« さあクライマックスへ | トップページ | 秋の夜長に »

2008年10月 1日 (水)

さあ、ドラマの秋だ

10月になりました。野球のことは忘れて……、「ドラマの秋」に期待しましょう……。ううっ。
あと3週間で、いよいよ「相棒」シーズン7。わくわく。冬をまたぐ季節は、これだけでいい。相変わらずの「ドラマっ子」だけど、年々歳々、堪能できる番組が減っているような……。

春から夏にかけては、いくつか、まあまあ楽しめた。「相棒」枠の刑事ドラマ「ゴンゾウ」、「相棒」の脚本家が手掛けただけあって、なかなかミステリアスで、ストーリーに破綻もなく、「山本勘助」内野聖陽が好演。我が相方は、都合によりすべて録画で、いま観ているところらしいから、詳しくは触れない。ん? 全部終わった? どぉだった? そかそか、うん、鶴チャン、可愛かったね、ルミちゃん、傑作だったね、池脇千鶴はチト太めだったね。

同じく「相棒」の脚本家による2時間SP「越境捜査」も、やや粗い展開だったが、そこそこ見応えはあった。当方、ミステリー・フリークだから「驚愕の真相」にはあまり関心がない。たいがいの「どんでん返し」を見てきたからね。謎と謎解きの、いわゆる整合性が一定のレベルを実現していれば、いい。つまり、うまく騙されたい。その点、少し物足りなかった。

残念ながら、さらに同じく「相棒」の監督が演出したスペシャル「氷の華」は、その4時間を返せ、だな。犯人をめぐる動きは、こちらのほうが大仕掛けではあったけれど、最初の30分で、直感的に指摘できてしまった。原作が、最初は自費出版だったものを大手が目をつけ、そして映像化、と聞き、期待したんだけど。オリジナル未読につき、フェアな感想ではないだろうが、なんだか下手くそな脚色、つまんない設定変更、役者は人気だが決して上手くなく、わざとらしい演技で犯人がわかってしまったり、etc. やはり、監督の腕だけではどうにもならないんだなあ。

テレ朝ばかりだが、「四つの嘘」は、良かった。数字は大して稼げなかっただろう、でも、良かった。永作博美が出ているから、良かった。寺島しのぶも、高島礼子も、役者してた。話は特段エキサイティングではなく、最終回も静かなままに。原作・脚本が大石静だから? いや、シャレのつもりはなく。とにかく、ドラマらしいドラマ、とでも言おうか。

意外だったのは、「コード・ブルー(ドクターヘリ緊急救命)」。主人公たちは、若手、というか、ま、それなりのタレント。正直に書けば「ジャリタレ」と思っていた。仕事で小さな接点のある新垣結衣を、いちどくらいは観てみるか、と、初回は、何となくチャンネルを合わせた感じ。ところが結局、振り返ればハマっていた。こういうのが、きっと演出の腕なんだろう。演技は程よく抑えられていて、妙な軽さはなく、お涙頂戴シーンもわざとらしくなく。だから、リアリティを感じた。

逆に、貫地谷しほり狙いの「あんどーなつ」は、これといった波乱もなく、あまりに当たり前の展開に、3回目で挫折。あんな役は彼女でなくてもこなせる。脇をステキな役者たちが固めているのに、惜しい。もっと、高いレベルの演技に挑戦してもらいたいなあ。

ところで、「篤姫」。文句なく面白いのだが、高視聴率のせいか、いささか「愛」だの「家族」だの言い過ぎだよ。いかに「ホームドラマ」とはいえね。「歴史もの」という基調がなおいっそう薄まると、通年企画の「大河」としての価値も低くなってしまうのでは。言い換えると、1クールの連ドラを3クール(結果的には4クール)続けざまに流している、というような感覚。

蛇足。深夜枠で(関東だけかも)再放送の「百夜行」、これ、オリジナルでも観たし、原作も読んだが、好き嫌いの分かれそうなストーリー、だけど、切ないね、やるせないね。さらに、音楽が、見事にマッチ。観るのが辛くなる、虚構であることを忘れてしまうほどの、迫力のあるドラマは、滅多にない。この作品の綾瀬はるか、うまいわけではないけれど、イイ。子ども時代を演じた福田麻衣子も、その後の活躍を予感させる。だけど、二人とも、これを、まだ超えていない気がするなあ。

|

« さあクライマックスへ | トップページ | 秋の夜長に »

コメント

野球の事は忘れて・・・
はいpaperお疲れさまでしたsweat02
まぁ最後はいい負けっぷりだったので
悔しさはありませんでした。

ドラマの秋ですね。
夜、主人の帰りが遅いので一人で待っていると
どうしてもテレビはつけっぱなし状態coldsweats02
私はこれsign01と言ってハマっている
番組はありません。
が・・・
見続けている番組はあります。
【渡る世間は鬼ばかり】
木曜日の9時になるとTBStvにまわして
「まわして」と言う表現は古いsweat01

もう何年見続けているのでしょう・・・
なんで見てしまうのでしょう?
最近はドラマの内容も世間と合わせているのか
親の介護の問題など取り上げていますよ。

そうそう30日のSMAPのコンサートに
泉ピン子さんがいらしていて
メンバーと一緒にバックステージに
上がって踊っていましたhappy01

妹さんもコンサート行かれたのですねheart04
同じSMAPファンで嬉しいデスkaraoke
肩こりはやっと治りました。

投稿: みゆみゆ | 2008年10月 3日 (金) 15時22分

みゆみさんは、おとなだなあ~。。。にわかファンだけど、こんな僅差、悔しくて。。。好きなチームが皆、Bクラスだなんて。。。

「渡鬼」ですか、、、あはっcoldsweats01どぉも趣味が合いません。作家も役者もステキなんだけど、このドラマだけは。。。ハマる人はホント、完全没入してますね。

投稿: hiperk | 2008年10月 4日 (土) 13時02分

訂正( ̄Д ̄;;
「百夜行」のなかで「福田麻衣子」とあるのは「福田麻由子」の誤りです。トホホ。
しかし、観れば観るほど、切ないドラマだ。初放映時に視聴率が取れなかった(平均で12%くらいだとか)のが不思議である。ま、誰にでもという感じではないけれどね。マイベストではトップ10入りかな。

投稿: hiperk | 2008年10月 8日 (水) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さあクライマックスへ | トップページ | 秋の夜長に »