« 官僚たちの秋 | トップページ | 衣替え »

2009年9月28日 (月)

サンデーもマガジンも好きだった

今年は『少年サンデー』『少年マガジン』創刊50年ということで、昨年から今春までの1年間、いろいろなイベントが行われたらしい。らしい? そう、すべては事後、というか、夏に放映されたNHKでの特番で知った次第、それも、録画を観たのは、つい先日。

たぶん、同世代の多くと同様、両誌を愛した当方だが、いつのころからか、読むこともなくなった。『ジャンプ』または『チャンピオン』に乗り換えたということではなく、たしかに一時「1・2のアッホ!!」やら「マカロニほうれん荘」などは好きだったけれど、正直に言えば、やがてマンガそのものに見向きもしなくなった。

「大学生がマンガを~」と批判されても我関せずではあったけれど、いかに子ども相手の漫画が「青年向け」になったとはいえ、やはり、家庭を持ち仕事も忙しくなってきた30代の中年には縁遠い。コミック誌『ビッグコミック』や『漫画アクション』なども含め、漫画雑誌という存在を、すっかり忘れていたのだ。

今回あらためて、「サンマガ」の歴史を紐解く番組を観て、思わず過去を振り返った。ドラマ部分とインタビューとのミックス形式で、どうやら最近の流行りのスタイルみたいだけど、うまく融合しておらず、感想としてはイマイチではあったが、懐古趣味には合った。

「紫電改のタカ」のラストシーンには涙した。「巨人の星」の大リーグボールの謎解きはクラスでの中心話題だった。「あしたのジョー」で力石徹が死んだときは、リアルな葬式にこそ行かなかったものの、ぼくらの気分は黙祷だった。「アシュラ」には衝撃を受けた。もちろん、赤塚ギャグには心底笑い転げた。いちいち挙げていたらキリがない。

番組では、両誌の「競い合い」が詳しく語られていて、うん、ライバル誌だったのは理解する。編集者は、本気で争ったのだろう。でも、そうした戦いとか、それぞれの持ち味、キャッチフレーズ、差異化とか、そういうことに、ぼくらは関心がなかった。面白いかどうか、それだけだった。連載誌がどちらか、そんなことはどうでもよかった。そう思う。

読者には、「サンデー派」「マガジン派」なんて、なかったのではないか。前述したものは、たまたま「マガジン」に連載されていたものが多い。ストーリー性の強さは影響したかもしれない。高校生あたりの年頃では、そこはポイントだろう。でも、だからといって「サンデーは嫌い」という奴もいなかったように記憶する。「サンデーvsマガジン」てな図式は、ぼくらには関係なかった。

かれこれ30年以上も昔のことだから、法廷で証言できるほどの自信はないけれど、作り手の思いは、空回りというか、無駄だったんじゃないかなあ~。もっとも、その対抗心によって、ぼくらは、結果的に、良質のマンガに触れることができた、と考えれば、いいか。

小・中・高そして大学生くらいまでの、懐かしい思い出の、新たな1頁にはなった。

そうそう、マンガは若き日の思い出と言ったが、唯一の例外は『じゃりン子チエ』(作・はるき悦巳)。これは、なんていうか、本になってもシリーズ全67巻を購入したほど、ハマった。生まれ故郷に比較的近い、大阪の下町を舞台にしていたから、かもしれないが、とにかく40代になっても、つまり「いいトシをして」読み続けた。

ところで。
漫画の話をするなら避けては通れない、神様・手塚治虫。というか、初期の『サンデー』で連載された「キャプテンKEN」。この、タイムパラドックスを描いた作品は、ぼくの「原点」である。読んだのは、8歳から9歳にかけてだ。『輪廻の蛇』(by ロバート・A・ハインライン)を知るずっと以前である。以来半世紀、ぼくは、このテーマの「呪縛」から解き放されていない。

|

« 官僚たちの秋 | トップページ | 衣替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 官僚たちの秋 | トップページ | 衣替え »