« 「残暑」ですね | トップページ | 秋の始まりに »

2008年8月14日 (木)

イイカゲンに

前項のコメント欄で、seigu翁いわく「50代半ばには会社を辞めるかどうかで悶々としていた」と。
当方は、生涯で5回かな、ふむ、「職を転々」に近いね。

20代初め、最初の、文字どおりの「転職」。ここでも以前に触れただろうけど、仕方なく勤めた会社、セールスの仕事がイヤでイヤで、日々がどうしようもなくつまらなかった。だからワクワクしていた。それに独り身だったし。

30歳直前、これは、アメリカからの帰国を伴うもので、つまり生活の場も変えたわけだから、そのうえ家庭ももっていたし。仕事そのものに何の不満もなかった。大きな結節点だった。でも、あまり悩まなかった。若かったんだなあ、と思う。

32歳のときは、前に書いたかな、覚えてないや。編集の職にはあったのだけれど、会社の体質が好きではなかった。少しだけ逡巡した。でも家族が一人増えることを知って、決心した。辞めてから何年かして、倒産の報を耳にした。その瞬間を経験しても面白かったかも。そんなことを夢想する程度の余裕があった。

37歳の転職は、「喧嘩別れ」。振り返れば、この一度だけだ、卓袱台をひっくり返したのは。何も考えていなかった。オフィスを飛び出し、駅の公衆電話で「キレた」と家人に告げた。次の職場が決まるまでの3か月は、かなり辛かった。

そして43歳。さすがに、なかなか決心がつかなかった。辞める理由はいくらでも挙げられた。でも分別も、それなりに。一部上場関連会社。年収は大台の一歩手前。肩書きは「部長」。辞めない理由のほうが多かった。相談もした。だけど結局、いざというとき、ふだんの「理屈」を超えてしまう。「直感過たず、過つのは判断である」との、もうひとつの座右の銘に従った。とはいえ「サラリーマンを辞める」のには、こんなぼくでも、相当の勇気が必要だった。

それからの13年間は、いわば現在進行形だが、そかぁ、もう13年になるのか……、ちょっと感慨。ロトで3億円でも当てないかぎり、8年後もほぼいまの形だろうから、いずれ「雇用されている」人生よりも長くなるわけで。予想だにしなかった展開ではある。

そのときそのときを、ぼくは、自分なりに、懸命に生きてきた。会社という括り方では最長6年かな、だから、たしかに職を転々としてきたわけだが、仕事をいいかげんにはしてこなかった。営業の1年だって、真正面から立ち向かっていった。人、それを「努力」と呼ぶかもしれないけれど、本人に、そんな自覚はなかった。ただひたすら、働いてきた。

幸い、そう、ホントに幸いだろう、仕事は好きだ。てゆか、好きなことを仕事にしてきた。最終電車で帰宅する日々が続いても、キツイとは思わなかった。昔から、休日に自宅で原稿を書くのを厭う気持ちは、なかった。睡眠時間を削っても、家庭を顧みない瞬間があっても、基本的には楽しんできた。

ある意味で、モーレツに働いてきた。だけど、「ポキン」と折れてしまうような、そんな関わり方もしてこなかった。倒れるのなら前のめりに、と考えてきたけれど、実際、その予感がしたとき、ぼくは、逃げた。カッコイイ表現をするなら、柔軟に対処した。思考が硬直化するから、挫折するのである。自らを俯瞰できないから、対応を間違えてしまうのだ。

そりゃ、もちろん、いくつもの過ちを繰り返してきたけれど。後悔することは何もないなんて言えないけれど。もしも可能ならやり直したい事柄もあるけれど。「これでいいのだ」と断言する自信はないけれど。

でも、まあ、こんなところかな、っていう、いいかげんな、そんなふうなやりかたで、これまでやってきて、これからもやっていくだろう。

しなやかに。たおやかに。

|

« 「残暑」ですね | トップページ | 秋の始まりに »

コメント

おはようございます
まだまだ暑さきびしいですねsun

お仕事についてたくさん書いてありますね。

女性は結婚したら専業主婦になる人も中にはいて
(私もその一人)
仕事から離れる人もいますが
男性=仕事みたいなところありますものね。

hiperkさんのように好きな事を仕事にできれば
それに越した事ないですよね。
うちの主人も朝早くから夜遅くまで頑張っています。
感謝heart04感謝heart04

今朝なんでこんな時間にコメントを書いているのかと言うと
主人が朝方4時頃にイカの夜釣りから帰ってきて
私が一夜干しと塩辛を作っていたのです。

マリンの次に釣りも同じ趣味ですpisces
hiperkさんの趣味は何ですか?

それにしてもどのチャンネルもオリンピック一色baseballですね。
開会式の『口パク』『CG合成』にはあ~またか・・・
と言う感想です。
ギョウザ事件と相変わらずですねcoldsweats02


投稿: みゆみゆ | 2008年8月15日 (金) 07時31分

どうしてもお寄りしたくなります。寄ったのがばればれなので、少し気がひけますが。次には桑原さんのブログに行くのです。14日の雑談が読めます。

「いい加減」という言葉のうんちくは別にして、「よい加減」に仕事を選んで努めてきたと読めました。転職は怖がらず、しかし自らの信念に照らして、というところですか。
「しなやかに、たおやかに」。そういきましょう。今朝は短く。

投稿: seigu | 2008年8月15日 (金) 07時45分

なるほど、みゆみゆさんのところは、海辺マニアなんですね。
あらためて趣味はって訊かれると、うぅむ。「仕事」、なんて答えると、嫌味かなぁ。でも、いろいろなことを仕事に結びつけてきたので、本を読んだり映画を観たりするのも、「仕事とは別の」とは言いにくいなあ。
相方に言わせれば、たぶん、「わたしの日本語にイチャモンつけること」かも。

それにしても、主婦って立派な仕事ですよね。以前からそう思っていたけど、独りになって家事を毎日していると、つくづく大変な仕事だと実感します。おかげさまで最近では、スーパーの値引きや定期的なセールのタイミングをインプット。相方に稼がせて専業主夫も、いいかな、なんてcoldsweats01

投稿: hiperk | 2008年8月15日 (金) 13時40分

定期巡回、ありがとうございます、翁。でも、なんか、その言い方、「悪いことはやめられない」ような雰囲気ですよぉ。「ばればれ」なんてぇ。気になさらずに。
old-dreamer氏のブログは定期購読しています(絵が好きじいさんも)。ときどき難しくて、アリバイみたいなときもありますが。

あ~、seiguさんもniftyですが、「マイニフティ」は設定されていません? そこに「ブログクリップ」の項目をつくると、任意のブログについて、その更新が自動的に表示されるので、便利です。

投稿: hiperk | 2008年8月15日 (金) 13時42分

有難うございました。
「マイニフティ」なんぞ、知りませんでした。
いま、ようやく設定し、いくつかのブログを登録しました。
便利というか、複雑な心境。あれこれ教えていただかないと。今後とも、よろしく。

投稿: seigu | 2008年8月16日 (土) 17時06分

おはようございますsun

まだまだ日中は暑い日が続いていますが
夜はもうすっかり秋の気配、虫の音が綺麗です
もうセミの声も少なくなってきましたし
秋が近づいていますね

hiperkさんは今はご自身で何かなさってるんですか?
職を変える人って、あきっぽい人か、自分に自信を持ってる人か、なのではないかしら?と今までそういう人を見てきて思っています
hiperkさんは、どこでもどんな仕事でもやりこなせる自信を持ってらっしゃるから思い切りも持てるのではないかしら?

一回きりの人生ですもの、自分の好きなように歩いていけたらそれが一番ですねhappy01

投稿: vanilla | 2008年8月19日 (火) 08時30分

いまのぼくの状況は、なかなか簡単には説明できません。とりあえず、seigu翁も口にしている「個人事業者」というやつで、編集関係の仕事をしていると。ま、フリーライターみたいなもんです。

あらためて考えると、しかし、翁の指摘の「信念」ではなく、「自信」というのとも少し違うような気がします。ブログにも書いたかもしれないけれど、ぼくは「帰属意識」が相当に薄弱なのです。
会社に勤めても、仕事自体には愛着があるものの「愛社精神」は微塵もなく。転職に抵抗感がないんですよね。
それに、書いたように、「職を変えた」のは最初だけです。あとは、会社は違えども一貫して「編集」畑を歩いています。ひとつの会社に長く勤務しても「職種」は変化しますよね。技術職から営業職への異動とか。それに比べたら、ほとんど同一の仕事をしてきました。
常に、もっと楽しみたい、エキサイティングな日々を送りたい、なるべく自分を偽らないことをしたい、少しは報酬も欲しい。そんな気分で30年余。

理屈っぽいことで申し訳ないけれど、外から見えるであろう「好きなように」は、たぶん歩いてないと思います。かなり「不器用に」生きてきました。「思い切り」も意外に悪いんですよ。

ただ、そうです、一度だけの人生ですし、なにより自分のためのものですから。政治・社会・人間関係に「左右」されてきたけれど、それらの「せい」にはしまい、と。すべては自己決定であり、自己責任ですよね。うん、つまり、「覚悟」の問題かな~……。

投稿: hiperk | 2008年8月19日 (火) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「残暑」ですね | トップページ | 秋の始まりに »