« ライブ・ウィーク | トップページ | 亀 »

2009年1月31日 (土)

マザコン

敬虔な仏教徒ではない小生、「納骨」という節目に特段の感慨はない。単なる作業とまでは言わないけれど、寒空の下、墓の前で僧が読経をあげているなか、ん? 帽子をかぶったままだけどマズイかな~、いや女性のアクセサリー、マフラーみたいなものだよね、非常識ではあるまい、だいたい屋外なんだからコートだって着たままだしぃ~、なんてことを考えていた。

骨は所詮、骨。墓は所詮、墓。母は、もはや、この世を去り、どこにもいない。魂も、残念ながら、あるまい。あっても、ぼくにはわからない。わかることは、ただひとつ。母は、ぼくの記憶のなかに永遠に住み続ける。つまり、分骨しようとしまいと、墓に入れようと入れまいと、そしてぼくがどこにいようと何をしていようと、そのぼくのなかに母はいる。

四十九日も百か日も、さらには一周忌や三回忌など、それらは生きる者に向けた法要であり、ぼくの母に対する想いとは異なる。ぼくは、徹底した個人主義者だから、常に「自分にとって」の発想をとる。いつ成仏するかも、ぼくには関係ない。その記憶の引出しの奥におさめたときが、ぼくの納得する「成仏」である。

いまは、最寄りの引き出しにあるから、頻繁に思い出す。去年の正月はすでに闘病中だったけど、とても元気で父のほうが瀬戸際、初詣は妹と3人だったなあ~とか、その前の正月も父は入院中で、やはり3人で集まり、母の大好きなお好み焼きを食べに行ったなあ~そのとき、これからはこういう機会が増えるだろうねと語り合った、でも結果は、それが最初で最後だったなあ~とか。

あははっ、いかにもマザコンらしいかなあ……。

|

« ライブ・ウィーク | トップページ | 亀 »

コメント

今回の文は、大いに同感。
死者は生者の心身の中に棲み続ける。
「霊性」とは、そのようなことかと思います。
合掌

2月になりましたね。今朝は寒さはありながら春の気色。
佳き日にしましょう。

投稿: seigu | 2009年2月 1日 (日) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライブ・ウィーク | トップページ | 亀 »