« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

眼医者はあれど鼻医者なし

前日になぞらえ「目が利く眼医者」なんて話を書こうかと企んだが、随分と久しく眼科に掛かっていないので、何もネタが浮かばず。それじゃ「鼻の利く」……、ふむ「鼻医者」なんて言わないなあ。「耳医者」もである。

何故なんだろう。一般には、耳鼻咽喉と、まとめられてしまう。鼻と喉とは繋がっているわけで、そういうふうに関連しているからなのか。耳鼻医者、あってもおかしくないのに。ご存じの方がいたら、教えてくださいな。

とある大きな病院のサイトで診療科目を見ると、「歯科口腔外科」「眼科」「耳鼻咽喉科」に分かれていた。やはり、機能でカテゴライズしているのだろう。
あとは、大別して「内科」「外科」「小児科」「産婦人科」などで、内科は「循環器」「消化器」「腎臓」「内分泌」などに、外科は「心臓血管」「脳神経」「整形」などに、それぞれ細分化されている。

こうした名称をあらためて眺めていると、これといった理屈はないんだけど、なんだか、興味深い。
たとえば、循環器といえば、まず心臓。が、これは「外科」にも登場する。おそらく、病気の中身による分け方なのだろう。腎臓も、循環器のはずだが、腎臓内科として独立している。症状によって、ということか。
一方、消化器といえば、いわゆる臓器で、胃や腸が代表的だ。膵臓、肝臓などの分泌系も含まれる。

振り返ると、膵臓を患った母には最初、「消化器外科」の担当医がついた。前述の科目には入っていないが、大きく分ければ「外科」の範疇だったのだ。正確な記憶ではないが、胆管が詰まったとかで、手術が必要だった。そのためかな。
でも、根本原因は膵臓の癌だったからだろう、入院1週間ほど経って「消化器内科」の医師が担当になった。

心臓の悪い父の主治医は、循環器内科の所属である。もっとも、過去に大動脈疾患で大騒ぎしたときは、心臓血管外科の世話になった。 これも、手術のせいか。

専門家にとっては、これらは、当たり前のことかもしれない。何を言いたいのかわからん、と呆れられるかな。まったくの門外漢ゆえ、ご容赦。

シロウトとはいえ、風邪かなと疑って外科に行くことはないだろうが、医者を科目で選ぶのって、意外に大変そうな気がする。
ウチの相方なんぞ、もう「産科」は無縁、でも「産婦人科」なんだよね、相場は。それも、医者が高齢の男性だと、ちゃんと診てもらえるか、不安だと。頷ける。「女性専用診療」みたいなものもあるそうだが、まだ一般的ではないようだ。

「リハビリテーション科」は、かなり馴染んできたかな。「緩和ケア科」も、いまや大病院では当然かもしれない。でも、以前は、なかったんだよね。

蛇足ながら(最近、多いね)、「愚痴外来」は、楽しい。

| | コメント (2)

2009年10月30日 (金)

歯軋りする歯医者

今月、歯医者に通った。歩いて30分ほど、少々遠い。っていうか、精密検査のために設備の整った大学病院に行くわけでなし、明らかに遠すぎるかな。

いまのマンションに引っ越してきた6年前、右も左もわからない状態なので、地域の先輩に、つまり相方ですが、尋ねたところ、彼女の家の近くのクリニックを勧められたのである。
40年あまりだったか住み続けていて、自身、そこを利用しているわけで、これほど確かな情報はない。もちろん、彼女の言葉を疑う理由もない。

果たして、評判どおり。腕前については、太鼓判を押すほどではないけれど、ん? いや、曖昧な表現かもしれないが、不満はないとの意味で、特段、サービスが素晴らしいとか、看護婦さんが可愛いとか、絶賛するようなモノではないだけ。なにより、費用がリーズナブルだった。

悪い癖で前フリが長いね……、歯医者の品評をするつもりではない。今回、必要があったので、そこへまた通うことにしたのだが、やはり徒歩で行ったら、疲れた。6つ、齢を食ったんだな~と感じた、っていう話。

当時、51歳。このブログのタイトルにある「半世紀」を生きたとの自覚が、あまりなかった。そりゃ、いろいろなところにガタはきていた。すでに、老眼を認識していたし、徹夜すると回復に時間が掛かるようにもなっていた。でも、自虐的にトシだなあ~と口にしても、実のところは、まだまだ若いつもりだった。

老いは確実にやってくる。こんな単語を使うと、喜寿を迎えられたseigu翁に叱られそうだが、体力低下は、怠惰のツケだとしても、避けられないのだと、チョッピリしんみり。平成なんて昨日始まったばかりのように思っているが、昭和の終わりにはまだ30代だったとの事実は否めない。

あと2年ちょっとで還暦だなんてウソみたいだけど、それは、精神的なもので。地に足つけた暮らしとは無縁、いまだに迷い、惑う。それでも、肉体は、紛うことなく「アラ還」なんだなあ……。

蛇足ながら。かつては、歯医者の予約、取るのが大変で、決められた時間に行っても待たされたりもした。6年後、こちらの希望はすべて叶い、少し早めに行っても、すぐに診察してくれる。前後に患者はいないようだ。

不況の影響か。相方に話すと、「そう言われれば、わたしのときも、空いていた」と、今年初頭を振り返る。もちろん、虫歯予防の功があがっているらしいことも要因だろうけれど。

蛇足のついで。治療に関して歯医者の「推奨」を「経済的理由」により断ったら、「そういう患者さんが増えているんですよ」との嘆き節。さらに、続けて、いわく「自民党が長い間、あんな政治をやってきた結果でしょうね」と。格差社会を恨むかのトーンである。

なるほど、あの政党の支持基盤は、たしかに、ぶっ壊されたんだなあ……。

| | コメント (2)

2009年10月25日 (日)

「身の丈」フォーク

ブログを始めて間もないころ、だからちょうど4年前、猫というフォークグループの名曲「地下鉄にのって」のネタで、再結成の公演に四角佳子も出演したらしいと書き、その連想で、小室等のミニライブに行った話を、あらためてするとの約束、果たします。

もはや前世紀、10年以上も前の出来事、実は、ほとんど覚えていないのだが、たしか、障害者のために開いた、観客10人か20人程度の、ホントに小さな集まり。そうした、ミニというよりはマイクロ・サイズの演奏活動を、あの小室等が~との驚きが、主宰者のひとりである知人から誘われたときの、ぼくの正直な感想。

すでに書いたように、フォーク界の伝説的存在であり、大きなホールを数限りなく満杯にしてきた「教祖」である。ぼくが支払ったのは「チケット代」と呼ぶよりは、主宰の会への「寄付」ではなかったかと記憶する。ほとんどボランティアだったのではなかろうか。

ステージなど設営されることなく、テーブルなどを取り払った小会議室(みたいな部屋)で、おそらく立ったまま、ほんの1メートルかそこらの間近で聴いた「雨が空から降れば」は、まさしく心に沁みた。ほかに何曲か披露したのだろうが、まったく忘れている。

「身の丈」信者の当方とはいえ「分相応」と表現しては失礼である、そのことは承知ながら、しかし、観る側からすれば、チケットが取れない、取れても高額かつ双眼鏡の必要な距離、生では聴こえない歌声……、そんなコンサートは、もう要らない。

先日の発表会兼ライブでも、マイクこそ使用したものの、一段高いところではなく、同じ土俵だった。アコースティックギターとピアノ、それだけ。少し大きな声で喋れば隅まで届く。蛇足ながら、会見のあと、軽食で懇親会との段取りも、ニクイ。和やかに歓談しながらのフェイドアウト。21世紀の小室等に、似合っている。

今回、「ココらく」に関わる仲間から、小室等のアルバムを出すと聞いたとき、スゴイと思った。その彼は音楽業界の人間ではないし、全面的なマネジメントを担当しているわけでもないけれど、だから苦労も多いと思うが、小室等のライブを主催するなんて、夢のような話だ。

いまさらながら、いろいろと調べてみたら、単独ではもちろん、及川恒平、四角佳子と一緒に「まるで六文銭のように」、こむろゆいを加えた発展形で「六文銭‘09」としてアルバムをリリースしているという。

そっか~、常に最先頭を走るわけじゃないが、華やかな脚光を集めるわけじゃないが、一歩ずつ、しっかりと歩いているんだ、ときには立ち止まり、後ろを振り返ったりしながら、と、生意気ながら感心した。これまで1枚のCDも買ったわけではないから、エラソーな話だけどね。

11月17日のライブで、もういちど「雨が空から降れば」を堪能したい。

| | コメント (0)

2009年10月24日 (土)

ココからドコへ

さて、前日の続き、ここからは、「ここ」制作発表会で小室父娘と個人的に言葉を交わしたので、敬称つけます。

こむろゆいさんは、20代前半から音楽の道に進み、父の小室等氏も気にかけていたらしい。が、いまなおメジャーな、井上陽水、吉田拓郎、泉谷しげるの各氏とともに1975年、音楽業界では初めての試みとなる「アーティストによるアーティストのためのレコード会社」である「フォーライフ・レコード」(現フォーライフ・ミュージックエンタテイメント)を設立し、初代社長となったこともある父親からすれば、どうコミットするか、難しいところではある。
そんなおり、陽水から「意地を張らずに」と勧められ、娘のライブを観に行ったそうで、以来、折々にジョイントすることが多くなっているという。

ゆいさん、大先輩に対しては、「おとうさん」ではなく「等さん」と呼ぶそうだ。幼いころ、父は売れっ子で多忙、そりゃそうだ、生年の1971年は上条恒彦が歌う「出発(たびだち)の歌」が大ヒットしたんだものね、オフレコ気味に語ってくれたところによると「母子家庭同然だった」らしいので、違和感ないみたい。
まあ、正直な話、等氏も認めているとおり「親バカ・ユニット」だね。もっとも、娘からすると「介護ユニット」らしいけれど、でも、そんなことをステージで披露できる、イイ父娘関係だ。

スペイン語オリジナルの英語「Lagniappe(ラニヤップ)」は、「おまけ」という意味。ふむ。60代も半ばを超えた小室さんにとっては、そんな気分なのかも。デビューアルバムは、だけど、曲調こそフォークっぽいけど、作詞陣がスゴイ。谷川俊太郎やら中原中也、石川啄木、別役実……錚々たる名前だ。
谷川俊太郎の子息・賢作さんの曲も入っている。発表会でもピアノ伴奏を担当していた。下の写真、向かって左端にいます。この賢作さんも知る人ぞ知る音楽家で、わかりやすいところでは映画「八つ墓村」で日本アカデミー音楽賞を受けている。

アルバム「ここ」は、12月2日発売。サンプル盤をもらう。全13曲。夜、独りで、静かに、しみじみ聴くのにピッタリだ。「こんなJ-POPもあるんだぜ」と小室氏。うんうん、そうだね。近頃の詞の意味なんか理解できない身には、うれしい。安心して聴ける、ぼくらの世代には。

記念して、ライブが開かれる。
日時は、11月17日(火)開場19:00、開演19:30、会場は東京・中目黒の駅前「中目黒GTプラザホール」。
出演は、Lagniappeの2人はじめ、谷川賢作氏(ピアノ)がゲスト。ナビゲータとしてmitatake(佐野岳彦=ヴォーカル・ハーモニカ、見田諭=ギター)が登場するが、このコンビも今後の活躍が期待される。
宣伝くさいが、いいや、ついでだから、チケットは前売3500円(当日4000円)で全席自由。
問い合わせ先は「ココらく」(tel : 03-3475-1693 email : info@coco-luck.net http://coco-luck.net)。

ずいぶん詳しく紹介するよね~。はい、実は、この「ココらく」の事業主体「グッドニュースプロジェクト」の主は、当方が現在、親しくつきあっている仲間のひとりなのです。彼には是非、これで儲けていただき、豪華な打ち上げに招かれたい、と。そんな、熱い思いゆえ。ま、図々しい、というか、いやらしい打算とも言えるでしょうが。

ライブそのものは、東北・近畿・四国と広範囲に広がる、我がブログ常連さんには、いささか遠方ですから、首都圏の知己へのご案内、よしなに。もちろん、CDも買ってください。あ~、ただ、もうひとりのこむろ氏のようなバックがついていないので、大きなお店で探してね。

Photo_2

| | コメント (0)

2009年10月23日 (金)

小室ファミリー始動

わかるような、わからんような、おかしなタイトルですが、さて、なんのこと? このブログの購読者、平均年齢は低くないと思いますが、でも、先ごろ世間を騒がせた某芸能人「てつや」を思い浮かべるでしょうね、おそらく。で、活動を再開した話? なんてね。違います。

あっさり正解を言えば、小室等のことです。みゆみゆさんあたり、「ん? 誰っ?」でしょうか。zunさんやvanillaさんなら、ご存じかな。seigu先生からは、会ったことがある・話したことがある、なんて言われそうですが。

こむろ・ひとし。詳細はwikiあたりで、どうぞ。いまさら説明するまでもないのではありますが、私見では、フォークの教祖的存在。蛇足ながら、フォークの神様は、岡林信康。
で、六文銭時代の「雨が空から降れば」は、マイベスト10入り確実の、珠玉の名曲。youtubeで、聴けますよ、みゆみゆさん。とはいえ、いろいろなバージョンがあるので、ちょっと新しすぎるけれど、これなんか、いかが?⇒http://www.youtube.com/watch?v=bF0R6SBG174

その小室等が、愛娘ゆいと二世代ハイブリット・ユニット「Lagniappe(ラニヤップ)」を結成、デビューアルバム「ここ」を制作した。そう、これこそ「元祖」または「本家」、いや、1968年デビューの「六文銭」世代のぼくからすれば「真正・小室ファミリー」だ。

その発表会に行ってきた。いわゆる記者会見という堅苦しい形ではなく、アルバムの中からのお勧め5曲をライブ演奏という楽しいスタイルだった。そのときの写真をアップ。いつもと違って、今回は制作サイドから許可を得ているので肖像権を気にせず、高解像度の画像です。

今回は書くことが多いので、12月2日発売のアルバムや、この二人について、それから、11月17日に東京都内で開催される記念ライブのことなど、続きは追って。

Photo_4

| | コメント (5)

2009年10月21日 (水)

アナタは大丈夫と取り合わず

声に出して驚く、というのは、ドラマなどではよく見かけるシーンだが、実際の生活では、とくに一人のときなど、ほとんどない。でしょ? 先日は、しかし、ネットで一報に接し、まさに「ウソっ」と、モニター画面に向かって小さく叫んだ。まさか、自ら命を絶つなんて……。

フォークルのなかでは、トボケた味の北山修氏が最も好きで、解散後に「シューベルツ」や「クライマックス」で活躍の端田宣彦氏も、どこか憎めないキャラだった(もっとも近頃では、相方によると、妻の介護のため「主夫」業らしく、長く顔を見ていないが)。

加藤和彦氏は、以来40年、ずっとミュージシャン(アーティストかな)を続け、その音楽性が高く評価されているけれど、当方の趣味とは少しズレていて、「相変わらず活躍しているなあ」とは思ったものの、イマイチ。
だけど、テレビで、昔の歌を披露するらしいと聞けば、観ようと努めるほどには好きで、ここ10年の間でも何回か、その機会はあった。いつだったか、名前は忘れたが珍しい楽器を手にし、何を歌ったんだったかなあ~、代表曲のどれかだった思うが、弾き語りのような感じで、懐かしんだ。

「天才」「完璧主義者」というコメントを耳にした。もちろん、外野席のさらに外れあたりのファンではあるが、なるほど、と思う。「後ろを振り向かない人だった」とも。ふむ、頷けるなあ。

そういう生き方、って、ずいぶん乱暴な推論だけど、常に最先頭を走っていて、時代をつくる、というのか、先駆者は、そもそも孤高になりがちで、そのうえ自分に厳しいとなれば、たしかに、自らを追い詰めかねない。

近しい誰かが「もう少し力を抜いて」とサジェストしてあげられれば、いいんだけど……。加藤氏の場合、一応、独り身だった。2度目の結婚が悲しい結末で、望んでのことではないかもしれないが。結果的に、3度目は5年しか続かなかった。

ふぅむ。ヤバイかも。独居老人予備軍の当方、謙虚にいこう。相方の訳のわからない言葉も大切にしなければ。こちらも、やや天才ふう(努力が嫌いなだけだが)、完璧主義者もどき(きちんとできないことを投げ出す理由にしているとのウワサもあるが)。サポーターがいなけりゃ、物心両面で、どうなることやら。

あぁ、でも、おいらは懐古主義者でもあるし。いっつも過去を振り返り、未来には目を向けること少ないし。同じような道は辿らないか~。ねっ、相方サン。すると、彼女いわく。

「自分に甘く、他人に対して、とくに私に厳しいアナタには、そんな心配はまったくない!!!」

| | コメント (0)

2009年10月18日 (日)

マメだと言われるけれど

さて。シーズン4は、小ネタを小マメに。
理屈好きなので、どうしても長文になりやすく、更新頻度が下がる。そのうえ、どうやらメンタルな乱高下で、「こんなこと、いまさら書いても~」気分も珍しくなく。
「シーズン7」を期待する声や、世辞とはいえ「楽しみに」なんて嬉しいことを言っていただけるので、もう少し。

実は、相方には「マメな性格」だと評される。ふむ。どうなんだろう……。
辞書には「まじめによく働く」とあるが、それほど不真面目ではないにしても、できることなら仕事なんかしたくない怠惰な男だもんなあ~。「体が丈夫である」とも自慢できない。「実用的」の意もあるが、これは間違いなく正反対だ。メチャ観念的なヤツだもの。

「誠実である」のは、我ながら、多少は当たっているような気がする。もちろん、「アラ還」の当方、これまでの人生において、たくさんの偽りを口にしてきたけれど、嘘をつく己が好きではない。
政権交代論者ではあっても現内閣への期待はほとんどなく、そもそも政治に絶望している、かなりのアナーキーだが、どこかで「真心」みたいなものを信じている。ゆえに、「お人好し」だとも相方に言われる。

まあ、面倒くさい事に対して、何の因果か気がついてしまい、メンドーだと思いつつも、ついつい動いてしまう。そのあたりが「マメ」なのかも。

でも、たいていは、あとで、ブーブーと愚痴るハメに。「だったら首を突っ込まなければいいのに」と相方には叱られる。そうなんだけど……、知らん振りするの、苦手なんだよね。ほうっておけないんだなあ~。

結局、単なるお節介かな。余計な世話焼きとマメ(忠実)とは、似て非なるものですね。

ううむ、やっぱり理屈っぽい話になっている。半端な感じだが、このへんでアップしちゃおうっと。ん? ちっとも誠実じゃないなあ~。

| | コメント (3)

2009年10月15日 (木)

シーズン4

紆余曲折あったが(あ~ぼくのなかでの話です)結局、期待した「相棒」シーズン8、堪能、ただし、亀ちゃんの不在は悲しく辛いけど(それにさ、溢れるような番宣、それはいいけど、ほんの少しだけでも、10年もつきあったかつてのパートナーに触れてもよかったんじゃないかい?)、やっぱ、これほど骨太のドラマは昨今、やたら愛や家族を強調し泣いたり叫んだりすることが感動的だと勘違いする輩の多いなか、とっても貴重だなあと思う昨日きょう。
当ブログも、めでたく(?)シーズン4に突入。

この1年で50ほどの記事、ほぉ、ざっと週1か、けっこう頑張っているね、わたし。
3年間トータル253、ふむ、4日に1回は更新しているわけだ。パチパチ。
もちろん、みなさんのコメントに支えられてのこと。深謝。

母の一周忌を控え、未だその事実を実感できない、マザコン、未練がましい性格、すでに、定期購読者はお気づきかと。

理屈っぽく、屁理屈も珍しくない、ワガママな性格、すでに、相方も承知だが、彼女の広い心で転がされている現実、ご推察の方も少なくないかと。

まあ、しかし、このキャラ、いまさら変えられず。と、言い訳がましい性格、本人も自覚。でも、今後も、こんな感じで。

よしなに。

| | コメント (6)

2009年10月13日 (火)

楽天家返上

なにやら大袈裟なタイトル。いや、べつにね、「物事を楽観的に考える」ことをやめよう、とか、「すぐに悲観したり、世をはかなんだり」しようという、決意表明ではなく。
わかるひとにはわかるでしょうが、来季は隠れ楽天ファンではなくなるってことで。seigu先生やzunさんには申し訳ないけれど、ぼくは、成績不振を理由にしても「ミスター」こと長嶋監督を解任した読売巨人軍が許せなかったヤツ、だからミキタニ某を弾劾したく。
もちろん、当方、正統なファンではないから、負け犬の遠吠えにすらならない、ただのぼやきだけどさ。

さて。我がロッテマリーンズは、というと、これもなあ~、とは思いつつ、とりあえずリーダーが変わり、新任者は、相方いわく前任者とは違うらしいので、少しだけ期待。いささかペシミスティックかな。でも、向こう3年はガマンしなきゃ。基本ができていないからね、このチーム。こんなこと言ってると、熱心な支持者・みゆみゆさんには怒られるかな。

てなわけで。
先日の「誰だろう?」とのみゆみゆさんに応えて。

Hiperk_5

わかるかなあ~。写真左手に数人いるうちの、緑色のワンピースの女性。向かって右隣は、渋い俳優で、ぼく好きです、さらに右手は元アスリート、褒めたい女性。

| | コメント (7)

2009年10月 8日 (木)

逸れたらイイね~

修羅場ど真ん中で、そのうえに、本日8日には台風直撃のなか、都心へ取材で、ヒーヒー。
とてもブログ更新なんかしている余裕はありません。

けど、このページの右下の「検索フレーズランキング」とやらで、このシステムのことはよくしりませんが、ともあれ、興味深い単語が……。
みなさん、心配されているのか、とにかくも、関心をもっているんですね。

残念ながら、当方、永田町界隈とのコネクションを喪失して、はや数年? もはや、何の情報も、情報源も持ち合わせていません。

タイミングがあるので、とりあえず、走り書きしてみました。

さて、台風は、どうやら少し逸れるみたい。都心への交通機関が全面ストップの心配は、ないようで。って、あくまでも、当方にとってのことです。列島を駆け抜けていくわけで、いろいろと被害も出るんでしょう。

そんなシリアスな情勢のなか、こちらの「事情」は、かなりミーハー。ご容赦。
つまり、この取材、いま興味あるタレント・女優のなかで、たぶんマイベスト5に最近ランクインした、ある美人に(その他大勢とともに)会える、という楽しみでして。
そんなメリットがなければ、怠惰な当方、バックレルところです。

結果は、いずれ、報告します。とりいそぎ。

| | コメント (4)

2009年10月 1日 (木)

衣替え

10月1日は、4月起点の年度では下半期のスタート。仕事絡みでは、とある企業の創立記念日。

いろいろな記念日なんですね。日本酒の日やらコーヒーの日、補助犬の日、ほぉ~法の日(すみません、下手なシャレで)、メガネの日でもあったり、ピンクリボンの日でもあるそうだ。

ぼくにとっては、「都民の日」だなあ。都民でなくなってから、もう30年近く経つけれど、やっぱ人生のほぼ半分だもの、それも前半の。いまだに「県民の日」は馴染まない。でも、東京にも、少しずつ、「我が街」的な気分が薄らいできて、遠さも感じ始めている。

だからというわけでもないけれど、21世紀版「東京オリンピック」には、ノれないなあ。たたでさえ超過密都市なのに、さらに混雑するのは間違いないし、警備なんかのせいで、不便を強いられそう。

揃いのユニフォーム姿でコペンハーゲンを歩く都知事たち、その絵を見て違和感を覚えたのは、ぼくだけ? 思いが伝わらないと嘆いているらしいが、そもそも「思い」なんか、あるのかなあ。ある種のナショナリズム、45年前なら成立したし、当方も興奮したものだが、いまどき東京で何故? 福岡という話があったと聞くが、それなら、頷ける。

時代は、仙台ではないのか。まず、札幌・福岡を撃破し、そして東京を完膚なきまでに叩きのめしてもらいたい。って、ナンの話だか……。

そういや、「楽天」の名前に「ゴールデン」が付いているのも、「ゴールド」鳩山政権にマッチするよね。

| | コメント (7)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »