« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月24日 (火)

はんなりと

Photo_4

妙なる響きとは、こういうものなんだなあ~と、しみじみ思った。

「リュートとうたのはんなり音楽会」は、主催を2人の知り合いが担った関係で案内を受け、「リュート」という楽器については奏者・高本一郎氏ともども何も知らず。歌手の深川和美さんの名前も初見。
正直、そのライブのタイトル「うたたねのうた」さながら、平日の午後に、うたた寝するつもりで赴いた。
で、結果、居眠りどころか、久しぶりの堪能を味わうことに。「はんなり」の言葉がこれほど相応しい演奏は、たぶん、初めての経験。

リュートという、古楽器は、見た目はギターみたいな弦楽器で、つまりは、西洋琵琶ですかしらん。
いわく、その柔らかな音色から「天使の楽器」と讃えられ、エリザベス女王1世が眠れぬ夜にその音色を聞きながら眠りについたという逸話も残るほど繊細で優しい音色の楽器。
そのとおりです。

そのリュートを奏でる高本一郎氏と、いわく、朗らかでいて、ふんわりと包み込むような、やわらかな歌声、「夢みるようで、深い歌声」と評されるソプラノ歌手・深川和美さんとの、まさに、相性ピッタリのデュオ。

残念ながら、自らの言葉で感想を述べるだけの文才がありません。演奏曲目が、フランス伝承曲だとかギリシャ民謡だとかで、説明すらできない。この感激を何とか文字で伝えたいと悩み、すでに1か月の時間が過ぎてしまいました。諦めました。
とにかく、理屈っぽいこの男が、ただひたすら感動したということで、ご容赦。

それにしても、都心の、150席くらいある会場、観客は半分に遠く満たず。もったいない。主催のOさんもNさんも、メディアに関係しながら、プロモーションとは異なる仕事ゆえ? でも、宣伝が下手だよぉ。こんなイイものは、もっと多くの人に聴いてもらわなきゃ。

| | コメント (0)

2009年2月16日 (月)

こちらも半世紀

いきなり夏が来てしまい、さて、さっさと書かないと、この冬のことが遠い過去になってしまう。

まずは、麻丘めぐみのコンサートの話。相方も熱望したが、仕事などの都合でどうにもならず。何人かの知人、いずれも「日曜の夜は……」と断念で、家庭を持たない友人と2人で。
ご本人にも直訴しました。かつてのファンも、いまや40~50代の男性となれば、平日の夜、せめて土曜日に、と。「家族サービス」を返上してまで駆けつけるには、環境厳しく。
事実、キャパ500のうち300席くらいの1階席は埋まっていたが、遠方よりの「マニア」はじめ、かなりの熱烈支持者が多かったようだ。カップル客の姿もそこそこ、女性ファンが少なくなかったらしいが、理想ではある。

「70年代にタイムスリップ」とのコンセプトなので、自分の持ち歌だけでなく、当時のヒット曲を15あまり、すべて知っているから、楽しさ倍増。とはいえ、冒頭の「タイムマシンにおねがい」(74年、by サディスティック・ミカ・バンド)には驚いた。(元)アイドルの舞台で、この名曲を聴こうとは思わなかった。
また、歌う曲の歌詞をバックに流したり、半世紀を生きた女性にミニスカを着せたり、と、ライブとしての嗜好も考えられていて、うん、構成がウマイ。いまやスタンダード「わたしの彼は左きき」を、歌わずにいったん引っ込み、アンコールで披露、お約束ではあるが、ラストを飾るに相応しく。

ちなみに、わが妹は当日、受付けを担当。バックコーラス3人のうち男女各1人は、妹を通して当方とも知り合いで、母の葬儀の受付け役。そんなこんなの関係で、麻丘めぐみさんから花をいただいた(ここはやはり敬称略とはいかぬわな)。

なんにしても、いっとき「スター」として芸能界を生きた人間には、現在は第一線で活躍していないものの、「昔の名前で~」というほどの立場ではなく、舞台など女優業で現役のせいか、独特のオーラがある。「いまも頑張っているよ」とのメッセージは、来場者の多くに届いただろう。

蛇足。音源は不明だが、昨年暮れの大掃除で、10曲あまりが録音されているテープを発見。ふむ。けっしてマイベスト3にランクインするアイドル歌手ではないんだけれど、貸しレコード全盛時代にレンタルしたのかなあ~。

そんなミーハーな小生、終了後には当然、2ショットをお願いした。小さな画像だが、こんな感じです。

Wham

| | コメント (4)

2009年2月11日 (水)

先に触れた、4つのライブの感想を書きたいと思うのだが、修羅場明け、最近の常でボーっとしており、まとまらず。それでも、毎日のように寄ってくださる常連客あれば、おや? きょうも休業かい、と帰っていく姿、なにやら、申し訳なく。

節分が過ぎ、立春を経て、そろそろ春一番か、はたまた、バレンタイン、といっても、某千葉のガイジンさんのことではなく、そう、チョコレート屋の陰謀、とはわかっていても贈ってみたいものなのよ、それが女心、とか、ふぅむ……。

15年間、楽しみを与えてくれていたテレビくんが、ついに大往生。当方も、地デジ対応に。いやはや、知らぬ間にメンドーなことになっていて。初期設定だとぉ? うむ、まるでパソコンじゃん。取説嫌いの小生、最低限の機能のみ、なんとか。いろいろなことができるようだが、ま、追々。

居間兼寝室の和室に置き、隣接の洋間を仕事部屋にし、仕切りをぶち抜いているので、こうしてキーボードに向かいながら、深夜番組を「ながら見」できるのだが、さすが37インチ、28では辛かった、細かい文字なども読める。50インチが欲しかったのだが、さすがに……。

某通販の長崎弁のおっちゃんに乗せられて「ブルーレイ」なんぞも購入。これまた、電源コードを繋げばOKとはいかぬ。セット販売しているのだから、同時セットアップの方法も必要だよね。けっこう詳しく説明されてはいるけれど、こりゃ、アナログ世代には、きつい。

ただ、DVDは、たしかに録画予約が楽である。モニターの番組表から選んでボタンを押すだけ。5倍速で100時間近くもキャパのあるHDだから、VTRのときのような、テープが足りるか、なんて心配から脱却。記録も一覧できるので、あれはどこだっけと右往左往することも、テープにメモを貼り付ける必要も、なくなった。

技術の進歩には素直に敬服。でも、このメーカー、あっさり言えば「シャープ」です、赤字なんだとか。ふみゅ。モノを売るって大変なんだなあ~。ぼくなんか、某女優のCMに影響されて、買うなら「亀」と、以前から決めていたというのに。単純かなあ……。

| | コメント (3)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »