« ドラマっ子 | トップページ | スーパーマンの日 »

2008年5月20日 (火)

2,3,5,7,11,13,17,19・・・

先日、とある酒宴で、数学の先生と与太話。知り合いの女性のダンナで、年に1~2回しか会わないし、トータル5~6回しか顔を合わせていないし、それほど親しいわけではないのだが、ま、酒の上のこと。って、先生はクルマだったので、4時間ほどずっとウーロン茶。それで盛り上がれるのだから、果たして、人はアルコールを必要とするのか。という命題はいずれまた。

数字について。というか、お笑い芸人の話。世界のナベアツという、オモロ~イ男がいて、ご存じの人も多いだろうけれど、そのギャグは、数字を読み上げていき、「3の倍数」または「3のつく数字」および「5の倍数」などで奇声を発したり犬の真似したり、というもの。単純な可笑しさ、ミョーにハマる。
ほんでもって、先生いわく「しかし、倍数とか公倍数を理解しない生徒には、笑えないよね」と。ふむふむ。そりゃそうだ。たとえば、15は、3と5の(最小)公倍数で、ゆえに、おかしな顔の犬になるわけだが、その理屈がわからなければ、このギャグは理解できないよね。
うんうん。まあ、実際には、小学校低学年でも見た目の面白さゆえに笑っているようだし、これくらいのレベルなら、とは思うものの、世の中の「学習能力」は低下の一途とか言われるし、油断は禁物かな。

で、先生と一致したのは、ナベアツ氏には、第2弾として、「素数」で、さらに「完全数」で、「友愛数」で、なにかギャグをやってもらいたいね、と。
素数は、今回のタイトルに示したが、まあ、100までなら大したことはないだろう。完全数は、6,28,496,8128,33550336・・・と、一気に大きくなっていくから、チト大変かな。友愛数は2つの数字の組み合わせだから、そのままでは適用しにくいか。「約数」という概念も入ってくるし。
いまどきの中高生レベルでは、とても笑えないかもね。大卒でも? まあ、そうかもね。クイズ番組などを観ていると、一流といわれる大学を出て高い倍率の狭き門を超えテレビ局に入ったはずのアナウンサーの知的レベルのヒドさからして……。

それにしても「最大公約数」は一般の言葉になって、普通の会話にも登場するが、「最小公倍数」やら「素数」は専門的すぎるのか、めったに使われない。完全数ほど特殊じゃないと思うのだが。逆に、「最大公約数」は、ホント、これらの数字の概念では、かなりの優遇だね。どうしてなんだろう……。

|

« ドラマっ子 | トップページ | スーパーマンの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラマっ子 | トップページ | スーパーマンの日 »