« インフレは始まっている? | トップページ | 夏来ぬと »

2010年5月25日 (火)

ブログのコメント考

要するに、矛盾しているんだなあ~。

自分のブログについては、一言でもいいから何かコメントしてくれると、うれしい。「おもしろい」だけで、十分だと思う。もちろん、それが反対意見でも、まったくかまわない。「俺のとは違うなあ~」(by「臨場」)と書かれても、不愉快になんかならない。

一方。コメントを書く立場になると、まず、「一言だけではチョット……」なんて躊躇ってしまう。「ぼくも同意見」だけでは不親切だよね、と考え、その理由を少しでも、と思うのだが、けっこう面倒だったりする。逆の場合、「反対です」などと公然と書くのは、もっと尻込みする。なにやら失礼ではないか、相手を怒らせるのでは、なんてビビったりする。

書き手をリアルに知っているとき、こう書いても誤解されないだろう、とは一応、わかっている。あなたのその見解に賛成しないだけで、あなた自身とは、ほらっ、ずっと友人関係を保っているよね、と。
それでも、こんな短い文字数では、もしかしたら誤読されるのではないか、という不安は否定できない。で、ついつい長くなるのだが、そうなると今度は、こんな長文で限られたコメント・スペースを占領してしまい、申し訳ない、なんてね。

だけど、己の心情からすれば、「そのとおり」だけで、いいんだ。もしくは、しつこく持論を論じられても、ノープロブレム。「だから、どーした」「でも、どーした」と、チェーンのように続いても、もちろんOK。議論に相応しい場か、それはわかんないけど、単なる非難の応酬とかでなければ、いわゆる「炎上」ではないだろうし。

で、その内容についてだけど、必ずしも「サラサラっと短文で的確な」(by カミさん)ものである必要はないと思う。そりゃ、読みやすいほうがいいけれど。「グタグタ書いた」(同)って、悪くない。誤解を恐れずに言えば、専門家の討論ではないんだから、冗長だったり、論旨不透明でも、仕方ないよね。

さて。会ったことも直接言葉を交わしたこともないような、ライターの実像を知らないケースでは? コメントする立場でも、される立場でも、これは、難しい。
僅かなコメントでも、それはつまりコミュニケーションの成立を働きかけるわけだから、これが本当に成立するかどうか、正直、心配だ。コワイと言ってもいい。

ここにかぎった場合、たとえばカミさんもzunさんも、自らのブログを展開していて、その文章・文体から、多少は「人となり」が推察できる。みゆみゆさんも、いろいろな場でのコメントを読めるので、少しは。

おそらく、みなさんの「ベクトル」を、それほど間違っては受け止めていないと思う。だけど、自分がコメントするときは、これは、ちょっぴり、不安。伝わっているかなあ~と、いつも気になる。とくに、軽口をたたくとき、どこがリミットか、常に探っている。こんな冗談、通じるかな、と。

そんなわけで、なかなかコメントをしない。なのに、コメントは、欲しい。

勝手なんだよなあ~。反省。

ところで、そもそも、ブログとは、双方向メディアなんだろうか……。

|

« インフレは始まっている? | トップページ | 夏来ぬと »

コメント

コメントを書くのって凄く難しいです。

>伝わっているかなあ~と、いつも気になる。
ええ、いつも気にしていますし不安もあります。

自分のブログでコメントに返事を書く時
そして、このコメントも
書いた文章を何度も読み返し、そして『送信』です。
気楽に考えて、気楽に書いてもいいのかもしれないけど
コメントや返事が相手に嫌な思いをさせてしまうこともあると思うと
なかなか気楽にとはいかない。

加えて、口下手&内弁慶。それもコメントに影響しているみたい。と、いつも読み逃げしている事の言い訳コメントでした^^;;

随分前の事だけど、
番頭さんやダンカミさんの掲示板に毎日のようにコメントを書いていた事が嘘みたい! 
ですよね、カミさん^^

投稿: zun | 2010年5月26日 (水) 11時19分

すみません、コメントします。ネットの双方向性は、限定的な気がしています。すごく人気のブログ(ツイッターもそうですけど)には、たくさんのコメント(フォロワーとか)がつきますが、だからって、全員に返事はしていないでしょうから。双方向にもできる、ぐらいの感じがいいような気もします。それでも、なんとなく共有できるように思えたり。RSSとか読み方も人それぞれだったりするので、余計、そんな風になっているのかな、と思ったりもします。RSSで読むと、まとめて読めますが、コメントまでは、という感じになってしまう傾向があるような。私だけかもしれませんけど。

投稿: ますもと | 2010年5月26日 (水) 14時50分

zunさん、呼びました?(笑)
zunさんの仰ること、本当に同意します。
私も、前に書いたけれど、メモ帳を使うでもなく(お気楽そうに)書いてるけれど、実は相手が読んだらどう思うか、誤解されないか、気持ちは届くか・・一応気は遣ってます。
(じゃなぜ、誤字脱字が多いかと突っ込まないでね・・)
やぱり基本は「人と人とのお付き合い」
しかも文字だけのお付き合いだから、難しいと思う・・hiperkさんお仰るとおり。

私は今は楽しんでいるけれど、嫌になったこともあるし(~_~;)
でも、そのくらい相手に気を遣って、ちょうどいいんじゃないかな・・

hiperkさんの最後の行

>そもそも、ブログとは、双方向メディアなんだろうか

私もそこは、どうなんだろうって思ったこともあるけれど、
とりあえず、私の周囲(私も含めて)は掲示板のように双方向な使い方をしている方が殆どなので
「掲示板」への考え方を「ブログ」に置き換えて書いてみましたm(__)m、

ますもとさん、はじめまして。

と・・ここで、こうして声をお掛けしてしまうのも、とても掲示板的なのだと自分で思います。
でも、(私にとって)初めての方の後にコメするのだから、お声を掛けるのが礼儀かな・・と思ってしまうのも、いかにもブログを理解してない気もします。難しい~!

投稿: カミ@ダンカミ | 2010年5月26日 (水) 15時49分

わっ、いきなり3人ものコメント、、、恐縮。
本日は取材3連チャンで先ほど帰宅(うち1件は吉本∞絡みだったりして)。
風呂に入ったり目先の雑務を片付けて、ゆっくりと読みます。
・・・と、わざわざ書くのも、間が空く事への背景説明をしておかないと、余計な気遣いさせまいか、なんて考えたりして。。。これも、文字に頼るコミュニケーションゆえの、まあ、ある種の配慮というやつなんでしようか。。。

投稿: hiperk | 2010年5月26日 (水) 22時12分

(お湯にゆったり浸かりながら)コメントは、できるだけしようと、決めた。
いやね、ぶっちゃけた話、所詮、人は誤解する動物だろう、と。

文字だけでも、リアルに顔をつき合わせても、意思疎通は、なかなかに厄介なもので、多少のすれ違いは不可避、として、もちろん、最低限の気遣いは必要だし、でも、沈黙は、こういうコミュニケーションの場では、いかなる金の価値もないのでは、と。

何のレスポンスもなければ、そりゃ誤解もないけど、ホントに「独り言」だもんね、それじゃあ、せっかくの仕組みも、無駄にしてしまうような。ネットを介しての出会いゆえに、未だ肉声を知らない人たちとも、こうして会話が成立するって、やっぱステキ、そう思う。

なんだか、当たり前のまとめだけど。。。

ますもとさんの言うように「双方向にもできる」ぐらいの感じでいいんでしょうね。

投稿: hiperk | 2010年5月27日 (木) 01時36分

ずれるっていいなあ、と思うことしきり。
ツイッター時代なればこそか。

孫がツイッターにかかりきりのような様子を見ていて、じいさん「マイッター」とじいさんギャグ。

ブログはセミ双方向メディア、では。

mixiをときどきのぞいていて、個人ブログのほうが親しめるなと思っています。mixiは愚生のようにお節介が過ぎることがあるので。

午前中にある政党機関紙の取材を受けました。若い記者がカメラマンと来て、「お父さん世代へのエール」を話しさせられました。25日の電話で知人の名が出ての取材依頼だったため、簡単に引き受けたものの、あとで一面に掲載と聞いて少し腰が引けました。

どんな記事が出るやら。

hiperkさんのように、紙媒体で仕事をしている人がブログで私的な活動をするってどんな按配なのかなとふっと思いました。


投稿: seigu | 2010年5月27日 (木) 17時48分

翁こそ媒体で発言できる立場の一方でHPを保持するって、と、お尋ねしたいところです。

と、自分のことは棚に上げ、、、いえ、弁明ですが、ここんとこ連日取材でして、ゆっくり考えをまとめる余裕なく、と、またまた逃げの一手、ご容赦。

まあ、当方の場合、対象の媒体が専門紙ということで、ブログに書くような内容とはミスマッチ、そこが大きい。
それに、ブログは、やはり「双方向」的な要素が強いので、いわゆるコミュニケーションの場として展開するための、ある種の実験といった趣きでして。。。

オンライン・コミュニケーションについて、都心往復の車中で、あれやこれや。いずれ。

投稿: hiperk | 2010年5月27日 (木) 23時22分

いつも楽しく読ませて頂くだけの「タダ乗り派」のワタシです。
でも、今回のテーマは多少責められているようで、気がとがめられて初の一言。。。。

>ブログはセミ双方向メディア
と仰るますもとさんやseiguさんの意見に賛成します。
だって、メインは書き手の方の文章ですよね。コメントが長々続くのは開設者に失礼な気がしますし、また2chの掲示板のようにコメントで議論が延々行われているものを読むという心構えで読者も参加していないような気がします。

でも、書き手の立場としては反応が心待ちというのはもっともな気がします。
もしかしたら、大変味気ないとお叱りを受けるとは思いますが、ブログの下にアンケートがあって、「全くその通り⇔全くそうは思わない」の5段階評価を選択させて結果表示するブログなんて出てくるかもしれませんね。(すでに存在していたらゴメンなさい)

確かに、SNSでは事情が違うようです。Mixiではありませんが大学OB会のSNSで友人の女性が毎日日記を書いているのですが、これにほほ毎日コメントを書いている方々が複数いらっしゃるのです。こうなると、もうついていけません。そんな意図はないのでしょうが、コメントで「友達度」を測られているようで・・・。さらに訪問履歴まで残るものですから、最近は「見るのも怖い」という感じもあります。これも、どーなの。

あと、タダ乗り側からもう一つ言い訳させて頂くと、
一般論はさておき、こちらのブログはわかりやすい文章で書かれてますが、内容のレベルが高くて、おまけにコメントもレベルが高いもので、腰が引けて遠慮してしまいます。「こんなこと書くとバカかな?」と。

こんな浅薄で失礼なコメントを載せて良いものかと思いますが、レスポンスの1サンプルとして、「えいままよ」で投稿させて頂きます。

投稿: タダ乗りくん | 2010年5月29日 (土) 18時46分

タダ乗りくん、意を決してのコメントに深謝。
リアルにお会いすると拙ブログをお読みの由、以前から実は、コメントしてくんないかなあ~と思っていたもので、いやはや、大変うれしく。(他にもROMの仲間いるんですよねぃ。。。)

「友達度を測られているようで」とのこと、よぉくわかります。ぼく自身、定期的に巡回のブログで、そう感じるときがありますから。もちろん、開設者の意図ではないんでしょうけど、いつもいつも常連さんがフォローしていると、新参者には、ちょいと敷居が高いような、そんな気分になってしまいますね。

でもぉ~、平易な文章は心掛けているけれど、内容的には、、、そんなに高尚かなあ、、、ただのノロケとか、けっこうバカな与太話も多いと思うんだけどなあ~。。。あぁ、そゆときはコメントする気にもなれない? かも。。。

なんにしても、実際の当方が人好き・話好きなことはご存じですから理解されていると思いますが、そんなに構えずに、ときおり反応してみてください。ドラマや映画のネタとか、ね。あ~、『沈まぬ太陽』を観ました、うん、その感想でも書こうかな、こんど。

投稿: hiperk | 2010年5月29日 (土) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インフレは始まっている? | トップページ | 夏来ぬと »