« ひとつの命、それぞれの。 | トップページ | 喉もと過ぎれば »

2008年3月20日 (木)

衣替え

プロ野球が始まった。パ・リーグだけだが。春だね。お彼岸でもあるし。きょうは冷えたけど、確実に暖かくなってきている。コートはもう要らない。ついに暖房をほとんど使わず冬を乗り切った。そして、あっという間に、相方が「冷房ぉ~」と叫ぶ季節がやってくる。

そんなわけで、夏向きに、6畳ほどの仕事部屋を模様替えした。てゆか、当初のレイアウトに厭きたので。
ぼくは、人間が好きなので、人づきあいの良さには自信があるけれど、モノとかに対しては、大切にする気持ちが低い。壊れたラジカセなどの家電、着なくなった洋服、それらを捨てられないのは、ただの罪悪感と怠惰な精神ゆえ。仕事の資料なんかは、その最たるものか、とにかく溜まる。たまには整理するけれど、効果なし。紙類は見事なバランスで積み上がっている状態。探し物はもちろんなかなか見つからない。かなり以前から、相方の警告が続いていて、さすがに自身、このままぢゃマズイ、と。
一年中で最も閑散期のいま、ついに決断。大掃除に乗り出したわけ。ついでに、机の配置なども変えようと。椅子に座ったとき目にする景色は、そもそも狭い部屋だから、そんなに変化するわけではないけれど、それにしても、厭きた。ささやかな違いでも、気分転換にはなる。窓を背にするよりは、外の光景を眺められたらいいなあ~とか。横目でテレビを見るよりは、真正面の位置なら首にやさしいかなあ~とか。

とはいえ、大仕事だった。ほんの少しデスクの向きを変えるだけでも、その周囲に密着している段ボールやら本棚やらを動かさなくてはならない。ぼくは、大別してマック用とウィンドウズ用と、2つの机を使っている。これらが(ネットワークの意味ではスタンドアローンだが作業的には)有機的に繋がっているから、マイナーチェンジでは済まない。いっそ、全面リニューアルのほうが、潔い。
だから、単独でレイアウト変更に着手するには勇気が要る。今回は、片づけがメインなので、結果、一石二鳥。2つの机を動かすために、当然、その上や周囲に山積みの資料たちに手をつける。そうせざるを得ない。
インターネット環境もポイントである。ウィン用デスクを窓際に配したのだが、電源はいくつかあっても、電話回線のアウトプットは1か所のみ。モデムの配置に選択肢がなくなる。プリンタの置き場所も変えたので、USBケーブルがギリギリに。ま、いろいろあって、必ずしも思惑通りにはいかなかったけれど、なんとか収めた。

相当の肉体労働量となった。ふだん、やりなれないことだからね。おかげで、体調を崩した、みたい。でも、机周りがすっきりしたので、気分はいい。けっこう気に入っている。だけど、2、3年したら、厭きちゃうんだよなあ~。

|

« ひとつの命、それぞれの。 | トップページ | 喉もと過ぎれば »

コメント

仕事部屋がすっきりしてお仕事がはかどっていることと思いますsmile
うちも今年はナント!エアコンを使わずに冬を乗り切ってしまいました。

話は変りますが行ってきましたよ!開幕戦baseball2勝1敗sign01で昨夜帰ってきました。

札幌ドームは広くてきれいでおしゃれでした。
マリンスタジアムのような『もつ煮』なんてありません。
ビックリしたのはbeerriceballnoodleの値段が安いことです。
beerはマリンと同じ600円
お弁当類はどこかの金満球場では2倍はするだろうと思うくらいの価格帯。

北海道も日ハムがきてくれてよかったですよね。
家族連れが多くてアットホーム的な感じでした。

我々ビジター側は黒のユニホーム・Tシャツで染まり声が嗄れるまで応援してきました。


投稿: みゆみゆ | 2008年3月24日 (月) 11時48分

みゆみゆさん、お帰りなさい。北海道遠征、おつかれさま。
とりあえず勝ち越しの結果に喜ぶ相方はネットで動画を見つつ、ぼくはスポーツニュースで、あの一群のどこかにいるんだろうなあ~と思ったのではありますが、そもそも顔を知らないから、どーしよーもないわけで。

ぼくは昨日、仕事がらみで、その金満球場coldsweats01に行き、レッドソックスvs巨人戦を見てきました。どちらのファンでもないけど、外国人の姿が目につく、やや3塁寄りのネット裏で、生の臨場感を楽しみました。岡島は1回だけ、松坂をチラッと。
本当のゲームはマリンで堪能しましょうね。baseball

投稿: hiperk | 2008年3月24日 (月) 19時38分

一週遅れのコメントとは。折りおりのぞいてはいるのですが。分かっているでしょうが。

年度替りでご多忙と推察。
「一日好日」で何かにつけ、ご努力を。清愚合掌

追伸 
ますもとさんのブログの精力的なことは驚異。

投稿: 清愚 | 2008年4月 2日 (水) 07時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとつの命、それぞれの。 | トップページ | 喉もと過ぎれば »