« 意地悪な神 | トップページ | アラ還として »

2010年1月17日 (日)

神戸にて

前述のとおり、『生きていくための短歌』をseigu翁に贈られたのが11月末、短歌か~気軽には読めないなあ、と3週間ほどツンドク状態。
ところが、読み始めると何かが心に迫ってきて目頭が熱くなり、とりあえずの印象だけをアップ、たちまち著者の南悟先生ご本人からコメントをいただき、恐縮しつつ、年越し。
やっと読了、感想文に悩んでいると、今度はテレビ放送があると聞き、これは気を重くすることなく鑑賞、でも再び何かに揺り動かされ、南先生に会いたくなり、2日後、大阪出張を機に神戸まで足を延ばした。

Photo_2 折りから、定時制神戸工業高校では、阪神淡路大震災15周年で「震災に克つ全校激励集会」が開かれ、当方も飛び入り参加。教頭先生の「震災体験を風化してはいけない」との言葉を耳にし、あ~そうか、これは戦争体験・被爆体験と同じなんだなあ、と、いまさらながらに。

テレビでも紹介された、還暦を迎え今いちど勉強をと決意した豊永文一さんも登壇、「俺の死に場所」神戸への思いを語り、これまた番組に登場した松尾綾香さんら女生徒4人が、それぞれに震災にまつわる短歌を披露した。

思えば、職場に出向き、仕事の邪魔をしたにもかかわらず、さらに当日はNHKのカメラも入っていて、そうした多忙きわまるなか、南先生からは丁寧なる応対。言葉を交わした時間は短かったが、温かで実直な人柄に接することができた。

Photo_4

震災体験を歌にしようという南先生の言に、親きょうだいを喪った生徒が反発したのは当然だ。しかし、なるほど、凍りついた心を溶かすような笑顔のこの先生に求められたら、辛い出来事を「再体験」する歌詠みにトライするのも理解できる。

帰途に、生徒のHくんに声を掛け、最寄り駅まで小生を案内するよう配慮してくれた。南先生ならではの親切心であり、その生徒があっさり承諾したのも、先生が慕われている証左だろう。

定時制高校と生徒たちへの激励と応援をするには力不足だが、南先生へのエールで、代えさせていただく。

最後に。南先生は男女の機微にも優しい。集会直後、会場を離れる松尾さんを呼びとめ、当方に紹介してくれた。小生が彼女のファンであることを察してくれたのである。ツーショット写真まで撮っていただいた。

Photo

|

« 意地悪な神 | トップページ | アラ還として »

コメント

お疲れ様。
コメントが遅くなりました。

いま病院で月例外来を受け帰宅。
パソコンを開いたら写真入りの記事。昨日は珍しく連れ合いが不調で、あれこれ取り紛れ。

いい体験ができたようで、何よりでした。
こんな風に「輪」が拡がることはうれしいことです。

別の知人からも読後感が今日届きました。感謝され、喜びました。

我もまた定時制卒 振り返り 今あるおのれそこにこそありと
六十年(むととせ)も前の青春 灯の下で 芝居に明けて人と世学び

清愚駄作、2首。

投稿: seigu | 2010年1月18日 (月) 16時37分

hiperk 様

温かい思いやりに満ちた神戸報告、有り難うございます。
お褒めの言葉をたくさんいただき恐縮です。
慌ただしい時間の中で、充分なおもてなしもできずに申し訳ありませんでした。
短い時間でしたが、働きながら学ぶ定時制高校生の前向きな生き方の一端には触れていただけたのではないかと思われます。
松尾さんも、思わぬ方からの激励を受け、元気をもらえたと喜んでおりました。

今後とも、小さな存在である定時制高校への応援をよろしくお願いいたします。
               南  悟

投稿: 南 悟 | 2010年1月19日 (火) 10時33分

seigu翁、ネットワークについては一家言ある小生ですが、こうした「輪の広がり」は本当に楽しいものです。その機会をいただいたこと、重ねて深謝。
どうか、いつまでもお元気で、知識との遭遇も含め、ステキな出会いを与えてください。

投稿: hiperk | 2010年1月19日 (火) 13時40分

南さん、過分なお言葉、恐縮です。著書を含め、現場で触れることのできた大きさに、なかなかうまく表現できず、内心忸怩たる思い。でも、このあとのブログで、折々に。
松尾さんにも、ここを紹介してくださいね。

投稿: hiperk | 2010年1月19日 (火) 13時41分

我もまた 夜の学び舎 一年の 歴史恥ずかし 改竄す

投稿: hiperk | 2010年1月19日 (火) 13時42分

今晩は。
覚えていらっしゃいますか?
一年以上たちますが。
神戸工業高校生
松尾綾香です。
このコメントも見ていただけるのか
わからないながらも
書かせていただいてます。

何気なく、自分の名前で
ネット検索したところ
このブログに辿り着き
読ませていただきました。

あの時は、わざわざ
神戸までお越しいただきまして
ありがとうございました。
私のファンだと仰っていただき
恥ずかしいながらも
とても嬉しかったです。

平成23年2月
神戸工業高校を
卒業させていただきました。
御報告までに。

またご縁が御座いましたら
いつかどこかで
お会いするでしょう。

支離滅裂な文章で申し訳ないです。

投稿: 松尾 綾香:HN「晶@野良猫」 | 2011年4月20日 (水) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意地悪な神 | トップページ | アラ還として »