« 音楽との出合い③ | トップページ | 忘れてしまいたいことは多いけれど »

2010年2月28日 (日)

音楽との出合い④止め

人の歴史に「if」を言い始めたらキリがないことは重々承知している。たとえばもし、あの年齢規定がなければ4年前に金メダルに輝いていたかも、と考えるのは自然だろう。そんな仮想は詮無いことなんだけど。それでも、自らの人生だからね、ついつい妄想してしまう。

ぼくは、ピアノを習い始めた10歳のころ、ジャーナリストになりたいとか小説を書きたいとか、そんな野望を全然持ち合わせていなかった。もしも、中学受験なんてことをせず、あのまま続けていて、勘違いでもいいから、音楽で身を立てよう、なんてことを思いついていたら……。なにしろ、先生はその世界の第一人者だったしね。

中学・高校生のときに作った曲が、もしも、誰か専門家の耳に達していて、ほんのちょっとでも「原石」かもしれないと唆され、そっちの道に進んでみたら面白そうかもと錯覚していたら……。実際、高校の同級生の佐藤クンはケメとしてデビューしたしね。

帰国後に結婚したのち一度、ロサンゼルスに遊びに来たこともあるAさんとは、ぐるみでのつきあいが続いていたが、最近は疎遠に。彼女は、記念すべきぼくの曲を覚えているだろうか。もしも、配偶者が音楽業界の人だったら……。

いわゆるインディーズで(CDは未だなかったから)ミュージックテープを出したCくんは、残念ながらメジャーデビューとはならず、いまは無縁の仕事に就いているらしい。かれの手書きの詞は、ぼくの「ノート」のバインダーに綴じられている。もしも、かれが芽を出していたら……。

先日の5時間トークのなかでは確認しそこなったが、Dくんは、おそらく自分を送る歌の存在を忘れているのではないか。その曲が、作曲者としてのぼくの事実上のラストソングであることは、もちろん知る由もない。もしも……、うむ、ここは無理だな。

でも、Bくん、かれは、音楽の世界にコネクションがある。若いときのノリではあっても「これ、意外に売れるかもしれへんでぇ~」と言ってくれていた。もしも、その言葉を真に受け、ジャーナリストよりもミュージシャンだ、と「大英断」していたら……。まだ、20代だったんだもの、方向転換はアリだったかも。

なにはともあれ、しかし、この現実である。女性との出会いなら、いささかでも「運命だ」と思える感性に自信はあるのだが、音楽との出合いには結局、淡白だったのかな。

ところが。ここでも書いてきたように、ここ1、2年、なんだか妙に音楽づいている。そもそも、妹は明らかに音楽関係者だし、親しい知人がCDのプロデュースに進んでいるし。

そして、Bくんは一昨年、生活拠点をニューヨークから東京に移した。何度か会ったりメールしたりしているのだが、大変うれしいことに、「あの曲、なんとかしようよ」と。かれは、採譜ができる。つまり、コード進行と詞のみの原型に過ぎないものを、作品にすることが可能なのである。

わが師、seigu翁にも、老齢期を前に埋蔵資源を掘り起こしてみたら、と貴重なアドバイスをいただいた。

ふうむ。出会いはあり、「友達」にもなったが、たぶん「友達以上」なんだろう、でも、「恋人未満」ということなのか。「アラ還」にして、惑う。

半端なままだが、ひとまず終わる。

|

« 音楽との出合い③ | トップページ | 忘れてしまいたいことは多いけれど »

コメント

その「埋蔵資源」は、現在の初老期?の思いを歌にするのに役立ち、そうしてこそ生きるのではないかと思います。

鶴見和子さんの例がそうですし、そのほかにもたくさんあるでしょう。「いま」がやはり大切。

岡林信康が山下洋輔のピアノで美空ひばりの歌を歌いましたね。そうして、美空が遺していったという歌詞に曲を新しくつけました。それがよかった。今の年齢、これまでの蓄積がこもった曲になっているからでしょう。

愚生がプロデューサーならば、現在の、還暦前の、そして奥様を亡くされてまた「相方」に恵まれた人生体験、そうしてこれからの「老い」を思って作った曲を世に送りたい。それが人を魅せられたならば、その男が若い頃に作った曲はこれだと提出して甦らせる。作曲家になろうとするのではなく、今の自分を表現することに作曲を使う。それがいいのでは。

岡林と美空は、互いに譜を読めないことで肝胆相照らす仲になったそうな。岡林も山下もそう知っているわけではないのですが、最近は絶叫調、絶唱する歌手が好まれているような中、しっとりとしていていいなと思っている次第。

投稿: seigu | 2010年2月28日 (日) 13時56分

翁、早速のコメント、というよりは、ご助言に深謝。

「いま」を表現することは、なるほど、まさにアラ還の現在、相応しいかもしれません。「いま」だから作れる曲がありそうです。

いまや、ウチにはフォークギターがありません。どこへ消えたか、思い出せず。何故かエレキギターはあるんですけどね、これ、もはや弾けません、弦を押さえる力が残っていないのです、悲しいかな。そのかわり、20年くらい前に買ったヤマハの電子ピアノ「クラビィノーパ」があるので、昔取った杵柄、鍵盤なら何とかなるかな、これを活用しましょうか。

先生の心温まるご提案に、心の底から感謝、重ねて。

投稿: hiperk | 2010年2月28日 (日) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽との出合い③ | トップページ | 忘れてしまいたいことは多いけれど »