« ジャズ寄席の 音色怪しき 来てみれば 妖しき風情 しばし堪能 | トップページ | 初雪や~ »

2010年1月28日 (木)

猥雑な楽しさ

Photo

1年前の「ライブ・ウイーク」以来、宿題をひとつ残したままである。そのイベント、久しぶりに堪能という言葉が相応しいほどエキサイティングだったのだけど、どう楽しんだのか、どうにもうまく表現できず、「次」の機会が来てしまった。

その『築地Jazz寄席』を継ぐ『横濱Jazz寄席2010』には、知る人ぞ知る、一部には「おぉ、この人が~」という名のあるアーチストも含め、さまざまな芸達者が集まった。1月22日から24日までの4公演、そのラストを観た。

さて、また、悩んでいる。体験したこの楽しさを、どう伝えようか……。

つまりは、コンセンサスの未だない試みなのである。きちんと定義できない催しなので、実は、主催者側からの発信も、多くの言葉が並ぶのだが、イマイチわかりづらい。それゆえか、残念ながら、ベストポジションの席でも空いていた。

仲間の誼であえて辛口に言えば、「コレとコレとをコラボしたら何かが生まれる」というアイデアは買うけれど、それが練られておらず、こちらに届いていないのだろう。実際に観に行けば「あぁ、なるほど」と思うが、それでは、客席を埋められない。

儲からなくてもいいさ、みんなボランティア精神で、趣味でやっているんだから……それなら、かまわない。でも、赤字なんて怖くないぞの「ハコモノ行政」ではあるまいし、入場料を取り、出演者にギャラを支払い、ビジネスとして進めるのであれば、まずいよね。

ぼくだけの感想では「いろいろな屋台が混然と交わりあっている猥雑な縁日のワクワクドキドキ」がポイントだと思う。

その面白さに触れた本人すら、その面白さを語りきれない、そんなユニークなイベント、次もあるなら、「満員御礼」の札を見たいものだ。ガンバってね~。

|

« ジャズ寄席の 音色怪しき 来てみれば 妖しき風情 しばし堪能 | トップページ | 初雪や~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャズ寄席の 音色怪しき 来てみれば 妖しき風情 しばし堪能 | トップページ | 初雪や~ »