« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月25日 (火)

ブログのコメント考

要するに、矛盾しているんだなあ~。

自分のブログについては、一言でもいいから何かコメントしてくれると、うれしい。「おもしろい」だけで、十分だと思う。もちろん、それが反対意見でも、まったくかまわない。「俺のとは違うなあ~」(by「臨場」)と書かれても、不愉快になんかならない。

一方。コメントを書く立場になると、まず、「一言だけではチョット……」なんて躊躇ってしまう。「ぼくも同意見」だけでは不親切だよね、と考え、その理由を少しでも、と思うのだが、けっこう面倒だったりする。逆の場合、「反対です」などと公然と書くのは、もっと尻込みする。なにやら失礼ではないか、相手を怒らせるのでは、なんてビビったりする。

書き手をリアルに知っているとき、こう書いても誤解されないだろう、とは一応、わかっている。あなたのその見解に賛成しないだけで、あなた自身とは、ほらっ、ずっと友人関係を保っているよね、と。
それでも、こんな短い文字数では、もしかしたら誤読されるのではないか、という不安は否定できない。で、ついつい長くなるのだが、そうなると今度は、こんな長文で限られたコメント・スペースを占領してしまい、申し訳ない、なんてね。

だけど、己の心情からすれば、「そのとおり」だけで、いいんだ。もしくは、しつこく持論を論じられても、ノープロブレム。「だから、どーした」「でも、どーした」と、チェーンのように続いても、もちろんOK。議論に相応しい場か、それはわかんないけど、単なる非難の応酬とかでなければ、いわゆる「炎上」ではないだろうし。

で、その内容についてだけど、必ずしも「サラサラっと短文で的確な」(by カミさん)ものである必要はないと思う。そりゃ、読みやすいほうがいいけれど。「グタグタ書いた」(同)って、悪くない。誤解を恐れずに言えば、専門家の討論ではないんだから、冗長だったり、論旨不透明でも、仕方ないよね。

さて。会ったことも直接言葉を交わしたこともないような、ライターの実像を知らないケースでは? コメントする立場でも、される立場でも、これは、難しい。
僅かなコメントでも、それはつまりコミュニケーションの成立を働きかけるわけだから、これが本当に成立するかどうか、正直、心配だ。コワイと言ってもいい。

ここにかぎった場合、たとえばカミさんもzunさんも、自らのブログを展開していて、その文章・文体から、多少は「人となり」が推察できる。みゆみゆさんも、いろいろな場でのコメントを読めるので、少しは。

おそらく、みなさんの「ベクトル」を、それほど間違っては受け止めていないと思う。だけど、自分がコメントするときは、これは、ちょっぴり、不安。伝わっているかなあ~と、いつも気になる。とくに、軽口をたたくとき、どこがリミットか、常に探っている。こんな冗談、通じるかな、と。

そんなわけで、なかなかコメントをしない。なのに、コメントは、欲しい。

勝手なんだよなあ~。反省。

ところで、そもそも、ブログとは、双方向メディアなんだろうか……。

| | コメント (9)

2010年5月24日 (月)

インフレは始まっている?

どうも、デフレがわからない。いや、これでも、かつては経済記者だったから、その意味は承知しているし、この国の経済がひところデフレスパイラルに陥っていたことも理解する。

でもね……。「主夫感覚」としては、物価はジリジリと上がり始めているように思う。いつのころからか、定かではないけれど、ざっくり、1年前あたりかな、我が家計が徐々に膨らみつつあるのだ。

たとえば、相方に飲みすぎとの警告を受ける牛乳、数年前まではストアブランド(SB)で2本300円の安売りがよくあった。これが、1本158円、そして168円、いまや178円に。「おいしい牛乳」とかのナショナルブランド(NB)では、もうめったに目玉商品にもならない。

物価の優等生・たまごは一見、10個入り198円をキープしているが、見知らぬブランドが増えてきて、ちょい高級っていうのか、黄身のしっかりしたやつの安売りは少なくなった。同様に、食パンも、1斤99円はSBになってしまい、ぼくの好きな「超熟」はレギュラー190円くらい、セールでも169円までしか下がらない。

大好きな鮪は、外的要因も手伝って、100g198円の目玉セールをやらなくなった。日替わり特価でも258円。鰹も以前は同99円なんて珍しくなかったのに、いまや128円がミニマム。ざっと2~3割、あがっている計算になる。

たしかに、ユニクロの守備範囲では下落を続けているだろうし、地デジ対応液晶テレビも、1年ちょっと前に買い換えた当方がアタマにくるほど安くなった。牛丼しかり。デフレ状態の続くカテゴリーは確かにあるし、一部では泥沼的「値下げ戦争」とも言える。

一方で、付加価値を高め、価格競争に巻き込まれないモノも少なくない。もちろん、それは真っ当なことである。

しかし、ここで言いたいのは、質を落としての値下げも最近、多いのではないか、スタンダードな商品は、むしろ上昇に転じているのではないか、ということ。価格は据え置きでも量的に調整して、つまり、実質引き上げているケースも見受けられる。

メディアは、「ちょっと高め」「ちょっと良いもの」が売れているとして、「節約疲れ」を口にする。ぼくは、供給者側の「値下げ疲れ」を指摘したい。

この話、実は数か月前から取り上げたかったのだけど、きちんとしたデータを提示できないまま、時間が経過してしまい、なにやら、世の中の動きが「デフレ脱却」に向かい始めたような感覚もあり、見切り発車で、書く。

| | コメント (2)

2010年5月17日 (月)

単純なことは難しい

このところ、柄にもなく、部屋の片づけをしている。更新怠惰の弁解ではない。たぶん。
なのに、片付けようとすればするほどに散らかってしまうのは、な~ぜ?

不用品を少しずつ処分していこうと心に決め、はや、ン年。この「少しずつ」ってのが苦手だ。もとより「堅実」な性格ではないのは承知。「やるときはやる」を身上に、集中するのが好き。だけど、さすがに、半世紀の人生、溜まったモノが多すぎて、一気呵成にはいかない。

それでも、5月の晴れた日の心地よさに誘われて着手。したのはいいんだけど、果たして、整理は進まない。まずは、狭い部屋だから、コレを動かすにはアレを移動してスペースをつくらねば……で、つまりは、魔法を使えるわけではないから、地道にやるしかないのだけど。性分は、そうそう変えられない。

それに、とにかく、いろいろなモノが顔を出す。みなさんも経験済みだろうが、「おっ、ないないと思っていたら、こんなとこにあったのか」とか、「あ~、こんなものを買ったんだっけ~、若かったな」とか、ついつい過去に帰る。

かなり昔に購入したスーツが出てきて、そういえば、太ってしまって着られなくなったんだったか、と。試しにトライ、おおっ、ピッタリ。この数年でワンサイズ、痩せたからね。だけど、保存状態が悪かった、うん、ムシが食っていて、穴が……。悲しい。

まあ、今回は、電動の包丁研ぎ器を「発見」しただけでも、いいか。

そろりそろりと衣替え。あらためて確かめると、結局、ひとシーズン、まったく袖を通さなかった洋服、意外に多く。体型の問題だけでなく、人間、飽きるんだよね。どれほど気に入ったシャツやネクタイでも、いつのまにか、見向きもしなくなる。ゴメンね、と謝っても仕方ない。

そういうものも、捨てるしかない。それは、わかっている。だけどね……。捨てるのは、「技術」ではなく、「情緒」の範囲なんだよなあ~、ぼくには。

シンプル・イズ・ザ・ベスト。ふむ……、それはそうなんだけど。

| | コメント (2)

2010年5月 5日 (水)

どぉなってるのぉ~

夏日かよぉ~sweat01
わが街の周辺は幸い、なんとか20℃を少し上回る程度だが、25℃を超える地、随所に。ついこのあいだまで「春だというのに寒いぞぉっ」とか「4月なのに季節はずれの雪だぁ~」と叫んでいたのに……。

「ついこのあいだ」と言っても、印象の強さにごまかされ、実は1か月以上も経っていることが多いのだが、今季は、まさに「日」単位でのこと。
わずか12日前の4月23日、ぼくはコートを着て都心に出掛けた。酒を飲んだので、正直、そんなに寒さを感じたわけでもないけれど、最高気温は1ケタだった。
その1週間たらず前には、ここでも書いたように、41年ぶりの遅い降雪となった。

いったい、どうなっているんだろうね。
冬から春にかけ、三寒四温どころか、日替わりメニューのように寒暖が入れ代わり、年寄りたちは悲鳴を上げていた。80代半ばの我が父親も、同様。もっとも、一歩も外へ出ず、ひたすら引き篭もりしていたらしく、それはそれで、自衛手段としては正しく。

異常事態というのは、こういうことだと思うのだが。
そういえば、我が栄光の千葉ロッテマリーンズも、ナンなんだ……。

そりゃ、監督が交代して、多少の期待はあったけれど、せいぜい、なんとかAクラス入りかと。開幕ダッシュにも、一言触れようかと思いつつ、昨季の二の舞はイヤなので、あえて書かなかった。どうせ、そのうち……。

不明を恥じる。って、まあ、そんな大げさな話でもないか。にしても、あれほど苦手にしていた日ハムに対し今シーズン、いまだ負け知らず、とか、競り合っての僅少差での勝ち、とか、およそ、らしくない振る舞い。チーム打撃・防御率は、ともにトップだもんなあ~。

まだ5月初めだけど、あの金満球団に匹敵する勝率6割を超えての首位は、立派と褒めるしかないよね。そのうえ、「金泰均バーガー」の話題がスポーツ紙やワイドショーを賑わす。

もちろん、我が相方は大喜びの日々。ヒイキの唐川クンが立ち直っての3勝目もあり。仕事では相変わらず修羅場続きでヒーヒー言っているけどね(ゆえに、顔を忘れそうなほど会えてない……)。

あ~、しかし、祝日とはいえ入場者数3万人超えだからなあ~、来月には観戦したいと思っているんだが、これでは、試合のチケットを取るのが難しくなるかなぁ~。

| | コメント (4)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »