« インテリ女はお嫌い? | トップページ | 「残暑」ですね »

2008年7月23日 (水)

『お茶漬けの味』

SFのなかで、何が一番か、無前提にそう問われたら、即座に、ぼくは、小松左京の『お茶漬けの味』(「地には平和を」掲載)を挙げる。タイトルはSFっぽくない。それほど長くもない。しかし、極めて示唆に富む作品である。

簡単に筋を述べれば。長い宇宙旅行から戻ってきた主人公(日本人)が目にしたものは、すべてが自動化されている地球だった。そして、機械は、人間を排除していた。何故なら、最も「非効率」な存在だから。文明を失った人類は、ごく少数の生き残りが山間部で、ひっそりと生存しているだけ。
この基本ストーリー、これまでに幾多の、似たようなアイデアの小説・映画で、さまざまに発展・継承されていることは言うまでもない。
そんな絶望的な状況のなか、主人公は、自給自足の生活を始める。茶の木を育てる。何年後かに、美味しいお茶漬けを食べる、という夢を見つつ。このオチが、たまらない。同様の作品で、こんな素晴らしいラストシーンを、ぼくは知らない。

さらに、文明崩壊のプロセスを語る老人の、「進歩は無条件にいいこと」への反省は、ぼくに衝撃を与えた。読んだのは1970年、奇跡の高度成長の真っ只中だ。前進することへのアンチテーゼなど、ほとんどの人間には無縁だったはずである。以来、ぼくの人生における基本テーゼになった。
ときおり、このブロクなどで、「進化」「成長」は、まったき善ではないと語る原点は、この小説にある。類書は少なくない。小松左京は、繰り返し、「進歩とは何だろう」と問い続ける。

そのあまりに、70年代後半以降、リアルな世界で、その答えを模索する作業へと「転進」してしまったようだ。たとえば、「国際花と緑の博覧会」(1990年)では総合プロデューサーを務め、「関西新空港の整備」「研究学園都市(けいはんな)の創設」なども提案、関西財界などのブレイン役としても、よく名前が出た。その分、作家としての活動は、こちらの期待に応えるものではなくなった。残念である。

ちなみに、ハヤカワのポケット・シリーズ『ある生き物の記録』のなかの掌編『新都市建設』は、ネタバレになるが、平城京遷都を扱ったもので、15年ほど前、とある雑誌の企画で「京都・奈良」をテーマにしたとき、これを取り上げ、小松左京氏にインタビューし、いや順序が逆だな、左京さんに会いたくて、この作品を選び、強引に企画趣旨をまとめた、ま、そんなこんなの公私混同により、『ある生き物の記録』にサインをもらった。家宝である。Photo_2

|

« インテリ女はお嫌い? | トップページ | 「残暑」ですね »

コメント

こんばんはwink
毎日暑い日が続いていますね・・・

昨夜・・・ではなくて今日の夜中の地震には
ビックリsign03

また東北でしたねsweat02
前回の地震の片付けが終わっていないでしょうに・・・
ホントに怖いです。

お茶漬け・・食べてないなぁ~restaurant
永谷園のお茶漬け美味しいですよね。
昔の人のお茶漬けの『具』は何だったのかしら?

本のサインお宝ですね~book
某番組の000鑑定団に出したら・・・きっと・・・eye

私事ですが・・・
明日からモツ鍋と明太子ととんこつラーメンを
食べに主人と福岡に行ってきますbullettraindash
って・・・
baseballの応援ですhappy02

投稿: みゆみゆ | 2008年7月24日 (木) 20時42分

地震は、現地の人によると(ってzunさんのことですけど)6月のときのほうが揺れたとか。でも、こっちでは、今回のほうが大きく感じましたよね。翌朝の取材のために早寝しようと思っていたんですが結局、2時過ぎまでニュースに釘付け。

はるか昔なら、お茶漬けの具は何もなかったでしょうね。ぼくの子どものころで、せいぜいタクワンとかウメボシとかの漬物が少々。高度成長で、それが京都の「しば漬け」や「千枚漬け」などに(って関西人だからかも)。ゼータクになった。永谷園のもの、これは最近(といっても20年前あたり)だなあ~。

サイン本とはいえ、ご健在の作家ですからね。。。ま、そもそも当時の価格300円ですが、少なくとも現在では4ケタのはず。というか、市場に出回っているんだろか。。。

おぉ、Aクラス決戦ですね、ヤフードームで。王さんには泣いていただきましょう。白星のお土産、よろしくね~baseball

投稿: hiperk | 2008年7月25日 (金) 00時43分

せっかくお寄りしたので、一言。
小松左京の世界は、老愚生には異界。『日本沈没』は本を読み、映画も見ました。その当時、CGは大変な人手がかかって、その経済的凄さが印象に残っています。

本の中に、対応策を協議する知恵集団がたしか京都の学者たちで構成されていたと覚えています。80年代半ば、ME革命に関する研究集団が文部省だったかが京都に組織し、その小さい集会に呼ばれて話に行ったことがあります。以前にも書きましたかね。そうそうたる学者たちが集まっていて、会の後、ホテルのバーかでそれぞれに紹介されました。その時、小松左京の世界がこうだったのかと思ったことが思い出されました。
いま、日本沈没が地震学上と政治経済上で懸念されています。京都で対策が練られているのですかね。
よしなしごと、でした。

投稿: seigu | 2008年7月26日 (土) 10時03分

週末はヤボ用で。
はい、原作では、日本の政界の黒幕的存在・渡老人の箱根の別荘で、京都の学者たちで構成された集まりが救出プランを練る、という設定で、そのなかの一人、比較文明史専攻の福原という京大教授は、国土を失った日本民族が「新しい国をつくる」「分散して帰化する」「どこにも受け入れられない」の3つを想定したことになっています。
最も興味深いのは、4つめの選択肢として「何もしない」というプラン。もはや「計画」ではありませんが、「沈む国土とともに民族ごと滅ぶ」という突拍子もない考えは、20歳のぼくにも、幾ばくかの衝撃を与えました。半世紀を越えたいま、これこそ現実的で相応しい方法ではないかと感じてしまうほどに、歳月の経過・加齢による変化は予想を超えるものだと、我が事ながら、感心してしまいます。

投稿: hiperk | 2008年7月28日 (月) 01時46分

こんにちは!
福岡はさんざんでしたsweat02
まさかの3タテdash

でも美味しいものをたくさん食べてきたので
OKとしますかnoodle

今回の旅もJR東海ツアーズを利用しましたよbullettrain

5時間はキツイかなぁ~と思っていましたが
乗ってみたら快適happy01快適happy01

私達夫婦だけでした・・・
乗った瞬間に缶beerをシュパッと開けていたのは・・・

投稿: みゆみゆ | 2008年7月29日 (火) 12時42分

おつかれさま、みゆみゆさん。
ぼくも以前、あるリサーチのため福岡まで「のぞみ」に乗ったことが。車中ではほとんど寝てましたけど。
残念な結果でしたが、でも、本日は快勝。ま、相手が楽天・野村サンなので、ちょっと。。。
2-5位は相変わらずの団子状態。まだまだ、わかりませんね。せめてマリンに行きたいなあ~。

投稿: hiperk | 2008年7月30日 (水) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インテリ女はお嫌い? | トップページ | 「残暑」ですね »