« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

「ふたり」

女性を愛せない、恋に臆病な男が増えているらしい。その逆もありで、異性とのつきあいがメンドー、とか、煩わしい、とか。
その感覚、もちろん全否定はしない。
そもそも人間関係なんて、いまも昔も面倒だろう、とくに現代では複雑怪奇。理由無く人を殺す輩がいる時代、他人に関わるのが嫌でも、そんなに不思議じゃない。
恋愛ともなれば、さまざまな要素が絡み、流動的というのか可変数が多すぎる。マニュアルも、実際には役に立たないしね。たいがいは、思い通りには進まない。
結婚の二文字が見えてくると、当人同士を超える利害も生じる。
確かに、コトは単純じゃない。

犬猫のほうが、よほどカワイイ。それも、わかる。
言葉を話さないから、憎まれ口も叩かないし、「わたしのことを愛しているか」などと詰問もしない。お節介な親戚もいない。犬のストーカーは、いまい。いても、許せる気がする。マザコンの猫も、まあ、騒ぎ立てることはない。ともかく、自然に親身の愛情を注げるというもの。

飼育すら厄介なら、ぬいぐるみやフィギュアがいい。もはや、おなかがすいたと吼えることもないし、下の世話も不要。病気もしないし、不妊手術の必要もない。もっとも、洋服代は掛かるみたいだが。なにしろ、口ごたえしない。こちらの思うままだ。

なんにしても、生身の人間は、一筋縄ではいかない。
でもね、ぼくには、だからこそ、楽しいんだけどなあ~。
予測のつかないことがあるから、おもしろいと思うんだけどなあ~。

『ラースと、その彼女』という映画を観た。対人関係を築くのが下手な主人公、やっとできたカノジョは、人形だった、それも、さすがの当方も書くのが恥ずかしい、大人のためのドール(察してネ)、という、下ネタ満載の喜劇かと思えば、これが、ちょいとアレでね。
コミカルなシーンは多いものの、この人形を恋人の女性として紹介するラースに対して、アメリカの片田舎の人々は優しく、「アブナイ奴」とは非難せず、その妄想につきあう。何だか、コミュニティのパワーを感じさせる。
さておき、周囲が認知してしまうと、ただの怪しげな(妖しげな)人形が、大袈裟な言い方すれば、人格を持ち始めるのだ。「カノジョにボランティアしてもらいたい」との申し出に「二人の時間が無くなってしまう」と駄々をこねる主人公だが、誰もが人間扱いするようになると、リアルな人間であるかどうか、どうでもいいことに思えてくる。

監督の思惑がどこにあるのか、よく知らないし、ことさら言及するのはやめるが、ラストシーン近くでは、ほとんど哲学的な「妄想」に囚われてしまった当方。これは、ほんとに、人形なのか……。言葉を話さないが、歩かないが、食事を摂らないが、しかし、病を患った結果、そのような状態の人は、珍しくない。

皆が人間として認めたら、人形も人間と化す。では、人形と人間の境は、どこにあるのだろうか。

さて、反対に、誰の賛同も得られなければ、本人がいかに主張しようと、人形は人形のままである、のかな。

実は、拙宅には、2体のぬいぐるみがいて、こいつらとはもう30年のつきあいで、もちろん名前もあって、ぼくは、まるで生き物かのように接していて、相方の失笑を買っているのだが、どんなに古びても、捨てるなんて選択肢は考えられず、我が棺に入れてもらいたいと思う(ここでまた嗤われる)ほどに執着している。

ぼくは、べつに人嫌いじゃないし、むしろネットでも電話でもリアルでも語り合ったりするのが好きだし、とくに女性は生身にかぎると思うし(相方頷く)、フィギュアには特段の興味はないけれど、この「ふたり」は別格だ。

こいつらには魂が宿っていると信じて疑わない。

おかしなカミングアウトと映画と、いったいどう関係するのか、よくわからなくなってきたので、もうじき師走だし、このへんで。

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

巨星墜つ

サラリーマンって辛い面もあるが楽しそうで、社長業は気楽な稼業みたいだと、ぼくは、「社長シリーズ」で感じた。シャバに出て、それが間違いだとわかったけれど、この一連の映画は、けっこう勉強になった。「宴会部長」の存在も知ったしね。「屋根の上のヴァイオリン弾き」は一度も観たことがないが、森繁さんが稀代の役者であることは間違いないと思う。百歳近くまで生きたのだから、大往生と言えるだろう。まさに「巨星墜つ」だ。

でもって、思うのだが、このところ、次々にビッグネームが旅立っている。以下敬称略で、つい先日は、水之江滝子、三遊亭圓楽。南田洋子は名女優であっても「巨星」とは少し異なるか。加藤和彦は間違いないだろう。
今年に限っても、女優・大原麗子、水泳の古橋廣之進、作曲家の三木たかし、それから、忌野清志郎。
海外では、まずは、ニュースキャスターのウォルター・クロンカイト。マイケル・ジャクソンの名前もあげなくては。ぼくより若いけど、伝説的存在だよね、実は、そんなに好きじゃないんだけど。
筑紫哲也は去年。同様に、赤塚不二夫とか緒形拳とか川内康範とか。言語学者の大野晋も大きな存在だと思う。アーサー・C・クラークもリストに加えたい。

産業経済や政治関係も含めれば、さらに数は増えよう。まさに、列挙に暇がない。すべてを「巨星墜つ」と呼ぶかどうか、個人的な思い入れなどもあるから一概には断じられないとしても、「偉大な人物の死」であることは間違いあるまい。

さて。ここからは「それを言っちゃ……」との反応も予想されるのだが。

多くは、70歳80歳というあたりで、惜しまれつつも、志半ばではないだろう。つまり、生物学的に、必然である。その母数が、戦後64年だけを考えても、どんどん増えていくのは、当然なのだ。

奇跡の高度成長を実現していくなかで、昭和でいえば40年代あたりから、社会的に「何かを成し遂げた人」は、ざっくり言って働き盛りの30代から40代、または50代。要するに、いま、天寿なのである。言い換えれば、いかに高齢社会とはいえ、人生という舞台からの退場の時期に差し掛かっていることになる。

日本が豊かになり、食べること以外にも関心を払える余裕ができ、メディアが発達し、こうした大物たちの死を、比較的落ち着いて受けとめるようになったのではないか。少なくとも、まだ「戦後」だった時代には、一瞬、おっと視線を投げても、いつまでも構っていられない。自らのメシこそ重要で、人の生き死にを気にする、そんなヒマはなかった。

いまも昔も「巨星」は墜ちている。そして、これからも、次々に。なにやら、巨星の大安売りみたいで。ちょっぴり、侘しい。仕方ないか、世の中、「デフレ」だし……。

| | コメント (2)

2009年11月21日 (土)

出発(たびだち)の歌

1週間で2度も「出発(たびだち)の歌」を、生で聴く機会を得た。

最初は、しつこく宣伝してきた17日火曜日の「Lagniappe(ラニヤップ)」のライブで、もちろん小室等ご本人によるもの。アンコールで披露されたのだが、これは、まあ、お約束というのか、当然予想されたこと。
しかし、きょう、日付けが変わったので正しくは20日金曜日の夜、とある人たちによる、とある場所での、とある催し物で、これまたフィナーレの曲として、まさか接するとは……。

さて、前者のライブ、後日に報告と書いたけれど、堪能の度合いが極めて深く、数日の時間を経て、なお、落ち着いてリポートできない。つまり、まったくもって、ひとりのファンとして楽しんだわけで、これを、なにやら記述しなければいけないなんて、ううむ、度し難い苦難。

簡単に当夜の模様を述べるならば、やや順番は異なるものの、アルバムに収められている13曲を、見事に演奏、歌い上げた。こむろゆいも、ハスキーな歌声で魅せてくれた、が、なによりも、小室等のアコースティック・ギターに酔いしれた。こんなこと書いたら怒られるかもしれないけれど、「小室ファミリー」というよりは、「小室ワールド」だった、ぼくにはね。

ピアノの谷川賢作も、良かった。ホールの音響も意外に優れていたけれど、PAが入っていたためか、その音色は、当方の全身に突き刺さった。
ナビゲータ役のmitatake(佐野岳彦=ヴォーカル・ハーモニカ、見田諭=ギター)の演奏も十分に満足。見田のギターは、うん、なんか、スゴイ。岳彦の喋りはイマイチ、というか、まだまだだったけどね。
この5人で、冒頭に「雨が空から降れば」。当日は、まさしく雨天。相応しく、味わった。
ラストで再び、5人で「出発(たびだち)の歌」。
これ以上の満喫、近年になく。

そして、2度目の「出発(たびだち)の歌」を聴くことになったのは、「平成21年度自衛隊音楽まつり」というイベント。文字通りの、自衛隊の音楽隊による演奏会。所は、武道館。7000人ほどが集まった。聞けば1日3回の興行とかで、ぼくは夜の部の、一般には非公開の回、知り合いに誘われて。鳩山首相も来ていた。

在日米陸軍や在沖米海兵隊の音楽隊も共演、かれらの、ややカジュアルな演奏ぶりに比べると、我が自衛隊は、きっちり、という感じ。でも、「もののけ姫」やら「戦場のメリークリスマス」やら「天地人のテーマ」やら、馴染みのメロディも少なくなく、楽しめた。「ガンダム」や「ヤッターマン」、それから「宇宙戦艦ヤマト」まで登場したのには驚いた。圧巻は、陸自・海自・空自の合同での「太鼓」。腹に響いた。あぁ、それから、ホンモノの「軍艦行進曲」には、ちょっと苦笑いしたものの、さすが本家、勇壮だった。

なんだか、不思議な1週間。さあ、未来に、飛んでゆこうかな……。

| | コメント (0)

2009年11月16日 (月)

会えるかもしれない

明日は、いよいよ小室等+こむろゆいの親娘ユニット「Lagniappe(ラニヤップ)」のライブだ。
前述(10/24付け)のとおり、ニューアルバム「ここ」の発売(12月2日)を記念してのもの。全13曲、披露してくれるのかな。「雨が空から降れば」も、聴けたら嬉しいなあ~。

記憶にある最初の、生の音楽系イベントは、親に連れられて行った、ナベプロ主催の新春なんたらかんたら。たぶん、1967年だと思うが、確証はない。
当時のメインは、あの「ザ・ピーナッツ」であり、いまやメンバーが少なくなってしまった「ハナ肇とクレージーキャッツ」といった、1960年代に「お茶の間」を楽しませてくれた面々。

70年代のお笑いをリードした「ザ・ドリフターズ」は、すでに、いかりや長介がリーダーとなっており、ビートルズ日本公演の前座も務めていたが、まだまだ新人扱いだったような。もちろん、志村けんは未加入。

同じく、グループサウンズの伝説「ザ・タイガース」はデビュー前で、たしか「内田裕也と~」と紹介されたような。岸部シローは加入していない。その兄(岸部一徳)は岸部修三と名乗っていたころで、『相棒』の小野田公顕はじめ俳優として活躍するずっと以前の話。

アラ還ながらアイドル好きのミーハーではあるが、彼・彼女らのコンサートなどに行った回数は、それほど多くない。いや、待てよ、あらためて振り返ると、うん、ほとんどないと言うほうが正しいかな。吉田拓郎が一回、それも80年代なってから。マイベスト1の中島みゆきは、いつかも触れたけど、一度もない。少しズレるが、「紅白」はリアルに観たことがあるけど。

在米時代は、「ビージーズ」はじめ、いろいろと。ハリウッド界隈のジャズクラブ(および、その類)にもよく通った。これは、おそらく、クルマという足を持っていたから? あのころは、けっこうフットワーク軽かったからなあ~、体重も50キロ台だったし……。

最近になって、ここでも書いたけど、どういうわけか、機会に恵まれるように。麻丘めぐみの歌を生で聴くなんて、想像もしなかった。週末には、とある「音楽祭」にも、誘われて。

明日17日の「ラニヤップ」のライブは、100人も入れば一杯の、こぢんまりしたものだから、じっくりと堪能してこよう。後日、報告しますね。

せっかくなので、しつこく宣伝。
会場は東京・中目黒の駅前「中目黒GTプラザホール」。開場19:00、開演19:30。出演は、小室等+こむろゆいのほか、谷川賢作(ピアノ)がゲスト。今後の活躍が期待されるコンビのmitatake(佐野岳彦=ヴォーカル・ハーモニカ、見田諭=ギター)も。チケットは当日4000円、前売だと3500円、全席自由です。問い合わせ先は「ココらく」(電話03-3475-1693)。

ちなみに、モスグリーンのハンチング姿の太目のメガネ「独尊男」の正体を知るチャンスです。って……。

| | コメント (0)

2009年11月13日 (金)

巧言令色鮮矣仁

タイトルは本文と関係ありません。って……coldsweats01 いや、TBS日曜劇場「JIN -仁-」について一言、どうしても。

なかなか面白いとは思う。相方も同意見。とりあえず、毎回けっこう楽しく観ている。別に、綾瀬はるかが出演しているから、ではなく。続きはどうなるのか、ちょっとワクワクしながら期待もする。実際、視聴率は好いし、この記事のためにネットをざっと検索すると、高い評価が多いこともわかった。

だけど……。ひとつだけ、引っかかっている。

言葉は通じるのか、という点だ。江戸末期、いまから150年ほど昔である。それほどの過去ではない。現代日本語との共通点は少なくあるまい。専門用語や外来語および外国語本体は無理だとしても、なんとかコミュニケーションは成立するだろう。

とはいえ、幕末に生きる武士や町人たちと現代人との会話が、ハナから難なく成立するとの展開は、いささか無理があるのではないか。まずは、喋りのスピードがまったく異なるはずで、江戸の人間に主人公・仁の話す言葉が聞き取れるのか。かなり疑問に思っている。

1970年代後半に日本を離れていた当方、帰国して初めて「THE MANZAI」とも表記される、たとえば紳助竜介やツービートらの漫才に接し、ほとんど理解できなかった。かれらの早口が聞き取れなかったのである。日常会話なら不便は感じなかった。でも、そのシャベクリに慣れるのには多少の年月が必要だった。

そのころの記憶では、たしか、NHKのアナウンサーの話す速度は1960年代には1分間に約300文字だったものが、約350文字になった、とか。現在では、400文字あたりか。たった2、3割であるが、これでもう、高齢者からは「もう少し、ゆっくり喋ってくれないと、わかりにくい」という声が出ていると聞く。

1世紀を超える年月を経て、ぼくらの会話はどれほどスピードアップしたのだろう。もちろん、それだけでなく、発音や単語そのものも大きく変化したはずである。また、鼻音。いまなお吉永小百合は使えるそうだが、ぼくはダメだ。違いすら判別できない。

仁クンが三代続いた江戸っ子で、べらんめぇ調の言葉を理解する人間という設定なら、あまり心配しなくていいかも。だけど、そうではないみたいだし。「頑張りましょう」なんて、仁クンは気軽に口にし、相手もわかったふうだが、本当に? 逆も、同様。ちなみに、ドラマには書き文字も登場する。

もちろん、所詮はフィクションだから、そんなに目くじら立てて批判することもないだろう。だけど、幕末期には存在しなかったペニシリンを現代知識により作り出してしまう、という展開でもあって、そこんとこは医学的に可能との判断はあるとして、それゆえに、「スゴイ、江戸時代でも点滴ができるんだ」などと、観る者に感動を与えているわけで。

そのうえ、主人公は、それなりにタイムパラドックスの問題で悩んだりもする。意思疎通に関しても、時代考証は加えているに違いないだろうけれど、言葉の壁って存外、高いのではないか。せめて、初回くらいは、もっとギャップを描いてもらいたかった。

これが、鎌倉時代とか平安期となれば、もう生き証人は存在しないし、乱暴に言えば、通じるわけがないから、そこは目をつむるとしても構わない。でも、ぼくらの幼いころには明治生まれは当たり前に居たし、維新前の人もギリギリ存命だった。無視はできない。

物語では、多少のスレ違いは描かれているものの、コミュニケーションに支障はないようだ。21世紀に生きていた現代人は、食べ物も含め幕末の世界・習俗に瞬く間に馴染んでしまったように見える。そこのところが、どうにも納得しにくいのである。

| | コメント (2)

2009年11月 9日 (月)

ファイナル・フロンティア

2009年版『スター・トレック』を観た。流行りの、いわゆる「ビキニングもの」「ゼロもの」の範疇かな、映画自体も面白かったが、その部分での満足度、深く。いつになく、余韻に浸っている。

1960年代のテレビドラマシリーズで、本国アメリカのみならず日本でも人気は高く、やがて映画化され、その11作目。テレビドラマのほうも新しいシリーズが作成されたりして、40年以上経ったいまも熱狂的ファンは少なくない。

こんな説明、「トレッキー」または「トレッカー」と呼ばれるマニアなら不要だが、小生ていどのレベルでも、「あの」という形容詞をつけたくなる、SFの古典である。名前くらいは知っている人、けっこう多いのでは?

日本では『宇宙大作戦』(のち『宇宙パトロール』に改題。もっとも記憶にはないけど)という邦題だった。ビデオ録画の手段がない時代だから、全作品は観ていないと思う。でも、「ワープ航法」を駆使しつつ宇宙深く探査を続け、さまざまな文明や生命体との、まさに未知との遭遇ストーリーにワクワクしたものだ。なにより、冒頭のナレーション。

映画版第1作は1979年、どこかで書いたかな、滞米中に観た。もちろん原語のみで、ちょっと不明な箇所もあったけれど、とにかく興奮した。人気テレビシリーズの映画化は、いまでは当たり前だけど、当時は、『スーパーマン』も同類で、このあたりが走りだったんじゃないかな。主役級の俳優たちの少しトシをとった姿は、なんだか同窓会のようで。

以後、オリジナルメンバーによる5作(計6本)は日本で。映画館でか、それともレンタルかテレビ放映か、忘れたけど、いずれも楽しんだ。ちなみに、マイベストは第4作目。7作目からは設定や俳優が変わり、第2世代に移った。その後、テレビシリーズでは第3世代へと進んでいるようだが、そこらへんは観てない。

今回の09年版は、オリジナルにつながるストーリーだから、ある種の予定調和というか、いや、その逆バージョン、ん? それも不正確な表現かなあ。要するに、メイン・キャストの若きころが描かれているわけだが、「これが、あのカークの船長としてのスタートか」とか、「論理のスポックも若いときは感情的だったんだね」とか、「ドクターが『ボーンズ』と呼ばれるのには、こういう理由があったのか」とか、まあ、そういう「原点を覗く」楽しみ。そうした意味で、すこぶる堪能した。

それにしても、トボけた演技が味わい深かったドクターことディフォレスト・ケリー、すでに亡く。スポックとの掛け合い漫才のような会話、幾たびも笑わされた。新シリーズ化されたら、また再び、楽しめるのかな。

ちなみに、生みの親であるジーン・ロッデンベリーと、機関長スコットを演じたジェームズ・ドゥーアンの両氏は、世界初の宇宙葬で、その遺灰は宇宙の彼方へと打ち上げられたという。羨ましい。

| | コメント (0)

2009年11月 7日 (土)

相方を頼る

立冬。陽射しの暖かな昼間はともかく、朝夕はめっきり冷え込み、夜型の小生、さすがに真夜中には半袖では辛くなってきた。冬支度しなくちゃ。

とはいえ、独り身だから、たとえば厚手のセーターやら毛布やら、整理ボックスを開け、取り出し、代わりに、短パンやら半袖のシャツと入れ替えるだけ。どうってことのない作業。

「それじゃあ、あのへんにある段ボールとか、いったい何が入っているの?」と相方、訝る。あ~、それは……、と、しどろもどろの小生。「雑多なもの」としか表現できず。「引っ越してきてから6年、一度も手をつけていない箱、あるでしょ」と、追求しきり。

はい、実は……。そうなんです。どう整理してよいのか、わからないままに、つまり、ほったらかしの段ボールやら、ゴチャゴチャと。「1年も2年も、そのままということは、要らないってことよね」。異議なし。

さらに。「それから、この段ボール、空き箱でしょ? あれも、あれも」と、査察は続く。そして、ついに、禁断の、台所周辺へと。空き瓶、空き缶、空きボトルの集積地にメスが入る。「まったくぅ~、何でもかんでも溜め込むんだから~」。貯金はないが。

いや、当方にも、一分の言い訳。「以前のウチとは分別方法が違っていてさ、よくわかんないんだよねぃ」と、反撃を試みる。が、「6年も経っているのに? アナタみたいにアタマのいい人が?」。ほとんど嫌味である。が、事実には違いない。

「はい、これは透明のビン、これはカンでしょ、これはボトル、蓋は可燃ごみでOKよ、ガラスは気をつけて、雑誌は資源ゴミ、これは燃えないゴミ、それから、これは……」

ふむ、手際がいい。うん、頼りになる。持つべきモノは、几帳面な……。「なに、勝手なこと、言ってんの!」。いや、褒め言葉のつもりなんだけど。

知る人ぞ知る、このブログのキャッチにある「独尊男」とは、我が座右の銘「天上天下唯我独尊」から。この世に頼るは我独りのみ、と、敬虔な仏教徒でもないくせに、勝手に解釈し、他人をアテにしちゃいけないよと嘯(うそぶ)く。

だけど、身の回りのジャンルは、不得意で。しっかり、きっちり、相方を頼る。

| | コメント (2)

2009年11月 6日 (金)

頼るは我ひとり

とある業界の、ある団体、ここには3人の「元議員」が顧問としている。そう、過去形。ことごとく落選してしまったのである。もちろん、かつての政権党に属している政治家たちだ。

さて、どうしたものか、と、業界幹部は頭を抱えている……というようなことはない。新政権党に近づいたから? いや、違う。

もはや、政治に何かを期待する時代ではない。それが、トップたちの真意である。

「とはいえ、あの党の若手を取り込むのに良いチャンスでは?」と水を向けたが、「声を掛けたら、すぐにやってくるよ」。実際、あちらからのアプローチはあるらしい。「でもね、そんなことをしても何にもならないんだ」と、業界のリーダー。

何故なら、それは、守旧派の延命にしかならない、と。我々は変わらなくてはならない、そんな節目に、政治に頼っても、意味がない。変化できない者たちを助けるだけ。自助努力につながらない。そう断言した。

「公」に長く依存してきたため、世の中の大きな変化についていけない、かつての高度成長期に「成功」した先駆者と、その「成功体験」を継承する後継者たち。補助金やらの「ばらまき」に群れる彼らは「淘汰」されなければいけない。

オフレコの本音。表向きは、これほどのストレートな言い方はしない。けれど、折りに触れ、檄を飛ばす。その声を冷ややかに受け止める、「誰かが助けてくれる」のを待つだけの経営者たちは、「百年に一度」の不況に悲鳴を上げる。

自宅の近所に「1000円カット」の店がオープンした。それほど賑わっていない様子。周辺に競合店、少なくなく。経営、大変だろうな、と推測。(たぶん店主の)理髪師いわく、バブル時代の数千円、一万円もの価格設定が「儲け過ぎだったんですよ」。たとえ大した利益が得られなくてもコツコツとやってくしかない、といった感じのセリフ。

忙中閑あり、ではあるが、これ以上の考察は、しない。ただ、書いておきたかった。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »