« おくりびととして | トップページ | 寒いですね、熱いですね »

2008年11月25日 (火)

愛こそ

きょうは「憂国忌」だが、だからって、べつに我が祖国の最近のていたらくを、いまさら憂えることはしない。えっ?! 憂国忌って何? ……wikiで調べてね(^^;)

それでも、ただの無差別殺人もイヤだが、飼い犬の恨みで殺されるのも、切ない。あぁ、もちろん、この動機がすべてだと信じるほど初心ではない。でもね、メディアで「ありえない」と断じられるほどでもないと、ちょっぴり思う。だって、犬はかわいいもん。年間30万頭か50万頭か知らないが、とにかく大量の犬(と猫)が殺処分になっているのは事実。胸が痛い。

繰り返すが、それだけが理由ではないのは当然として、しかし、幼いころに受けた「キズ」の影響を、世間は些か過小評価していないか。ぼくなんぞ、小2のころの初恋の彼女、いまでも心に留めています。小5のときの同級生の女の子を「ブス」とイジメた記憶、生涯消えません。

ただ、まあ、カレにとって、もっと大きな傷の要因は、おそらく、8年間も通った大学のあたりではないかしらん。普通に考えれば「女性問題」。若い時代の評判は「やさしく明るい」のだから、いまどきの対人恐怖症的な「女はコワイ」に毒されていない容疑者は、恋もしたろう。惚れられ、裏切られ、いろいろと経験しただろう。中退後、故郷を離れたのには、なにかしら深い事情があったと、想像するに難くない。

このへんの話は、まだ出てないが、当然ではある。他に聴取しなければならない事実がいくらでもあるわけで。で、こんな早い段階で「謎は深まるばかり」とか「不可解な事件」とか騒いでいるマスコミ。いやはや……いつものこととはいえ、お祭り騒ぎの垂れ流し。

だいたい、「ふてぶてしい態度」と言われるが、テレビ画面で見るかぎり、目つきは正常であり、アキバの無差別殺人者のそれに比べると、かなりマトモだ。「そんなことをする男ではない」との評と矛盾しない。「うつろな目」とリポートしたテレビ局があるが、まさか?! わずかな間、チラッとカメラが捉えただけで、そんなことが断定できるとは、尋常ではない。むちゃくちゃ予断が交じってる。

メンドーな「クレイマー」だったらしいが、殴る蹴るといった直接行動には出てないようで、実は特段、粗暴ではないのだろう。家賃の滞納もないというのだから「反社会的」でもない。被害者の住所を調べた件でも、通常の手段によるもので、むしろ「マメ」。

あ~一応、確認しとくけど、決して擁護していませんからね。一片の同情の余地すらない犯罪者であることは間違いない。けれど、それほど異常者だとも思えない。

「職を転々」とネガティブに報道されるが、ぼくなんか、最初の仕事は1年で放棄。3番目の職場も1年半しかもたなかった。32歳で、転職3回だもの。留年・中退も同じ。だからって、人は殺さない。

それにしても、愛こそすべてだと、つくづく思う。愛する者がいて、愛されている実感があり、だから、ぼくは、自棄にならず、やつあたりで人を殺さないでいられる。

|

« おくりびととして | トップページ | 寒いですね、熱いですね »

コメント

「憂国忌」ってなに?でしたので調べました。
昭和45年(1970)11月25日に東京・市ヶ谷の自衛隊駐屯地で割腹自殺をした作家・三島由紀夫の命日。

私などピンとこないのが正直なところですsweat01
すみません。
テレビでは見たことがありますが・・・

あと連日報道されているこの事件。。。
【やっとチロ(愛犬の名)の仇をとった】
と言っています。
保健所に連れて行かれた時は本当に辛かったのでしょう・・・
がそれをなぜ今になってという感じです。
やはりなにかもっと違う動機があると思えてなりません。

ワンちゃんが好きなので【いつでも里親募集中】はパソコンにリンクしてほとんど毎日のぞいています。
公園に捨てられていた・・・
悪質なブリーダーの放棄・・・等の経緯が多いです。
ここで里親がみつからなかったら・・・
テレビで見たことがあります。
保護されて最後にはガス室に入れられる犬や猫を・・・

最後まで家族として育てられない人は飼う資格ないです。
話が横道にズレましたwobbly

投稿: みゆみゆ | 2008年11月27日 (木) 11時14分

みゆみゆさん、横道にズレてなんかいませんよ。ぼくも、似たような番組を観たことがあります。できることなら、みんな引き取って飼いたいと思いました。不可能ですが。
この容疑者は、ペットを思う気持ちの一点においては、同じなんです。そこをマスメディアが、見識あるコメンテーターを含め、あたかも全否定するかのような伝え方をするのが、納得いかないだけで。

つまり、表層的な報道が昨今、とても目立つように思うのです。そんなマスコミに影響されての「裁判員制度」に、ぼくは危惧を覚えるんですね。今回のケースは明らかに極刑でしょう。でも、微妙な事件の場合、ぼくらは、たぶん、ワイドショーなどによる紋切り型かつ表面的な扱いに「悪い」先入観を植えつけられてしのうのではないか、と。

投稿: hiperk | 2008年11月27日 (木) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おくりびととして | トップページ | 寒いですね、熱いですね »