« 春はまだかな | トップページ | 41年前 »

2010年4月 9日 (金)

つぶやくブログ

ルーティン作業に埋没していました。仕事から現実逃避したくなることも、ま、よくあるんですが、ブログを書くことでは、なかなか気分転換できませんね。結局は、文章に関わるわけで。以前は反対のことを言ってましたけど……。

ツイッターなら、もう少し気軽にできるかも。「やらないんですか」と訊かれるんだけど、でもね……。これ以上、発信メディアを増やすと、なんだか、収拾がつかなくなる気がして。

そこそこテレビ好き、そして、レンタルDVDで映画など。そのうえ、パソコン・ラジオ(これ、便利だ、我が家は電波の受けが悪くて、これまでほとんど聴かなかった、というか聴けず)。さらには、往年の読書量とは比べるべくもないが、本も読む。BS、CSにも心は動く。受信メディアも、かなりのボリュームになっている。

メールのやりとりは、ケータイも含め、いまではそれほど多くないけれど、ネット・サーフィンもあるから、PC絡みでの時間も多い。要するに、ヘタしたら、ずっと机の前に張りついていることに。もちろん、家事も大切。一日は、あっという間に過ぎていく。

思えば。パソコン通信を始めたころ(80年代末)、ネットは未だ24時間接続ではなかった。夜中の2時ごろだったかな、いったん「営業終了」となり、朝の6時か7時に、再開。だから、朝まで生チャット(オンラインでのお喋り)をしなくて済んだ。

24時間接続になっても、たしか、月に一度くらいだったか、メンテがあって、やはり深夜2時(か3時)で強制ログオフ。このころ、こちらからの接続はダイアルアップだったと思う。つまり、近くの基地局に電話を架けて繋げていた。この基地の保守作業が定期的に行われていたのである。

ウィンドウズ機を初めて購入したのは、97年か98年、このときは、もうインターネットと呼んでいて、BB契約したんだったか、常時接続になっていた(たぶん)。メンテの際に一部の機能が使えなくなる点は相変わらずだが、もはや、ネット接続そのものが途切れることはない。

ケータイも同様。ドコモを使用していた10年前とか、iモードもよく切れたが、いまや、都会なら、地下ですら繋がるから、環境的には「つぶやく」に最適な時代になっているわけだ。でもね……。

そういえば、前述の、強制ログオフがあった時代、その、落とされる瞬間を楽しんだものだ。基地局ごとに「オフ」になっていくので、つまり、時差があるわけで、いろいろな地域の仲間とチャットしていると、その瞬間、全員が落とされるわけではない。一人ふたりと落ちていく一方で、何人かは必ず「生き残る」。「閉店」後、1分くらいは接続を保持できることもあった。

とはいえ、僅かな時間だから、「おやすみ」「じゃあね」など、常套句を言い続ける、というか、打ち続ける。最後に、二人だけになって、その相手が女性だと、ちょっとね、なんていうか、わくわく、というのか、一瞬の秘め事のような……。バカみたいな話だけど。そして、「おや・・」だけが表示されて、画面が止まると、完全にログオフである。

そんな、他愛のない喜びを感じることができなくなって、もう10年かな。チャットは、文字通り、ネットワーク上での、リアルなお喋り、そう、バーチャル・リアリティそのものだった。ツイッターの比ではない、ライブ感。

だから、というほどの理屈はないけれど、ツイッターに、あんまり魅力を感じないのかな。まあ、自他共に認めるアマノジャッキーなので、一国の総理までもがつぶやく現状に、ちょっぴりアンチテーゼしたいだけかもね。

|

« 春はまだかな | トップページ | 41年前 »

コメント

ツイッター・・ね。
まだその真骨頂が判ってないんです。

ダンさんが昔「パソコン通信」なるものをしてました。
私はパソコンって何?って時代で
勝手に「あああ・・私はパソコン・ウィドウだわ」って嘆いてました。

その後、私がチャットに夢中になって
真夜中までチャットに興じてたとき
(相手は大体番頭だった)
ダンさんは何を思っていただろう(笑)

つぶやく?・・
いつ、どうつぶやいていいかワカラン。

投稿: カミ | 2010年4月11日 (日) 18時52分

そかぁ~ダンさんも。まあ、同世代ですからね。
で、カミさんも?(で、番頭さんもか~) ふむ、いつごろですか? もしかしたら、オンライン上で出会っていたかも。
もっとも、あのころ(90年代)はプロバイダでの囲い込みだったからなあ。当方は「ニフテイ・サーブ」、メルアドでわかりますよね。

あ~、「個人情報」にコメントしようと思ったんだけど、長文になってしまったんで、「自宅」で書きます(たぶん)。

投稿: hiperk | 2010年4月12日 (月) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春はまだかな | トップページ | 41年前 »