« イイカゲンに | トップページ | 200回記念 »

2008年9月 1日 (月)

秋の始まりに

9月になってしまいました。って、結局、8月後半は更新をサボってしまい、うかうかしているうちに夏が去ってしまったなあ~感、もちろん、まだまだ暑い日は続くのですけれど。

ネタに詰まったわけではないが、困ったときの「書評」とばかり、Vさんに薦めた縁もあり、「ふりだしに戻る」(ジャック・フィニィ著)でも語ろうかと、再読、始めたのはよいのですが、上下巻の下巻の中ほどで中断、てゆか、なかなか読み終わらないのです。
いやはや、まったく、どうしたことでしょう……。マイベスト100は間違いない作品、つまらないなんてことはまったくありません。なのに……、読み進めるのが、いささか辛く。本自体の問題ではありません。「本を読む」という行為が、こんなにも敷居の高い作業なんて、想像だにしていませんでした。

たしかに、今夏は猛暑・酷暑で、「夏バテ」ゆえ、かもしれませんが。それにしても、不得意なスポーツの分野ではなく。「持続力」みたいなものが、明らかに後退しているんですね。だけど、コトは読書、いかに気が緩んでいても、これほどまでに集中力が維持できないとは……。
ご長老をさしおいて「老躯」のせいにはできません。が、加齢から目を逸らすわけにもいかないようです。

唐突ですが。若いころ、ある大脳生理学者に、「分裂気質と躁鬱気質と両方をもっている」と言われたことがあります。正確な「分析」ではありませんし、まして「医学的所見」でもなく。ただ、まあ、いちお京大の現役の先生でしたし、で、いわく、相反するらしい、この二つの「傾向」を同時に内包しているのは珍しい、とか。

また、以前ここで触れたM先輩からも「二つの矛盾する感情の絶妙な均衡が、好きだろ?」と。

お二人の、この言葉は、そのときにはピンとこなかったのですが、その後の人生を、いま振り返ると、果たして、ぼくは、そういう気質を持っているようです。平たく言うと、行動・生き方などが両極端に走る傾向でしょうか。でも、行ったきりにはならない、その極から必ず戻ってくる、そして、反対方向へとまた走る、そんなことを繰り返しつつ、結果、バランスを保つ、というような感じです。
ですから、あるときは躁、またあるときは鬱、みたいな時期もあるにはあるのだけど、躁鬱病ではないかと疑うほどには、それに囚われない。一瞬、悩むが、長続きしない。その意味で、楽天家です。でも、「好事魔多し」は、マイベスト3くらいの座右の銘でもあります。

ところが。どうも、最近、その、バランスが崩れつつあるような、そんな気がしています。自ら認識できるくらいだから、おそらく、大したことはないのでしょうけれど、でも、なんだか、これまでの自分とは違ってきているような、そんな自覚は、いささか、いや、かなり座りが悪い。

てなわけで、「老人性うつ」について、チラッと調べてみたのですけれど、ま、当てはまるところもあれば、当てはまらない面も少なくないので、そんなに心配することはないようです。でも、「老人性そう」が、よくわからない。鬱があるなら躁もあるはずなのになあ~。老いてからは鬱しかないのでしょうか。

ま、いいや。「朝の来ない夜はない」。同時に、「夜は必ず来る」わけで。

|

« イイカゲンに | トップページ | 200回記念 »

コメント

おはようございます。
今日から9月・・・もう秋ですよ~~~maple
食欲の秋apple美味しい物がたくさんでてきますね。

私もこの何年かで、性格が少々変わってきたよに
思います。
簡単に言うと【心配性】になったと言う感じです。
昔はB型そのものでしたが今は色々な事を心配してしまいますsad
年のせいですかね?
周りに心配する状況が出てきたこともありますが・・・
>「朝の来ない夜はない」。同時に、「夜は必ず来る」
そうですねpaperその通りですgood

話はかわりますが・・・
この週末に最後の遠征で仙台に行ってきました。
今回で4回目なのですがお天気がイマイチでしたsweat01
が・・・2勝できたので大満足baseballです。
最近、高速道路すいてますね。
今回も渋滞なしでしたよrvcardash

投稿: みゆみゆ | 2008年9月 1日 (月) 09時25分

こんばんはnight

hiperkさんのお勧めの「デイルズバーグの春を愛す」取り寄せて、読みはじめたのですが、10ページも読まないうちに挫折してしまいました(トホホ)
本ってそれを読む適齢期ってあるように思うのですが・・・(言い訳ですかね~happy02

>「二つの矛盾する感情の絶妙な均衡が、好きだろ?」
絶妙な均衡、気持ちよさそうですね!
私も味わってみたいです^^

>躁鬱病ではないかと疑うほどには、それに囚われない。一瞬、悩むが、長続きしない。その意味で、楽天家です。
私もここはちょっと似ています
思い悩んでもある時すっと気持ちを切り替えることができます
悩むことを持続する力がないのか、悩んでることがばかばかしく感じられるんです
結局たいした悩みでもないということなのでしょうか?happy02

投稿: vanilla | 2008年9月 1日 (月) 22時16分

baseball仙台遠征、おつかれさま。って、みゆみゆさん、フットワーク軽いっすね、うらやましい。
それにしても、スカッと5連勝くらい、してくれませんかねぃ。。。2-5位のダンゴ状態、だんだんと胃が痛くなるよぉな。
当方、本日は東京都心を通過し神奈川県近くまで遠征、いえ、チト野暮用で。うまく雨を回避しつつ、さきほど帰宅。留守中に永田町はエライことになって。。。typhoon

投稿: hiperk | 2008年9月 2日 (火) 02時07分

本を読む適齢期か、、、なるほどね。何事にも適した年齢というものがあるのでしょう。
きょうも電車に乗っている時間がそこそこ長かったのに、ほとんど読めず。ま、帰途はアルコールのせいですけれどbottle
「大した悩み」がないのなら結構なことですよ。当方は、悩んでるのがイヤになって逃げ出すのです。逃げてばかりなので、いろいろな問題が片付かず、山のように。。。そうした「ゴミの山」の上での均衡かも。いつ崩れだすか、、、考えないことにしています。

投稿: hiperk | 2008年9月 2日 (火) 02時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イイカゲンに | トップページ | 200回記念 »