« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

閏日

やっとリアルタイムに追いついた。本日は閏年の2月29日、4年に一度しかない。こんな特別な日にブログを書かずして何とする。とはいえ、前回のことは覚えていない。どんなふうに過ごしたのだろうか。8年前は、かの2000年問題の特異日だったから、思ったほどではないけれど混乱が一部に生じたりして、少しは記憶にあるけれど。試しに調べたら、4年前の本日、関東地方は最高気温が20℃を超えたと。ふぅむ。そんなこともあったかなあ~。

ちょっと前のことでも、曖昧になる。そんなものだろう。だから、27年前なんて……。
でもね、ぼくにとっては強い印象を残している。その年、つまり1981年の、8月の時点では、かの地で現役の新聞記者だった。メディアが知ることはなかったので、ぼくが属していた新聞も報じていない。事件現場は、いまでは「日系のホテル」としか語られないが、日常的に出入りする場所だった。
11月に「本番」が発生。そのとき、ぼくは日本でテレビと新聞などを通じ、事の顛末を知る。9月に退職し、10月には帰国していた。不思議な感覚だった。こんどの現場もファミリアだ。ほんの少し前まで生活していた街が連日連夜、メディアに登場する。後に聞けば、かつての仲間は当然、この事件を追っていた。
まあ、しかし、ここまでは、よくある話である。不幸な日本人夫婦の悲劇。82年のいずれかの段階で、報道は沈静化していた。
事態は2年後に急展開する。周知のように『週刊文春』が84年1月、火をつけた。「疑惑」は日々膨れ上がり、ぼくも日本国民のひとりとして、その成り行きを熱く注視。ロサンゼルスの懐かしい街並みが、知り合いたちが、次々に画面に登場する。ついには、元の上司も。一時期は毎日のように「現地リポート」していたので、テレビ画面を通して「再会」の連チャン。ホント、おかしな感じだった。
余談だが、もうひとりの元上司も、ある時期、ワイドショーの司会なんぞしていた。オフィスで毎日会っていた人物を、しばらくののち、テレビモニターのなかに見る、というのは、なんとも、おもしろい。
さて、それから、逮捕までの1年半、この国も我が家も、この話で盛り上がった。この間、ぼくは一度、アメリカへ遊びに行っており、知り合いも何人か一時帰国していた。顔を合わせれば、この話題が出た。いろいろな裏話も聞いた。

「事件」そのものについては、再び「現在進行形」になってしまったこともあり、触れない。が、個人的には本当に、妙な感慨がある。もしもあのとき会社を辞めていなかったら、と考えてしまうのだ。間違いなく、現地で深く関わっただろう。おそらく、上司が書いた本への協力は、ぼくの後任ではなくぼく自身だっだろう。少なくとも、ぼくの帰国は1年延びただろう。日本に戻ってきてからの就職先も、微妙に違っていたかもしれない。
いまの自分の状況にどれほどの影響があったか、それはわからない。妄想はできても、推理は困難だ。でも、ささやかなズレは生じていたかも。

それにしても、げに、事実は小説より奇なり。ねっ、安っぽいドラマになんか、のめりこめないよね。

| | コメント (0)

2008年2月22日 (金)

猫の日

犬派なので、猫の話はしない。なら、なんで、こんなタイトル? って、まあ、ええやん。これから書くことは、この日の出来事なので。

3月1日から約1年間、高知県で「花・人・土佐であい博」というものが開催される。その記者会見に出席。生の間寛平氏を見た。ん? 猿の話か。いや、違うぞ。ま、まんざら無関係でもないけれど。
実は高知県の出身なんですね、知らなかった。あまりに「ヨシモト」のイメージが強くて、大阪人もしくは関西人だとばかり。高知とはいっても愛媛県境の小さな町の生まれらしいけれど。だから、人間は居ない、猿ばかり? かどうかは定かではないが、自然がある、とは力説していた。
そしたら、この会見には、織田哲郎、吉田類、岡本知高の各氏も出ていて、みなさん同郷。ほかにも、イベントに参加する、あの酒豪で誉れ高い島崎和歌子嬢も土佐っ子。で、間氏いわく、県民性について「男は働かない、女が強い」と。納得。

Photo そのせいか、なんて言ったら悪いけど、通年キャンペーンの発表の場なのに、そこに「花」の言葉があるのに、ハナがない。役所の男性陣が仕切っているからか、司会も含めて雛壇は男ばかりだし。フォトセッション(画像参考)も同様。こういう場では、色気が大切だと、ぼくは思う。ナントカ姉妹はもちろん不要だが、もう少し、お祭りっぽい雰囲気を演出できなかったかなあ。楽しさ、ワクワク感、そんなものが伝わってこない。

せっかく、かの龍馬を輩出した地であり、県知事は、昨年12月当選時点では全国最年少の40歳なのに、地味すぎる。まあ、その尾﨑知事、わずか1か月あまりで38歳の橋下大阪府知事に、その冠を奪われたというのも、なにか不運ではあるけれど。出身が財務省だしなあ~。

マジメにきちんと会見していたけれど、そんなわけで、いささか消化不良気味の小生、同席の知人3人と、居酒屋など4軒を、はしご。って、強引過ぎる? だね。あぁ、でも、みんな男ばかりだった。な~んだ、当方にもハナがないか。

| | コメント (5)

2008年2月14日 (木)

St. Valentine's Day

ことしも、相方からの1個のみだが、うれしく。heart01 縁起物程度のことだけど、とりあえず、気持ち付きだからね。ホワイトデーには、ウチらの場合、白いケーキを贈りかえすのだが。すでに「義理チョコ」の世界から足を洗ったので、気が楽である。
いまさら言うまでもなく、女性から男性へという習慣は日本独自のもので、米国では「男女平等」。チョコレート屋さんでは男性の姿も当たり前。
かつては、ぼくも。いまにして思えば、なにやらトレンディードラマの主人公のようなシーンか、面映い。でもさ、20代から30代、まちがいなく、おのれがメインキャストだったんだよね。

それから四半世紀。単にトシをとったというだけでなく、いろいろな経験をしてしまったせいか、恋愛系のドラマに心動かされることがほとんどなくなった。どんなに練られた展開でも、そこそこ先が読めてしまうし、キャリアの浅い俳優たちの「学芸会」にはウンザリ。せっかくの脇役たちの演技も光らず。やっつけ演出にも腹が立つ。pout
この時期でいえば「薔薇のない花屋」が、まあまあ観られる。野島伸司の脚本はあまり評価できないし、ちょっと設定がキツイとも思うが、香取慎吾の演技がなかなか。三浦友和も、いいね。「月9」というのは、制作側も力を入れるのかな。
あとは、「鹿男あをによし」が、ミョーな雰囲気で、いったん挫折しかかったのだけど、ついつい。恋愛モノではないと思うが、よくわからん。大河で評価の柴本幸はイマイチ。でも、多部未華子という若手が、うん、エキセントリックな感じでね、きっと化けるだろう、惹かれるなあ~。lovelyけっこう好きな綾瀬はるかも、悪くない。その大河、いまのところ、破綻は無いようだ。が、宮崎あおいの30代は、辛そうだなあ。

ちなみに、「相棒」は、文句なしの面白さ。語ると、極めてマニアックになるので、触れない。

そそ、再放送ドラマについて述べなければ。「星の金貨」だ。これほど悲しいストーリーは珍しい。細かい点では突っ込みたくなる箇所も少なくないが、泣いたなあ。weep あぁ、もちろん比喩ですけど。95年春の放送だから、まだ40代、いまほど涙もろくなかった。
実のところ、リアルタイムでは観ていない。平日夜10時。まず自宅に居ない。帰宅拒否症候群だったわけではなく、仕事に没頭していたのだ。たまさか帰宅していれば「ニュースステーション」にチャンネルを合わせていたはずである。
手話に関心を持っていた家人から評判を聞いたか。そして、再放送を観たのか。詳しくは覚えていない。放送中の休日に再放送(ダイジェト版)を流したことで、その先駆けとなった。
で、今回、なぜか、13年の時をまたいでの再登場。正直な話、ちゃんとは観ていない。何故って、まともに向かい合ったら、今度こそ泣くに違いない、と恐れたのである。
ラブストーリーには達観的でも、悲恋には弱くなった。

| | コメント (0)

2008年2月 3日 (日)

SNOW DAY

2月3日は節分。関東では、降雪としては3度目の、雪だった。首都圏都市部にしては、かなり積もったほうであろう。snow
この日、千葉の最高気温は4℃、最低は1℃しかなかった。テレビニュースは「寒い!!」と。たしかに、数字を見れば、そのとおりである。
しかし、我が家は、この日も暖房を必要としなかった。
ここまでくると、おのれの「耐寒」、いや「体感機能」を疑いたくなる。
が、現実には、仕事で外出するときは、きちんとコートを着て、真冬らしい格好をしている。それどころか、2、3年前からだが、男性用タイツを愛好してもいる。これは、実に暖かい。懐は温かくなくてもだ。
また、水仕事には、秋ごろから温水を利用している。つまり、決して、寒さを感じなくなったわけではない、と思う。
でも、部屋の中では、前述したように、それなりの防寒対策を採れば、暖房は、不要とまでは断じないけれど、無くてもOK。なんとかなるものだ。

Feb3snowday

ちなみに、今冬の関東は雪の当たり年のようで。このあとも2回、雪らしい雪があった。でも、もっと雪の多い年はあったよね。たとえば、24年前、1983年から84年にかけての冬。よく覚えてるって? まあね。その2月に生まれた娘の名前、「雪」に因んだものにしたから。でも「雪子」とか、そんな単純じゃないよ。おいら、そんな素直な性格してないから。wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

タイムトリップだよ

卑怯な手を使おうと思う。
少し、いや、かなり間があいたので、適度な間隔を演出したいと、ブログの機能を眺めていたら、なんと、「タイムスリップ」できるらしい。
つまり、これを書いているのは、正しくは2/22、猫の日、午前3時過ぎである。これを、2/1の「公開」に設定してみる。
3週間も前に飛べるのか。どうやら可能みたいなので、いざ……。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »