« おもてなし | トップページ | スゴイ時代だ »

2008年5月 5日 (月)

野球オヤヂ

前にも書いたけれど、「わが栄光の」長嶋さんが監督を解任されて以来、ぼくは野球から遠ざかっていた。が、「わが栄光の」相方が実は、かなりのロッテ・フリークで、その影響をモロに受け、ジタバタしている。
パートナー同士の趣味が一致しなければいけないなんて、もちろん思っちゃいない。いや、むしろ、好きなモノはバラバラのほうが楽しい。関心の低い領域の事柄に触れる機会が増えるからで、それがお互いを高める。興味の対象が同じであれば、たしかに、摩擦は少ないだろう。でも、抵抗のない関係性なんて、つまらん。
実際、相方とぼくとの嗜好は、相当に異なっている。おかげで、相方にはいささかのストレスが生じているようだが、ぼくは、いろいろな発見を、この年齢でできる喜びを享受している。

そんなわけで、かつての「野球小僧」が復活しつつある。子どものころ、2人いれば即、家の前の小路でキャッチボール、3人集まれば一人が打者に。なまじバット(「手」というケースも多かったけれど)に当たれば球は転々生活空間、大騒ぎして追い掛けて。下手すりゃ、どこかの窓を割ったり。4人ともなれば2対2でプレイボール。キャッチャー役が敵側であることなど問題にせず。5人以上の規模になると、さすがに近所の原っぱへ。そう、「三角ベースボール」の世代である。空き地にもコト欠かなかった
そして、長じて。新橋界隈のオヤヂたち同様、監督の采配から選手の細かい動きにまで「評論家」していた。あのバントは失敗だとか、継投ミスだとか、審判の判定にまで毒づき、勝手にオーダーを組んだり。まるでゼネラルマネジャーのように。

08 ざっと20年、そんな世界から足を洗っていたわけだが、消極的ながらでも、相方との会話のなかに再登板したのだから、知らん顔はしにくい。いわゆる、血が騒ぐのだ。
いまのところ、まだ、ロッテの選手の名前は数人しかわからない。他チームに関しては、ほとんど白紙状態。なにしろ、巨人の選手なんぞ、まったく馴染みがなくなっている。監督の原くらいは知っているけれど。だから、まあ、感情移入は、なかなかに難しいのではあるが、それでも、今シーズン、すでに一回、マリンスタジアムに足を運んだ。
天気晴朗な昼下がりの試合観戦は、いい。ナイターも悪くないし、ドームはドームなりの良さがあるけれど、やはり、ベースボールには青い空が似合う。

Photo おもしろいもので、マリンの前に、仕事絡みで、旧・後楽園にも行く機会があった。3月下旬、プレシーズンの、レッドソックス・ジャイアンツ戦で、松坂は投げなかったが岡島が1イニングだけマウンドに立った。このときは相方が都合つかず、知り合いを誘った。その彼も熱狂的ファンではなかったのだが、なにせ、バックネット裏の席への招待なので、無駄にするのは辛い。
果たして、ほとんど知識のない二人だから、ゲームより雑談に花を咲かせてしまったけれど。それでも、生のスポーツ観戦は、エキサイティングである。

そうそう、現役選手については何の思い入れもないけれど、監督たちは、けっこうファミリアだ。でもって、ちょっと困っている。バレンタインよりも、野村や梨田、渡辺、または落合、岡田、高田、大矢、そして王、そういった名前には、いろいろな思い出がついてまわる。ソフトバンクや楽天に負けても、そんなに悔しくないのである。仕方ないやねぃ。そのへん、相方も大目に見てくれているようだし。
それにしても、V9巨人のキメ細かさを少しは学べよなぁ~。だいたい、ノーアウト1塁で、きっちり送りバントもできないなんて……。犠牲フライ1本打てず3塁走者をムダにするなんて……。いま現在、またもや勝率5割を下回っているわがロッテ。なんとも……。「借金生活」はリアルすぎて……。

|

« おもてなし | トップページ | スゴイ時代だ »

コメント

「球は転々生活空間」

このフレーズ、実は、知る人ぞ知る、直木賞作家の赤瀬川隼氏による、吉川英治文学新人賞受賞作『球は転々宇宙間』の、つたないシャレです。
四半世紀も前の作品で、「野球」と「地方の時代」という2つのテーマを融合させた佳作。なにしろ、Jリーグ出現のずっと前に、プロ野球を企業から市民に取り戻すために大改革を断行するというストーリーを紡ぎだしたのだから、スゴイ。
最近(とはいえ、ここ数年の話ですけれど)復刊したそうなので、書店で手に入るでしょう。ぜひ一読を。

投稿: 自己レス | 2008年5月 7日 (水) 03時28分

お久しぶりですcoldsweats01
このマリンスタジアムの写真は対ハム戦でしょうか?

最近は昔のロッテに戻ったようだと言う主人に
うなずく私ですdown

GWからの10戦中ルーキーの唐川くんでしか
勝ってない。。。

明日、登板予定、もちろん応援に行ってきますpaper

体重はリバウンドしていませんか?

そろそろメタボ検診の案内が届く頃ですねpig

投稿: みゆみゆ | 2008年5月10日 (土) 09時11分

はい、みゆゆみさん、日ハム戦です。幸いにも、サヨナラ勝ちでしたhappy01
「唐揚げ王子」唐川クン、相方がご執心のようで。
えっとぉ、きょう11日に観戦? だとしたら、投手は清水、完投勝ちで、めでたくもあり、残念でもあり、かな。

リバウンド、もちろんcoldsweats01でも、ま、1サイズ下のスラックスが穿けるようになってgood

投稿: hiperk | 2008年5月11日 (日) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おもてなし | トップページ | スゴイ時代だ »