« 変わるべきは何か、何者か | トップページ | 縁は異なもの »

2009年5月31日 (日)

人は裁けない

裁判員制度が始まりましたね。ジャーナリスティックな好奇心から、高い関心をもっています。と書くと、「あなたは、人を裁けるのか」との声が聞こえてきそうですが、いやなに、ぼくが人を裁くことなんてできるはずもなく。そのつもりで法廷に行くつもりなどありません。

導入発表当初、一般人に「裁けるのか」とか「死刑判決を言い渡せるのか」といった問いかけが多かったように思います。その結果、「回避」の条件が喧伝されていて、たとえば、ナンバーワン・キャバクラ嬢なら「余人をもって代えがたい」から拒否OKだとかね、そんな後ろ向きの話ばかりでしたね。

だけど、そんなことより、裁判員になる人が、ワイドショーやら夕刊紙やら、無責任で情緒的な報道の悪影響をどれほど受けているかいないか、そのほうが大問題だと思います。人って、基本的に、理性を保つことは大変難しく、感情に流されやすい。それは、言わずもがなでしょう。

ぼくは、相当に理性的な人間だと自負します。でも、ときおり、当たり前ですが、感情を爆発させます。それは、我が相方が証言するでしょう。残虐な殺人事件の審理を目の当たりにして、その暴発を自制できる自信などありません。

所詮、人には人を裁くことなんか無理だ。そう思います。だから、裁判官というプロの職業が必要なのです。完璧なアマチュアである一般市民が同様の責務を背負うことは不可能でしょう。ぼくは、「裁くんだ!」みたいな深刻な態度はとりません。自分の意見・感想を述べるだけ。裁くのは、あくまでも裁判官たちです。

不安なのは、裁けると信じているらしい人がいること。裁けないと自覚する人は、いわば「良心的拒否」で参加しないかもしれない。さらに、重要なポジションで多くの部下を率い(命を預かり)公平な価値観で尊敬を集めるリーダーが、その多忙さゆえに欠席となり、日がな一日テレビをボンヤリと見て遊んで暮らせる何の責任感も有さない暇人が、それゆえに法廷に臨む。そのアンバランスさのほうが、ぼくには怖い。

明日にも「赤紙」が届くかも。いや、実は、すでに? だとしても、言えないんだよね。守秘義務ってやつがあるからなあ……。これも、面倒である。いや、これこそ、まことに、つらい。人は、喋りたがるものだからね。

|

« 変わるべきは何か、何者か | トップページ | 縁は異なもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変わるべきは何か、何者か | トップページ | 縁は異なもの »