« アナタは大丈夫と取り合わず | トップページ | ココからドコへ »

2009年10月23日 (金)

小室ファミリー始動

わかるような、わからんような、おかしなタイトルですが、さて、なんのこと? このブログの購読者、平均年齢は低くないと思いますが、でも、先ごろ世間を騒がせた某芸能人「てつや」を思い浮かべるでしょうね、おそらく。で、活動を再開した話? なんてね。違います。

あっさり正解を言えば、小室等のことです。みゆみゆさんあたり、「ん? 誰っ?」でしょうか。zunさんやvanillaさんなら、ご存じかな。seigu先生からは、会ったことがある・話したことがある、なんて言われそうですが。

こむろ・ひとし。詳細はwikiあたりで、どうぞ。いまさら説明するまでもないのではありますが、私見では、フォークの教祖的存在。蛇足ながら、フォークの神様は、岡林信康。
で、六文銭時代の「雨が空から降れば」は、マイベスト10入り確実の、珠玉の名曲。youtubeで、聴けますよ、みゆみゆさん。とはいえ、いろいろなバージョンがあるので、ちょっと新しすぎるけれど、これなんか、いかが?⇒http://www.youtube.com/watch?v=bF0R6SBG174

その小室等が、愛娘ゆいと二世代ハイブリット・ユニット「Lagniappe(ラニヤップ)」を結成、デビューアルバム「ここ」を制作した。そう、これこそ「元祖」または「本家」、いや、1968年デビューの「六文銭」世代のぼくからすれば「真正・小室ファミリー」だ。

その発表会に行ってきた。いわゆる記者会見という堅苦しい形ではなく、アルバムの中からのお勧め5曲をライブ演奏という楽しいスタイルだった。そのときの写真をアップ。いつもと違って、今回は制作サイドから許可を得ているので肖像権を気にせず、高解像度の画像です。

今回は書くことが多いので、12月2日発売のアルバムや、この二人について、それから、11月17日に東京都内で開催される記念ライブのことなど、続きは追って。

Photo_4

|

« アナタは大丈夫と取り合わず | トップページ | ココからドコへ »

コメント

会ったことも、話したこともありません。
ただ、山形のある酒蔵で、小室さんが田植えから稲刈り、飲めるようになった酒を飲む会など、頻繁に出かけて集まりをしているとは聞きました。
お酒と集まり、お祭りが好きな人のようですね。

小室さんの歌は、あまり聴いたことがありません。少し色々なことでずれているようです。でも、嫌いな人ではありません。

投稿: seigu | 2009年10月23日 (金) 08時09分

「つま恋」の地を踏まれたことのあるseiguさんだけに、ひょっとしたら、と。
この新しいアルバム、翁の趣味に合うかはわかりませんが、歌詞が、まともな日本語であり、心に届きます。当然なんですけどね。

投稿: hiperk | 2009年10月23日 (金) 16時12分

小室等さん、我が故郷でライブをしたそうです。主催者の自宅兼リビング?でコンサート。来場者80人ぐらい。コンサート終了後は主催者が用意した料理、お客さんが持参した飲み物で打ち上げ。(故郷で情報を発信しているブログで知りました)
こんな情報を得てから、小室等さんを身近に感じるようになりました^^

楽天、今シーズンの戦いを終えました。
試合終了後両チームによる胴上げ。
野村監督、もしかしたらベストタイミングで
退いたのではないかしら。

投稿: zun | 2009年10月26日 (月) 09時21分

たしかに、ノムさんの退任、そうかも。来年も好い成績を残せる保証はないですからね。
にしても、前代未聞のあの胴上げ、感動的でしたね。ID野球なんていわれるけど、「情のひと」だった証拠じゃないかなあ~。

投稿: hiperk | 2009年10月26日 (月) 15時32分

ねっ、zunさん、そゆ話、聞いただけで親近感湧くでしょ? 実際に、そゆ場を経験すると、もっとステキなんですよ。そして、あの歌声をナマで聴くと、もぉメロメロです。
お近くならば是非にと誘うのですが、、、あ~、まあ~、この機に東京でオフ会というのも、悪くない考えですけど。。。

投稿: hiperk | 2009年10月26日 (月) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アナタは大丈夫と取り合わず | トップページ | ココからドコへ »