« 3年目の・・・ | トップページ | 黙祷 »

2008年10月25日 (土)

母親の誕生日、祝っていますか?

私事ながら、きょう10月25日は母の誕生日。「私事」って、わざわざことわることでもないか、どうせ、このブログ、常に「私事」ばかり書き連ねているわけで。

でもって、母親の誕生日、祝います? もちろん同居の場合は別にして(いや、昨今、それでも知らん顔はアリかも)、所帯が別なら、あまりやらないものか。いや、そこは必須か。
それぞれに、大きく異なるのでしょうね。必ず祝うという親孝行な人も多そう。「そう言えば……」といまさらのように考える人も少なくないかも。
年齢にもよるかな。結婚して新たに家庭をもつ時期、そこまで気にしていられないか。でも、子どもが生まれると、孫・祖父母の関係は親子よりも濃いようなので、いきおい話題になる可能性も高まるか。
物理的距離が遠いと、電話やカードで済ませるもの? 近くに住んでいたりすれば、まあ、「メシでも」も当たり前かな。
心理的距離も、大切な要素でしょうね。みんながみんな、仲の良い親子とは限らないし。特に悪いということはないにしても、毎年祝うのは、なんだか「親離れ」(「子離れ」?)できていないような気もする。

さて、当方? ふぅむ。もちろん小学生とか、肉体的に子どものときは、お小遣いを貯めて、何かを買って贈ったりしていた。これ、ふつうですよね。大学生くらいになると、やめてしまったような記憶。こっちも年頃になると、こういうの、ちょっと恥ずかしくてね。社会に出て、最初の給料で、って、ありがちだが、覚えていないなあ~。してないかも。それに、誕生日プレゼントといえば、なにをさておいても、まずは「カノジョ」だしね。

当方、その後は生活拠点をアメリカに移したので、カードか電話はしたかもしれないけれど、特別に祝ったことはない。で、結婚して、とりあえずは、連れ合いのほうに気を遣うので、逆に嫁から姑・舅へ、という感じだったか。
前述のように、子ども生まれると、「孫」としての存在価値が高まり、子として母に父に、というのはなかったと思う。
結局、このあたりからは「疎遠」というのか、我がほうの人生そのものが「働き盛り」というのか、ま、つまりは多忙になっていくわけで。「それでも誕生日くらい」と指摘されれば確かに。でも、まあ、正直、30代から40代、それどころではなかったなあ……。

独り身に戻って、少しだけ、母や父の誕生日を気にかけるようになった。相手が70代80代と、いわゆる老境に入ったことも影響したかな。まあ、それでも、少しだけ。

去年の誕生日には、当日は会えなかったので、メールした。喜んでくれた。その数日前に、ささやかながら食事会を開き、母の喜寿(77歳)を祝った。

残念ながら、78歳の誕生日は、祝うことがかなわなかった。この日は、母の初七日法要の日になった。せめて、もう一回、祝ってあげたかったなあ……。

|

« 3年目の・・・ | トップページ | 黙祷 »

コメント

両方の母の誕生日必ずお花を贈ります。birthday

私は小さな頃はなにもしなかったかもsweat01
就職してからはケーキ(好物のアップルパイ)を買って帰った・・・
主人と結婚してお義母さまにお花を贈るようになってから自分の母にもお花・・・

ず~っと親はいるものだと思っていましたが
自分が年を重ねてくると
ときおり悲しいことも頭に浮かびます。
やっぱり顔を見せる事が一番ですかね?

投稿: みゆみゆ | 2008年10月26日 (日) 12時48分

そうでしたか、喜寿を祝えたとのこと。
一般に「親孝行したいときには親は無し」ですが、何より。
しかし、一年後にお別れとは、それも辛いかも。

その葬礼の場で「新しいお嫁」さんを披露できたと。それは、お母さんの最後の気配りかも。そう思って、感謝しましょう。

上野千鶴子さんの「おひとりさまの老後」が大ベストセラーになり、ロングセラーになっていますが、愚生は「おふたり派」でして。

おふたりで遺されたお父さんを、また相方、いや新しいお嫁さんのご両親を大切にされて下さい。

すごい「私事」の話を公開して恐縮。

投稿: seigu | 2008年10月26日 (日) 16時37分

レスが遅くなり、ご容赦。会社勤めではない、というのは時間の融通性においてメリットがありますが、今回のような場合、「忌引き」が取れず、仕事と平行しての日々。

この1年あまり、別所帯となって以来、最も頻繁に母と顔を合わせたと思います。プラスして電話とメール。いくつかのメールは永久保存です。

大切にしつつも、あと3回は「おくりびと」にならざるをえないわけで。世の習いと、受けとめています。

投稿: hiperk | 2008年10月28日 (火) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3年目の・・・ | トップページ | 黙祷 »