« アラ還として | トップページ | 猥雑な楽しさ »

2010年1月19日 (火)

ジャズ寄席の 音色怪しき 来てみれば 妖しき風情 しばし堪能

今週末、横浜で『横濱Jazz寄席2010』なるものが催されます。
ジャズ寄席? なに、それ……でしょうね、ふつう。当方もそうでした。主催者が知り合いでなければ怪しんだままだったかも。
行ってみて、びっくり。ジャズと寄席との、これが本当のコラボレーション。見事なまでの「競演」というか「共演」いや「協演」か。
表現者の端くれなのに、うまく説明できません。とにかく、一度、リアルに体験を。

昨年のダイジェストは、ここ。
http://www.youtube.com/watch?v=-k824me6oeY

詳しくは、こちらへ。
http://jazzyose.com

|

« アラ還として | トップページ | 猥雑な楽しさ »

コメント

おう!

それなら20日の拙作

大寒や梅の小枝につぼみ見ゆ
梅の木の新しい枝その先に赤き粒々育ちつつあり

句・短歌。いずれも遊び、です。日本語はいい!

投稿: seigu | 2010年1月20日 (水) 18時18分

あらま、翁から挑戦を受けるとは。。。
当方ももちろん遊び。風情も何もあったもんじゃありませんが、なんとはなしに興じてみたくなりました。
これも南先生の「おかげ」。。。

生きていく そんなマジには なれないが
 31(みそひと)文字の 戯れや楽しく

投稿: hiperk | 2010年1月20日 (水) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラ還として | トップページ | 猥雑な楽しさ »