« さあ、ドラマの秋だ | トップページ | 最高のビジネスモデル »

2008年10月 6日 (月)

秋の夜長に

月例の修羅場ゆえ、予定稿です(つまり、リアルタイムではなく、あらかじめ書いておいた原稿です)。
きょうは、映画の話。テレビドラマよりは、やはり金も手間もかけているから、それなりに見応えはあるけれど、それでも邦画はハリウッドには敵わない。

劇団ひとりの原作による「陰日向に咲く」、ふむ、ま、悪くはないんだが。これといって印象に残らない、少し時間が過ぎると、もう覚えていないんだなあ。もちろん、米国映画でも多くは同様だけどね。雰囲気は、しっとりしていて、うん、そうなんだよね、これ、原作のほうに興味があるなあ。こんな感じの小説を書く、お笑いの感性って……。
「魍魎の匣」、こちらは京極さんの原作だから、そりゃもぉ、アヤシイ雰囲気十分で、スクリーンでも(って実際は24インチ・モニターだけど)、ワクワクドキドキ。だけど、これも、そんなには残らない。堪能したか、というと、合格点ギリギリのラインかな。

この2作品に限らないけれど、役者がね、ちょっと出過ぎ、というのか、テレビでもドラマやらバラエティやらでよく見るし、なかにはコマーシャルでも。もちろん「生活」があるでしょうけれど、あんまり頻繁に露出したり主役を張られたりすると、こちら側としては、ちょっと、シラケル、というのかなあ。虚構世界に没入しずらくて、困っちゃうね。

「クワイエットルームにようこそ」は、芸達者が揃ったためかな、いつもの顔ではあるが、楽しめた。内田有紀は、いい芝居していた。やはり、大竹しのぶは、スゴいなあ。きっちり演じていたもの。あと、大して知らない女優(りょう、平岩紙)もいて、(たぶん)若いのに、なんか、けっこう頑張っていたね。
あぁ、これも、原作があって、その映画化か……。
同様に「震度0」、原作は未読なんだけど、この作家(横山秀夫)のは何作か読んでいるので、うまく映像化したんだろうと予想できる。これも、役者たちは馴染みだが、しっかり演じていたと思う。観ているとき、現実に引き戻されなかったからね。

さて、洋画では、「ヘアスプレー」。久々にカンドーした。どうってことのない平凡なストーリーなのだが、躍動感が伝わってきて、楽しい気分にしてくれた。ミュージカル(だと思うけれど)ってイイなあ、ってね。トラボルタの「仮装」は、ま、ご愛嬌。

「アイ・アム・レジェンド」「AVP2」「28週後...」「ジャンパー」、このあたりは、リーズナブル、というのかな、高い評価はできないし、細かい点で、ちょっとね……という突っ込みどころはあるのだが、80点あたりをつけたいと思わせる。CG処理の質が高く、さすがに「大作」ではある。そうそう、「バンテージ・ポイント」は、面白かった。素直にそう思う。

「クローバーフィールド/HAKAISHA」は、大作なのかな、わかんないけど、有名な俳優は出ていなかったが、制作費は小さくあるまい。心配した「手ブレ映像」は問題なかった。いや、よくもまあ、こんなストーリー展開(いわゆる侵略モノ)なのに「一人称」視点で描ききったものだと、感心。謎がたくさん残ったが、どうやら続編があるらしい。「2」でうまくまとめられたなら、そうね、95点くらい、つけたいなあ。

ここ数か月では、「ミスト」が最も印象的だ。原作はスティーブン・キング、これまた未読(かなり既読しているのだが)。100点満点ではないけれど、いや、もしかしたらB級なんだけど、随分と久しぶりに、衝撃のラストを味わった。原作とは違うらしい。ふむ。よくもキングが認めたものだ。でも、それほど、素晴らしい結末だ。「素晴らしい」は適切ではない表現かな、賛否両論あるだろうし、ぼく自身、必ずしも、あのような終わり方に賛同しないが、でも、完璧に予想を裏切られた。

「再会の街で」は、これこそ、「愛と涙の映画」。良質だ。日本映画では、どうして、こういうレベルの作品がつくれないのだろう。悲しいね。

最後に、ドイツ映画「4分間のピアニスト」、たまにはハリウッドの匂いがしないものもいい。ピアノに対する、ある種の思い入れがあるので、こういう映画は好きだ。

|

« さあ、ドラマの秋だ | トップページ | 最高のビジネスモデル »

コメント

おはようございます~♪

映画たくさんご覧になりましたね
この中で私が観たのは「アイ・アム・レジェンド」だけでした
この映画は面白かったです
ウィル・スミスは、最近観た「ハンコック」でも思いましたが、すごく目に魅力がある人だなって・・・
切なさや孤独感も目で演じる人だなって・・・と私には思えるのですhappy01

私は最近週に一回映画館に行っていますが、
洋画を観る方が多いです
でも、先週何も期待せず観た「イキガミ」が思いがけず面白かったです
脚本もカメラワークもカメラのタッチもよかったし、よくできた映画だなと思った私ですmovie

投稿: vanilla | 2008年10月11日 (土) 09時56分

おそようございます。coldsweats01
「アイ・アム・レジェンド」は、たしかにウィル・スミスが良かった(実の娘も可愛かった/愛犬サムには涙weep)。「インデペンデンス・デイ」あたりが出世作でしょうか、「ALI(アリ)」での演技は凄かった。ですが、、、映画としては、なんだか「ゾンビ」ものになってしまったようで、イマイチ。せっかく「地球最後の男」という設定なのになあ……。
その点、いつものことでご容赦、わが小松左京氏の小説「こちらニッポン…」は30年以上も昔の作品ながら、「独り残された」感が、文字で、見事に描かれていて。読んだときに受けた、孤独感みたいなもの、この映画を観ながら思い出し、比べてしまいました。
「ハンコック」「イキガミ」、そのうち観ます。

投稿: hiperk | 2008年10月11日 (土) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さあ、ドラマの秋だ | トップページ | 最高のビジネスモデル »