« かわる | トップページ | 人は裁けない »

2009年5月24日 (日)

変わるべきは何か、何者か

前項で、seigu先生が(無前提に)引用されている「桑原さんのブログ」とは、元獨協大学学長で労働経済学・労使関係論を専門とされる桑原靖夫氏による「時空を超えて Beyond Time and Space」(http://blog.goo.ne.jp/old-dreamer)のことです。当方も、2年前くらいからかな、巡回していますが、かなりの知的高レベルゆえ、たまに口出しする程度、(ほぼ)欠かさず読んではいますが、いわゆるROM状態です……。

そんな、敷居の高さにもかかわらず、巡回ルートに入れたのは、桑原氏が語られる「第三のイタリア」に、いたく触発されたからです。これは、イタリア北部の工業都市や農業に依存する南部の都市とは違う、中小企業や職人による伝統工芸が発達している各種都市や地域のこと。こうした都市の多くは中世から伝統工業によって発達した都市が多い……ということのようです。
詳しくは、桑原氏が99年に講演した「グローバル化時代の産業立地と雇用創出~先進モデルに学ぶ雇用・人材開発・技術蓄積~」を。→ http://www.jil.go.jp/jil/kouen/no_14.html

さて。桑原氏は、最新記事のなかで、このように指摘されています。
「イタリアはグローバル化の大波の中で、政治経済上の舵取りもままならず、国としても大きな危機に直面している。産業立地の衰退もそれと無縁ではない」と。
さらに、「日本の地域の衰退を見るとき、こちらも劣らず重症だ。地方都市を訪れてみると、その衰退ぶりに愕然とする。かつては輝いていたあの都市が、どうしてこれほど寂れてしまうのかと思うことも一度や二度ではない」とも。
このあたりを、大田(東京)などの技術集積地に造詣の深いseigu先生が問題にされているのでしょう。

たしかに、議論に値すると思います。
ただ、「日本の中小企業が強くならないと、幾ら政治が動いても社会は変わらない」との指摘には、やや賛成できず。
我が国は戦後、一貫して「護送船団方式」による「大企業」および同グループの育成に力を入れてきたように受け止めています。対して、極論すれば、中小企業には単なる「庇護」だったのではないか、と。
「弱い」中小を強くする施策は、残念ながら、国の基本方針としては無かったのではないでしようか。地方自治体の首長らは、それゆえ、地場産業の強化に懸命ですが、その言動には、このところ「国はアホ」的な中央批判の色が濃くなっています。現場で苦闘する者ならではの正直な感想なのでしょう。

まずは、政治が動き、そのうえで、中小企業が強くなることで、社会が変わる。そう感じます。
地方の政治は、すでに動き出しています。中央も動かなければならない段階にきていると思います。政権交代さえすれば、との甘い期待は持っていません、が、地方での政治の「変化」は確実に、経済に影響を与えています。民主党に、こうした「担当能力」があると信じるほど楽天家ではありません、が、現在の政権与党も、呉越同舟というか、似たような体たらく。

大企業から零細企業まで、数は少ないけれど、いろいろなビジネスの現場を取材してきて強く思うのは、前者は、総じて「ぬるい」。後者は、頑張っている。言い換えれば、日本の中小企業の芯は、強い。これまで、その弱い体力で必死に、図体のでかい大手を支えてきた。でも、それも、限界に近づいている。

大企業も変わろうとはしている。しかし、一部の製造業は、「グローバル化」を大義名分に、安易な方向へと、すなわち、労働単価の低い中国・ベトナムへ逃げ出す、「空洞化」の愚道を進んでいるように思います。
このような「中小殺し」を阻止するには、政治が真の政治力を発揮することが求められるでしょう。「下請法」なんて有名無実な愚策では、中小が強くなれるはずもなく。「金」は大切ですが、所詮、「血液」に過ぎず。弱った筋力は回復できません。カンフル剤を打ち続けても、折れた骨を接ぐことはできません。

具体的には、では、どうすべきか。専門家ではない当方、ここから先は語れません。

|

« かわる | トップページ | 人は裁けない »

コメント

しっかり調べられていてさすが、ジャーナリストと感嘆。

中小企業にも異類があり、そこが期待のよりどころではあります。
それについては、いずれまた。

ロッテ奮闘していますね。楽天は、転落。これ反語かしら。

韓国の前大統領の自決?というニュース。寂しい話です。

投稿: seigu | 2009年5月24日 (日) 09時16分

早速のコメント、ありがとうございます、翁。
ブロクでの「対論」が可能か、わかりませんが、よしなに。

「楽天・転落」、あはっ、反語というよりは、オヤヂ・ギャグかも。いや、翁の場合は、ジジイ・ギャグ? 。。。失礼。。。

投稿: hiperk | 2009年5月24日 (日) 13時52分

笑ってもらえて元気が出ました。
ジジイ・ギャグ、ですね。
反語というより、類義語かも。それは困る。

投稿: seigu | 2009年5月24日 (日) 14時31分

おはようございますhappy01

【変わるべきは何か、何者か】
私には敷居が高くコメントの言葉さえみつかりませんsweat01

昨日思ったこと。。。
麻生さんと鳩山さんの党首討論
アレはあらかじめ前もって質問の内容は交換されているのですか?
いますよネwobbly
野次を聞いている方が面白かったデスsign04

ところで・・・
嬉しい事2つ
昨日、定額給付金が入金になっていました。
すぐに手続きして昨日・・・
早いのか?遅いのか?
早速引き出して主人と仲良く分けましたdollar

もう1つは・・・
今日からSMAPの剛君が復帰ですheart02
明日はいいとも!の生放送。

以上

PS:交流戦イマイチtyphoontyphoontyphoon


投稿: みゆみゆ | 2009年5月28日 (木) 09時45分

あの党首討論は、たぶん、シナリオはないかと。「質問」と「答弁」という形ではないので、あらかじめ「質問趣意書」みたいなものを提示して、ということではないと思いますよ。おそらくだけど。

おっ、みゆみゆさんにも「臨時ボーナス」入りましたかdollar当方は、2週間前くらいだったかな。当然、生活費に組み込みましたよmoneybagって、まあ、お金に名前は書いてないのでね、どう捉えるか、本人次第ですが。

以下、省略coldsweats01

投稿: hiperk | 2009年5月28日 (木) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かわる | トップページ | 人は裁けない »