ま、いいや、思い出したら、また書こう。

|

« 夏至の日に | トップページ | 感動をありがとう!!! ??? »

コメント

「年内に事が動く」とは、何か。

拙HPにあげましたが一首。

七月や「中正月」を祝いたし「平常無事(びょうじょうぶじ)」こそ目出度くてある

「無事」に事が動くよう祈念。

投稿: seigu | 2010年7月 1日 (木) 09時41分

あ~、思わせぶりな書き方、すみません。辛気臭い方向の話ではありません。「楽しい」と言い切れるか未確定ですが、、、なんて言うと、さらに深読みを招きそう。ご容赦、翁。

ついでで恐縮ながら、貴HP、いよいよ10年目、お祝いを。

投稿: hiperk | 2010年7月 1日 (木) 13時55分

拙HPが10年目、とは本人が思いつかなかった、です。
開設が2001年7月1日、と。早いもの、ですね。

来年のこの日まで生き延びていてパソコン遊びをしていられたら、インターネット上で祝いをするか。
いずれにしろ、ご機嫌よく!!

投稿: seigu | 2010年7月 1日 (木) 18時07分

お薦めに従い『愛を読む人』を見ました。良かったです。15歳の少年と36歳の女性のSEXというのは衝撃ですが、その女性にユダヤ人虐殺の責任を押し付けようとする人間達の卑しさと対比して、この恋愛が純愛に見えてきました。
 そして、裁判で収容所で看守をしていたその女性たちが虐殺される人を選別したことを咎められたとき「仕事だったので仕方ありませんでした」「仕事選びが間違っていたのでしょうか」というくだりは考えさせるものが多いです。組織全体が誤った方向に向かっているとき、構成員の責任はどうあるべきなのでしょうか。今日から始まるNHKの『鉄の骨』の談合営業にも注目したいと思います。
 また、ナチついでに『縞模様のパジャマの少年http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002STNHNI/youtube-veoh-22/
も評価は両面ありますが鑑賞に値すると思います。
 母性ドラマも『Mother』『八日目の蝉』と重なった2010年前半でしたが、長くなるのでこの辺で・・・。
 見落としていた映画をお教え頂いてありがとうございました。

投稿: タダ乗りくん | 2010年7月 5日 (月) 14時58分

薦めた覚えはないんですが、、、まあ、結果的には薦めたんでしょうね。。。で、タダ乗りさんの琴線に触れたようで、薦めた甲斐がある、って勝手な言い草ですね。
『Mother』『八日目の蝉』ともに我が相方の関心を呼んでいるようですが、ぼくは、日本の母性には、チト、、、それぞれ初回だけは観たんですが、なんか入り込めず。。。
『鉄の骨』にも注目はしたのですが、、、これまた、いまのぼくの心的好奇の対象には、ややズレがあって、パス。なかなかの展開を見せていた前シリーズ『チェイス』の、いよいよの最終回に、あらまぁ~と失望したせいもあるかな。

投稿: hiperk | 2010年7月 6日 (火) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏至の日に | トップページ | 感動をありがとう!!! ??? »