« ぼくたちの夏 | トップページ | 候補者たちの夏 »

2009年8月 8日 (土)

犯罪者たちの夏

現在進行形の事件については触れないほうが賢明だろう。が、どうしても一言、書きたくて。

ほぼ全国的に梅雨明けし夏本番となったとたんの、イケメン俳優による第1弾は、まあ、芸能界のみの「衝撃」だろう。ミセスを含め、よく知らない人物。あまり関心もない。だから、「またか」程度だった。が、続け様の第2弾には驚いた。世間も同様にショックを受けているようだ。

その2の前段は、それでも、「さもありなん」という感じで、相方の、「見るからに、ちゃらんぽらんな旦那」と、女性の「審美眼」を疑う発言に、「そういうキミは大丈夫か」と茶化すと、「わたしは信じている」と言うので、思わず小生、ニヤける、ってな具合で、はい、ノーテンキに惚気ていたわけ。

そしたら、愛称で呼ばれていたのに、いきなり「容疑者」だもん。そりゃ、腑に落ちない部分もあるにはあったが、このパート2は些か予想外。たぶん、トップアイドルだった女優に、ぼくが少しだけ感情移入していたせいかな。

去年の2月に再放送されたときにも告白したけれど、「星の金貨」、なぜか、好きなんだよなあ。40代、つまり人生の折り返し地点を過ぎ、ある意味お約束の「悲恋」物語に初めて心を動かされ、涙が出そうになった。実は、もういちど観たら、ホントに泣いた。主人公の、アイドル時代に覚えはないけれど、手話を交えての主題歌は、うん、たしかに耳に残った。

それにしても、どうして「逃亡」なのだろうか。誤解を恐れずに言い放てば、ちゃんと反省すれば執行猶予がつくであろう、微罪。同様の事案で再犯に手を染めず改心した芸能界の大御所、数え切れず。逃げて得なことは何もないはず。第1弾の事件のほうが、少なくとも「死者」を出している分、悪質に感じる。

パート3もあるのかな。警察が公式のコメントを発表していないのも、引っかかる。ほかにも「登場人物」がいるらしいことが、気になる。

当方、いまは、そうしたことにアタマを使っている余裕なく。ただ、無事の「出頭」を願う。

蛇足ながら、大きな事件連チャンのかげで、名女優の「孤独死」が際立ってしまった。

|

« ぼくたちの夏 | トップページ | 候補者たちの夏 »

コメント

連日の雨に地震・・・
怖いですtyphoon

なんだか本当に地球温暖化に加えもっと
ちがう【何か】が起こりそう。

先週から色々な事件が起きてますね。
>無事の「出頭」を願う。
との通り出頭しました。

それからの芸能ニュースはその事件のこと
ばかり・・・
過去の映像を流したり家族のことを持ち出し
たり・・・

でもあまりのギャップの違いに驚いたのは
確かですが・・・

やっぱり女性って結婚した相手で変るの
でしょうかね~~~

私はいい方に変ったのでheart04heart04heart04

あっ!hiperkさんも相方さんに深~く
信頼されいてhappy01ですね!!

投稿: みゆみゆ | 2009年8月11日 (火) 10時20分

みゆみゆさん、コメントしにくい内容にもかかわらず、感謝。
って、そちらも惚気てるような。。。heart

地震よりも台風、台風よりも直前の大雨、そのほうが被害が大きいというのも、従来の認識を変えなくてはならない証左かも。

ちなみに、当方、東名高速のあの崩落現場を先週、高速バスで走ってました。。。coldsweats02

投稿: hiperk | 2009年8月12日 (水) 13時27分

さて。雑感少々。
逮捕された人たちを弁護するつもりなどまったくないことを前置きに。

第2の事件での女優の「曖昧な供述」。自宅に隠していたことを覚えていなかったそうだが、「逃亡」までして「証拠隠滅」していなかったことからも、うっかり忘れたと類推できる。「あったと指摘されるのなら、そのとおり」という言葉は(もちろん完全引用ではないにしても)何も問題を感じない。ぼくは「素直な供述」と認識する。
これを「曖昧」と表現したのは誰か。警察か、メディアか。予断を持たせようとする「意図」はないのか。
そのほかにも。供述が少しずつ流されてくるから、当然、全容はなかなか伝わらず、あたかも「素直に供述していない」かのように受け止めてしまう。テレビ・コメンテーターたちが「裏切られた」「がっかりした」との趣旨を口にする。適切な反応だろうか。
繰り返すが、供述内容は断片的にしか表に出てこない。途中経過だけで判断できるのか。してよいのか。容疑者が話したことすべてを警察・検察当局が公表しているとは限らないではないか。

そもそも、生命に関わる第1の事件では、ほとんど供述内容が報道されていない。発表を抑えているのだろう。そこに切り込むメディアはないのか。何を遠慮しているのか。

2年前、当方が関係する業界で、おそらく多くの人が名を知る老舗企業の現職の会長が覚せい剤で捕まった。即座に「辞任」させ、会社としては簡単な謝罪コメントを出し、幕を引いた。1年後、かれは案の定、再犯に走った。このとき「もう辞めた人だから」と当該企業は沈黙した。マスコミ報道はほとんどゼロ。

裁判員制度で、「事前情報」の質は判決に大きく影響するだろう。今回の女優の一件では相当に心証が悪くなっているはずだ。「会長」氏の場合は、どうなるだろう。

蛇足だが念のため。覚せい剤をやるのは、度し難いアホだ。人間やめる覚悟もないのに。

投稿: hiperk | 2009年8月12日 (水) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼくたちの夏 | トップページ | 候補者たちの夏 »